毎日「シャンプー」するのはまさかの、、、日本だけ!世界各国のシャワー事情を調べてみた・・・

1日もしくは1週間に何度シャワーを浴びるか。日本人は世界的に見ても、概してキレイ好きな方と言われるが、実際のところはどうなのか。

そんな疑問に答えるために、大手市場調査会社のEuromonitorが、世界16カ国のシャワー事情を調べてグラフにしたのが下図である。

縦軸は毎週のシャンプー回数、横軸は毎週のシャワー回数となっている。そして縦横のオレンジ線が、それぞれの世界平均値となる。

日本は世界標準から、
外れてる・・・?

Af2e6ee43f313b040f701f97d7feeb570899a519

グラフからまず読み取れるのは、大半の国が毎週シャンプー2~4回、シャワー5〜7回のエリアに固まっている。「シャワーをほぼ毎日浴びて、2日に1回ほど髪を洗う」ということになる。オレンジ線を見て分かるように、世界平均値もほぼそのあたりに落ち着いている。

平均エリアに混在する国の中で、日本は例外とも言えるようだ。グラフを見ると、日本人のシャンプーとシャワーの回数は毎週4〜5回でほぼ同じ。つまりシャワー(風呂)を浴びるたびに髪を洗っていることになる。たしかに日本人で風呂に入っても髪を洗わないという人はあまり聞かない。

一方でその対極と言えるのが、オーストラリア。シャワー回数は約8回と全体で3位に位置するにも関わらず、シャンプーの回数はわずか3回程度だ。

キレイ好き No.1 は、
なんと「ブラジル」!

ブラジル人とコロンビア人は週に10回~12回近くシャワーを浴びており、メキシコ人はシャンプーの比率を高い。

もちろん気候の原因もあるだろうが、南米地方にはシャワーをたくさん浴びることを良しとする(または浴びないことを悪しきする)文化的土壌があるのかもしれない。

世界のシャワー事情を
まとめると・・・

59b5917bc5b0b4363e6cef0750726ab45e176d9e

1. 世界の人々を平均すると、ほぼ毎日シャワー浴びて、2日に1度、シャンプーで髪を洗う。

2. 日本人はシャワー(風呂)に入るたびに髪の毛を洗うが、これは世界的トレンドではない。

3. 中南米の人々は、シャワー好きが多い。

なお、髪の毛やカラダの洗いすぎは、頭皮や皮膚を傷めることになるという研究も発表されている。

温泉につかりながら熱燗で一杯、こんなイメージを本当に実践しているのは、せいぜいシニア世代くらいなもの。どうせならば「泡(スパークリングワイン)」の方がオシ...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
日本人の心のふるさと、お風呂。銭湯や大きなバスタブ、露天風呂などは日本人にとっても馴染み深いものですが、水が貴重で水道代が高い国では、じつはあまりお目にか...
ひょっとしたらニーズがあるかもな、くらいなアイテムを紹介するときの方が、書き手としては案外気がラク。もともと見向きもしないような人たちに、仮に届いたとした...
「ノー・プー」という言葉、聞いたことはあるでしょうか?それは、シャンプーを使わないという意味で数年前から使用され始め、主にアメリカで流行している新しいキー...
食事の作法には育ちが表れる。とは、よく聞く話。ところが、「LittleThings.com」ライターPhil Mutz氏によれば、シャワーでの癖や仕草こそ...
海外のセレブや、環境に敏感な人たちがやっていること。それは、石鹸やシャンプーを使わずに、お湯だけでカラダを洗うやり方だ。ここ数年、「ノンシリコンシャンプー...
いっぱいかいた汗を流してサッパリ、体もポカポカと温まる。この時期のシャワーって気持ちがいいですよね。もちろん熱いシャワーもいいのですが、とくに冷水をオスス...
ハイトーンでカラーリングした髪の毛の色をキープするのは難しい。サロン帰りのあの色味は、もってせいぜい2週間程度という実感。そこからはもうシャンプーするたび...
贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものも...
いろんな人がモバイル(携帯)しているモノを紹介するプロジェクト『ビー』によるサンダル特集です。10日間連続で1足ずつサンダルを紹介していきます。5日目。シ...
数年前にスロベニアを訪れたときのこと。持参したガイドブックに「四国とほぼ同面積」という記載を見つけ、非常に驚いた記憶がある。要因は、私たちが見慣れた「世界...
旅行者が現地の人から使っていない部屋や空き家を借りることのできるサービス「Airbnb(エアビーアンドビー)」。知らない人を家にあげることに抵抗を示す人も...
去る2015年12月14日に浅草にオープンした「BUNKA HOSTEL TOKYO」は、築30年の商業ビルをリノベーションしたホステル。日本の暮らしの中...
男性も女性も、タイミングは違えど薄毛や髪質に悩む時期はあるもの。オーガニックなライフスタイル情報を扱うwebサイト「Simple Organic Life...
食べるときは「いただきます」。食べ終わったら「ごちそうさま」。食事は残さず食べること。使ったお皿は、自分で片付けよう。これらは、私たち日本人が食事をする時...
街の雰囲気やテレビのCMまで、一気にそのムードが広がる特別な日、クリスマス。もともとはキリスト教のお祭りですが、世界中に広がるにしたがって、国ごとのさまざ...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
マドリードにオープンしたこのお店は、働く人々のシエスタをサポートする場所なんだとか。実は、日本のある文化に影響を受けているそうです。
国が違えば文化も違う。世界を旅してみると、文化の違いで「なぜ?」と思うような不思議な出来事がたくさん起こる。そんな各国の「なぜ?」が集約された『僕が旅で見...