ハーバード大が謎に迫る。コーヒーの量が自殺のリスクに影響?

健康情報サイト「STETHNEWS」に「コーヒーがあなたを幸せにする」と取り上げられたのが今年4月。2013年の研究で、調査にあたったのは、あのハーバード大学。

自殺のリスクが半減する!?

Medium 9a4a14fa251e5f0d41bd219274b27167af24470e

ハーバード大学公衆衛生学部の研究チームが発表した、にわかに信じ難いこの調査結果。毎日2、3杯コーヒーを飲む習慣にある人は、自殺のリスクが約50%減少するというのだが、はたしてその真相は…。

コーヒーに含まれるカフェインは、中枢神経を刺激することで知られているが、脳の特定の伝達物質(たとえばドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンなど)の生産を増強することによって、軽度の抗鬱剤としての効果と同じ作用が得られるのだそう。これは、過去の免疫学研究で言われてきた、鬱病へのリスク軽減を実証するものと考えられている。

約20万人の被験者を対象に
20年間に渡って調査

Medium bed52d4312c7b6635a60dc6507c3e312267a6843

新しい研究では、男性43,599名と164,825名の女性の被験者に対してコーヒーとカフェイン飲料、そしてデカフェ(カフェイン抜きのコーヒー)の3種類の摂取量を4年間ごとに調査し統計を取り、膨大なデータを集めたそうだ。
ちなみにカフェインはコーヒー以外にもチョコレートやお茶、カフェイン入り飲料からも算出されるため、必ずしもコーヒー摂取だけではない。とは言え、そのメインはやはりコーヒーによるもの。

さて、およそ20年間に渡る調査の結果、約20万人の被験者のうち、自殺で死亡したのは277人(年間約13.8人)だった。この数字をどう見るか。
WHO発表の記録(2012年)を参考にしてみると、アメリカの人口10万人(実際には3億人超え)に対して自殺率は年間13.7人。この計算からいけば、確かにコーヒーを摂取した結果、自殺率が半減したことがざっくりとだが証明できる。

こうした情報を集計し研究者らは、一日に飲むべきコーヒーの量を2〜3杯、量にして400mlを目安にすることが理想と定義付けたそう。

コーヒーがもたらすポジティブな影響

なぜ、コーヒーが自殺率の減少をもたらすのかは、厳密には解明されていないものの、研究者はコーヒーが人間にもたらすポジティブな影響を確信しているようだ。
事実、カフェインはただ脳の働きを活発にさせるだけでなく、抗鬱剤のような役割も果たすことが分かってきた。また、大麻などと同様の作用をもたらし、中枢神経に働きかけて、幸福感を生み出す脳内物質の生成を促す効果もあるという。

飲み過ぎは逆効果!

Medium ab5003d1824c9b298c90f88fd26ffbe4dd75a258

この研究は、コーヒーによって鬱を治療することはできないものの、鬱病への対策として、コーヒーを飲むことが少なからず良い影響を与える可能性があると見ている。もしかしたら、近い将来、コーヒー療法が実際に行われる可能性がないわけではない。

しかしながら、カフェインの過剰摂取は睡眠時間を減少させたり、イライラをつのらせ情緒不安定にさせるというマイナス面もリスクとして考えなければならないようだ。
フィンランドの研究チームは1日に8〜9杯のコーヒーを飲んだ被験者に自殺願望に似た症状が見られた結果から、カフェインの摂り過ぎにも注意喚起をしている。

必ずしもガブ飲みしたからといって、幸せな気分で満たされるわけではなく、逆に飲み過ぎは危険をもたらすこともある、ということは憶えておく必要がありそう。

結局、コーヒーは嗜好品。アルコールやタバコのような中毒性は無いと言われてはいるが、何でもほどほどが良いのは間違いない。朝から晩までコーヒー尽くめの方は、頭の片隅にでも入れておいて損はない内容では。

飲み過ぎると胃に悪い・身体に悪いと言われることも少なくないコーヒーに皮膚ガンを予防できるかも知れない可能性があるという研究結果が明らかになった。アメリカで...
糖尿病になりやすいとよく言われる日本人には気になる話題!なんと、コーヒーを飲んでいる人の糖尿病発症率が50%以上も低かった、なんて調査結果が発表されました...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
あなたにとって「コーヒー」とは、どんな存在でしょうか。仕事の活力になる魔法の飲み物?それとも知らず知らずのうちにカフェイン中毒を引き起こす悪魔の飲み物?い...
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
1日の始まりにコーヒーが欠かせない人も、仕事のブレイクタイムにコーヒースタンドで淹れたての香りを楽しむ人も。その1杯をより味わい深いものにするヒントは、豆...
これは、豪・モナシュ大学が肝臓疾患のある1,100人の患者を対象に調査した結果だそう。オーストラリアのラジオ番組「3AW Breakfast」では、こんな...
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
コーヒー好きのみなさま。突然ですが、コーヒーの好きなとこってなんですか?私の場合は、そりゃもうたくさんあります。味はもちろんのことですが、知れば知るほど深...
エスプレッソをオーガニック トニック ウォーターで割り、レモンピールを加えた「炭酸コーヒー」がブームの予感。普通のコーヒーが完全に日常に溶け込んだ今だから...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
「Nitro Cold Brew」は、専用のサーバーで注がれる窒素ガス入り水出しアイスコーヒー。まるで黒ビールのようなその見た目が、昨年の夏頃に大きな話題...
これまでにも何度となく、コーヒーの隠れざる効能を紹介して来たTABI LABO。適度な摂取は健康に良いという事実が、次々と明らかになっている。そしてまた、...
いつものコーヒーにたった2つの材料をプラスするだけで、その味がティラミスに大変身してしまう。こんなことってある!?ウソだと思うなら、試しに練乳と卵を入れて...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...
公私問わず、リスクを負っていかにスピードを重視した判断ができるかは、成功するかどうかの重要なポイントです。そもそも意思決定において考えるべき基準は、「得ら...
7月2日、3日。今週末の土日は、このお店に注目。01.COBI COFFEE AOYAMA02.Little Pool Coffee03.The AIRS...
まさか、コーヒーが蚊取り線香の代わりをするなんて!健康的でシンプルなライフスタイルを提案する「Simple Organic Life」で紹介されたとっても...
この夏、まことしやかに囁かれている新たなコーヒーブームがあるそうな。なんでも、ブルックリンにある幾つかのコーヒーショップで、コーヒーとレモネードをカップリ...