海外セレブに学ぶ夜遊びメイク。今、ファッション界では、「黒唇」ガールが急増中!?

「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンドだったことを知っていますか?

リアーナやアジーリア・バンクスはじめ、海外セレブの間でも徐々にダークリップに注目が集まり、昨年のレッドカーペットでは、最もクールに女性を演出するアイテムとして、しばしば黒唇を目にすることも。 

 

  @blacksoulfashionが投稿した写真 -

 

さらに、今年2月に開催されたロンドンのファッションウィークでは、「エマニュエル・ウンガロ」や「トラサルディ」などのラグジュアリーブランドが黒リップでメイクしたモデルをランウェイに起用したことで、注目度が急上昇。

モデルで女優のケンダル・ジェンナーやシンガーソングライターのロードも、黒リップを普段から愛用しており、週末の夜はエキゾチックな黒唇でお出かけしているそう。

さて、この黒リップの歴史は意外に古く、モノクロ映画全盛期、口紅の赤色を表現するために黒リップが用いられていたそう。

気になるコーディネートですが、ロックテイストに流れるよりも、チャーミングでシックなスタイルの方が日本の女の子には、向いていそう。好相性なのは白や淡色を選ぶこと。黒リップとのコントラストが活かせます。デニムとハイヒールは◎。都会的に演出してくれます。パステルカラーの小物づかいで、指し色をいれてもGOOD。


もし黒リップに抵抗があるなら、黒のリップペンシルで唇の輪郭を描いてから、ダークな口紅をやグロスをなじませるだけでも、いつもと違った大人の色気が楽しめるはず。

Reference : allure

 

近年、メイクアップ技術は著しく進化している。あまりにも素顔とかけ離れ過ぎて「化粧=詐欺」と形容されることもしばしば。更には、性別を越える事も可能になってき...
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
わたしの口紅、鏡を見ないで使ってたらこんな形になっちゃった。雪山みたいでしょう。 〈ADDICTION(アディクション)〉の002番。別にこのブランドにこ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
アン・ハサウェイ、リチャード・ギア、ユアン・マクレガーなど、名だたるセレブ達のポートレート。ただ普通と違うのは、1枚の写真のなかに、まったく違うしぐさの彼...
人気YouTuberのMs Yeahによるメイクアップ動画が波紋を呼んでいます。美容部員さんからは決して教えてもらえない、禁断のハウツーをどうぞ。
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
ギョッとするような女性の顔。怖いんだけど、あまりにも見事でずっと眺めてしまう。このメイクを手がけたのは、ロンドンを拠点に活動する美容師のVANESSA D...
本来の意味合いや目的なんかとは関係なしに、とにかくみんなで仮装して騒いでとことん楽しむ、みたいな風潮が定着した「ハロウィン」が今年もやってきます。定番メイ...
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...
化粧品のコマーシャルフォトを手がけるフランス人写真家が、こうつぶやく。「欲望の押し付けに、ちょっと疲れちゃった」名前は、Benjamin Henon。普段...
年齢を重ねるにつれて服装は変わります。20代の頃は似合っていたものが今じゃもう…、なんてのはよくある話。ここでは、「Amerikanki」が紹介した、30...
フォルクスワーゲンをベースにビーチで走らせるために改造したデューンバギーをはじめ、ビーチで遊ぶための車を作らせたら天下一品なのがカリフォルニアという街。そ...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
オーストラリアのSofiaは、幼い頃からお古の人形に囲まれて育ちました。壊れては直し、を繰り返し、そのたびに手入れをしながら、ひとつひとつを大切にしてきた...
月給の何倍ものお金をハイブランドファッションに賭し、エレガントに街を歩くーー。そうして精神的に豊かでいることや平和の大切さを謳う集団「サプール」。「服を汚...
バンクーバー在住のおしゃれなマルチーズ、トビーくん。なんと彼は8万5,000人のフォロワーを抱える超人気者。洋服を着た多くの“おめかし犬”の中で、彼をここ...
 "プロセスリッチ"過程を楽しむ、ひと手間かける、しあわせ。CANVAS(キャンバス)都会がすき。だけど自然もすき。体を動かすのがすき。だけど食べるのもす...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
ヒップホップやスケーターカルチャーとリンクした、少しルーズな服装を好む人々にとっては心外な法律である。いわゆる「腰パン」が、アメリカの一部地域で違法となっ...