【カウンセラーが実践】「5つの習慣」で、感情をコントロールしよう!

頭に血がのぼって不要なひと言を口にして、後になって後悔する…感情のコントロールって本当に難しいものです。

女性ライターAmelia Harveyは、ある意味“感情の達人”なのかも。文章だけでなく、カウンセラーを生業としており、さらにプライベートではヨギーでもある。そんな彼女は、5つの習慣で感情をコントロールしているそうです。 shutterstock_174531506

01.
やり取りの中で
「リアクション」を取らない

shutterstock_198653615

コミュニケーションの中で、自分の感情をコントロールできずに、溢れ出る思いをストレートに相手にぶつけてしまうのは、考え方が「リアクション」に向いているから。自分が冷静でない時ほどこの思考に陥りやすく、瞬間的に反応し直感で行動してしまうのがリアクションの弊害です。

もっと分かりやすく言えば、他人との会話のあとで、妙な後味の悪さを感じる時がありますよね。それは冷静に対処できずに、心の思うままにリアクションを取っていたのが原因かも。後になって腑に落ちない部分が残るものリアクションで対応しているから。
では、会話の中での「レスポンス」とは?
自分の感情を抑えてまずは、他人の意見を聞き、冷静に対処する方法。このレスポンスさえできれば、冷静さを保ちながら相手の言葉の真意を探ることができる。さらには気持ちの波を荒立てることもなく、コミュニケーションが成立するわけです。

02.
挫折を糧にする前に
気持ちに整理をつけること

shutterstock_243260014

挫折を経験したときほど、感情は大きく波打つもの。この波をどう乗りこなすか如何で、その後の対応が大きく異なってきます。

仮にあなたが就職の面接に落ちたとします。最初はきっと、ただただガッカリするだけ。でも、この落ち込んだ状態がいつまでも続くと、過去に経験した苦い思い出が、走馬灯のように頭をよぎってくることがあります。まるで負の連鎖が始まるように。
結果、自分の不甲斐なさに嫌気がさし、予定していた他の面接まで、受ける前から「どうせダメ」と諦めたくなる。

でも、気持ちに整理をつけて解決しておくことできれば、次に同じような状況に陥ったときでも「なにくそ!」と自信が持て、最後はどんな状況も見通せるようになっていくでしょう。

03.
落ち込んだときは
絶対に受け身にならない!

shutterstock_214023157

誰かが癒してくれるとか、状況が好転するのをただ待つばかりではいけません。落ち込んだ気分を回復するのに他人任せで逃げてもダメ。

正解は、あなたの気持ちを盛り上げてくれるモノに走る、です。映画でも音楽でもお菓子やデザートでも構いません。それさえあれば「幸せ!」を実感できるモノが身近にあるだけでいい。
幸せと感じることは自分へのいたわりに他なりません。ほんの小さな行ないでストレスを減らすことが出来るうえ、モチベーションの回復にもつながるから。

自分を慈しむ時間をしっかり確保することは、理想の感情をキープし続けるうえでも、価値あるひとときと思って間違いなし。

04.
運動は心にも◎
ただし「ゆるめ」なら

shutterstock_74647537

落ち込んだりストレスを感じているときには、カラダを動かすこと。

ただし、無理にプログラムを立てて初めてのことに挑戦するのも考えもの。チャレンジ精神が新たなストレスの種になることも考えられます。

普段のライフスタイルから半歩背伸びをするくらいがちょうどいいのは、多くのことに囚われず、自由に動き回れるから。

いつもより少し早くベッドを出て、好きな音楽を聞きながら外に出る、それだけでもよし。健康はカラダだけではありません。つい忘れがちだけど、精神の健康状態も良好に保っておくことが大切なのです。

05.
他人に感謝することは、
じつは、自分のため!?

shutterstock_167444873

感謝の気持ちを表わすことは、一見他人のモチベーションを上げる行動のように思うでしょうが、じつは自分の気持ちをも左右する重要な感情表現。

なぜなら、他者への敬いは巡り巡って、最後には自分の心までもを高揚することが出来るから。そして、どんな状況も前向きに捉えれるようになるはず。

感謝の気持ちを深めるため、パートナーや家族に対して、夕食時や寝る前にその日「ありがとう」と思えたことを、お互いに話してみてはいかがでしょう。もちろん、日記にしたためるだけでもOK。あなたなりの方法で感謝と向き合う時間を見つけてみては。

Reference:MindBodyGreen

嫌なことがあると、イライラして人に当たってしまう。情緒不安定になることは、誰にでもあります。でも工夫次第で、それは克服できると、ライフコーチのAmelia...
昨今よく取り上げられる「EQ」。これは、自分と周りの感情をうまく読み取ることができて、適切な行動をとれているかどうかを基準を表す「心の知能数」。この指数が...
知能指数を表す「IQ」とは、似ているようでちょっと違う「EQ(感情指数)」。EQは、自分の感情をうまくコントロールできるかどうかを示す、いわば「心の知能指...
イライラや怒り、緊張と言った感情は、人間なら誰もが持っているもの。その感情から逃れることはできませんが、うまく付き合っていくことは可能です。「Elite ...
イライラ、クヨクヨ、ムシャクシャ、メソメソーー。このような感情によって、日々、自分が乱されていると感じる人はとても多いと思います。けれど、これは非常に大き...
感情ってとてもやっかい。自由に操れたらきっと人生はうまくいくのに、こちらが感情に振り回されて後悔することの方が多かったり。こんな悪いサイクルから抜け出す方...
厳しい上司、考えの読めない後輩…。現代社会はストレスで溢れており、避けることはできません。とすれば、どのように付き合っていくのかが大事です。じつは、私がト...
つい、イライラして周りの人を巻き込んでしまったり、自分だけが嫌な目にあわされていると思い込んだり…。ダメだと思いながらも、自分の感情に振り回されてしまう人...
現代人は、ストレスのせいで、体が何を必要としているかを知る「食欲のセンサー」がくもってしまっているそうです。本当はビタミンが足りないのに、何を必要としてい...
ストレスを抱えることがあたり前のようになってしまった現代社会。仕事は毎日忙しく、自然とイライラは溜まり、気が付けばたくさん食べてしまう。そんな方も多いので...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
にわかに信じがたい話ですが、このアイマスクをかけて眠ると、夢を自在に操れるんだとか。そっちの方が「夢のような話」の気もしますが…。もはやSF映画のような現...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
最近、人間関係がうまくいっていない・・・。そんなあなたは、相手の感情を理解しようとしているだろうか?円満な人間関係を築くコツは、人の感情まで深く理解するこ...
「いつも気忙しくてイライラしている」「ビジネス書を読んでもしっくりこない」「効率化するほどストレスになる」そんな悩みを抱えた人も多いのでは。大切なのは、ワ...
生産的に仕事を進めていく上での大敵、それはストレス。どうにかしたいとは思いつつも、毎日同じオフィスに出勤する以上、できることは限られてしまいますよね。そん...
感情をコントロールでき、プレッシャーに負けず落ち着いていられる人は、常にいい結果を出せるもの。そんな彼らの習慣が「TalentSmart」で明らかになりま...
いつの時代も、自信にあふれた人は輝いて見えるもの。でも、そうした人も、決して雲の上の人ではありません。あなたもほんの小さなステップで、そこに辿りつけるので...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...