「登山男子」はモテる!その4つの理由とは?

「登山をライフワークにしている人には4つの共通点があり、彼らとの付き合いは私たちに好影響を与えてくれる」。ライターVica Bugrimenko氏は、「Elite Daily」のこの記事でそう述べています。
一体、彼らにはどんな特徴があるのでしょうか?逆にいうと、これから紹介する4つの能力を身につけたい人は、登山を趣味にするのもいいかもしれません。

01.
一緒にいると、どんな出来事も
冒険に変わるから!

hiking-lifework150830-02

彼らは山登りに出かける前に、どこに泊まるか、食料はどれくらい必要かといった準備をします。どんなに暖かくても、突然の気候の変化に備えて、雨具や防寒着の準備も怠りません。
その一方で、計画してもその通りにいかないことをよく知っています。だから、どんなに回り道をしても気にしません。それどころか、それを冒険のようにとらえて楽しむことができます。

02.
精神的なゆとりができ、
新しい景色を見れるから

Taking it all in

山の環境はとても過酷。何日もお風呂に入れず、歯を磨けず、トイレットペーパーもない。でも、そんな状況に対して文句の一つも言いません。夕食は温かければそれでOK。充分リッチです。
彼らは必要最低限のものをバックパックに詰め込んだミニマリストで、決してモノに振り回されません。必要なものはたったひとつ。山の頂上から見る素晴らしい景色だけです。それさえあれば、もう大満足。
必要のないものを捨て心の余裕を大切にする生き方に触れると、忙しい都会の人が見落としてしまうような「道端の花の美しさ」にも気づくことができるのです。

03.
“助け合いの精神”を学べるから

hiking-lifework150830-03

キャンプ場に宿泊している他のグループの人と触れ合う経験を、誰しも一度は経験してみてほしいです。
もちろん登山の疲れはありますが、どのキャンプ場でも、そんな疲れよりも大きな達成感に包まれているはず。訪れれば、きっと誰かがあなたに素晴らしい旅の話を聞かせてくれることでしょう。
彼らは仲間と励まし合うことの大切さを知っています。旅の話しを聞けば、きっとあなたも励まされるはず。素晴らしい景色を見るための旅に出るモチベーションだって、自然と高まることでしょう。

04.
自分の心を満たす術を
教えてくれるから

Admiring the beauty of the landscape of the city

一日中座って携帯電話をいじり、話すのは他人の噂や昨日観たドラマのことだけ。彼らは決してそんな生活を送りません。
彼らの目的はとてもシンプル。山の頂上を目指すことだけです。だから、精神的にも肉体的にもとても軽やかに生きています。
山登りが終われば、達成感や高揚感はいずれ消えてしまいます。でも、その経験が確実に彼らを次の冒険へと駆り立てます。
未知を恐れず、自分の心を満たすことを大切にする彼らと付き合うこと。それは、あなたにとってもプラスになるはずです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

登山家・栗城史多さんは、自身の登山を生中継することで知られている。その根底にあるのは「冒険の共有」。栗城さんは自分がチャレンジするだけでなく、その姿を見た...
「私は可愛くないからモテない」などと全てを容姿のせいにしていませんか?男子が惹かれるのは表面的な見た目だけではなく、表情や雰囲気が大きく影響してきます。あ...
読書男子がモテる?知的でかっこいいと言われる、読書好きの男子。海外メディアでも、その存在を魅力的に伝えているコトが多い。ここでは、ただ知的で賢いというだけ...
2015年8月23日、ネパール政府は日本人登山家「栗城史多」氏にエベレストへの登山許可証を発行した。同年4月に発生しおよそ9,000人の死者を出したネパー...
一生忘れない旅を君はしたことはあるだろうか?「ある」と答えた人はきっと、この先の人生は大丈夫なはず。「ない」と答えた人には、「絶対にそんなことはないはずだ...
フツメンなのになぜか女性にモテない。これまで恋人がいた経験がないのには何かしら理由があるはず。中には顔で判断する人もいますが、世の中の女性の全てが顔だけで...
2016年から8月11日が祝日になりました。何の日?山の日!「内閣府ホームページ」には、その趣旨として、こんな文言が掲載されています。「山に親しむ機会を得...
「旅立とう!場所はどこでもいいから、部屋を飛び出そう。幸福と自由の感覚を研ぎ澄ませ、手足を広げよう。目の前に広がる景色を感じ、広く生き生きとした視野を持ち...
ここ最近、けだるそうで死んだ目をもつ「死んだ目」をした男子が人気です。次から次に新しい「○○系男子」が出現しますが、「死んだ目男子」とは、とても褒め言葉と...
自分の道を極める2人の探求者が、自由な発想で語り合うスペシャル対談。登場するのは、世界の山々の登頂に、果敢に挑戦しつづける登山家栗城史多氏と世界の最高峰に...
栗城 史多/Nobukazu Kuriki1982年6月9日、北海道生まれ。大学3年生の時に単独で北米最高峰マッキンリー6,194mを登る。その後、6大陸...
あなたが今すぐにでも旅に出た方が良い理由を、Elite Dailyのライターが自身の経験から綴っている。今回は彼の経験談から、その理由を紹介する。「1年間...
佐々木俊尚さんのインタビューは、前編・後編の2部構成です。前編の本記事では、佐々木俊尚さんの旅の経験や今の日本のマインドについてのお話を掲載します。 いま...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア1年の6ヶ月をハワイ、3ヶ月を東京、2ヶ月をヨーロッパ、残りをアジアなどへ...
暮れ行く冬の空を眺めながら、テントでしっぽり。これまでの山登りでAkimamaスタッフがちまちま作った、ジャンクな山おつまみをコッソリお伝えします。おいし...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
今、女性から人気とされる「クリーミー系男子」。外見だけでなく、内面も充実しているというのが、おおまかな特徴のようですが、ここではもっと細かく、彼らの特徴を...
これまで50作にも及ぶ著書を記してきた本田直之氏。そのなかの22作をピックアップして、これまでに彼が綴ってきた言葉をまとめたのが『LIVE SIMPLY ...
世界7大陸の最高峰を登る、通称「セブンサミッツ」を若干19歳の若さで見事達成した女性がいます。冒険家で大学生(早稲田大学)の南谷 真鈴さんがその人。201...
ご存知の通り、大自然のなか、とくに山のなかで過ごすことには、たくさんのメリットがあると言われています。寛容さが増し、とても穏やかな気持ちになれるそうです。...