男は「カラダの相性」で選ぶべき!女性ライターが告白した本音

「カラダの相性」は恋愛関係を左右する要素。何をいまさらと思ってはいても、それをしっかりと公言できるかといえば、まだまだ日本は“性”の後進国。

自分の性に何を躊躇う必要がある!とばかりに「Elite Daily」で主張するのは、Caitlin Jill Anders氏。さすがアメリカ。潔くも剛胆に「SEXの相性こそすべて」だと言い切る彼女のメッセージ、一読の価値アリです!

shutterstock_171223130 (1)


「とにかく気が合うこと」「同じ価値観を持っていること」「未来を予感できること」などなど。恋愛に必要な要素はたくさんあります。でも、何が大切かなんて、それぞれカップル次第。実際には「必要ない」と思われていることの中にだって、いくつも本質はあるわけで。もちろん、一応の理屈はあります。誰かを愛していると見落としてしまいがちな大切な要素だってあるはずで、SEXをそのひとつに挙げる人は多いもの。

べつにSEXなんて「重要じゃない」って言う人もたくさんいます。誰もが肉体的な親密さを求めているワケはないから、それはそれでOK。
オンライン上でしか会ったこともないのに、全然問題ないカップルもいれば、「結婚するまでは一線を越えない」なんて殊勝な女性もいることが、この世界のおもしろいところ。もちろん、本人がそれで良ければ問題ありません。誰もとやかく言う筋合いはないのだから。
でも、性に前向きでSEXを必要に感じている女性だって少なからずいるはずです。ちっとも悪いことじゃないのに、なかなか自分からは言いにくいものですが…。

shutterstock_238401610

私は友達とダメだったSEX、良くなかったSEXについて、何が原因だったのかをよく考えます。いくつかある解答のなかで、「相手のスキルが未熟だったから」という意見だけには反対です。
カラダの相性が良くないのに、それで本当に「彼とは気が合う」って言えるのでしょうか?上手くいかないのは個々人の問題ではなく、相性の問題だと思うんです。

恋人のことを深く知っていくためには、じっくり時間が必要ですよね、それってそのままSEXにも言えることでしょ。では、時間が解決してくれないことにはどう対応すればいい?一般的に言えばタブーなのかもしれません。でも、あえて言います。「カラダの相性だって、十分別れる理由になる!」。

カラダの相性を求めて恋人を選んで悪いことなんて、ひとつもないんです。一緒にいるのは楽しいのに、どうしてもカラダの相性が合わないなら…、それはただの素晴らしい友達かも。バカらしいと思うかもしれないけど、自分自身に正直になる必要があると思うんです。

shutterstock_247084747

愛する人のためなら何かを犠牲にすることはあれば、妥協も必要。でも、SEXは恋愛関係をより強固なものにしてくれる。そのことについて、自分に嘘をつく必要なんてどこにもないはず。
もちろん、ちょっとくらいの不満なら二人で解決できるけど、昔の彼を何度も思い返してしまうようなら、やっぱり考え直した方がいいはずなんです。だって、相性が合わないのをムリしてずっと一緒にれば、いつか満たされない気持ちで自分自身にもムリが生じるはずだから。

満たされない心の隙間を抱えて生きるよりも、心が虜になるような最高のSEXだけを受け入れてみては。カラダの相性がいいってことを証明できる相手を見つけにいかなきゃ。それにあなたが「相性がいい」と感じるのは、相手もその良さを同じだけ感じるかに他なりません。お互いが最高の経験をするために、協力し合えるという証でもあるんです。

shutterstock_151043030

最後に、カラダの相性はいいけどそれ以外は不合格。という人も当然、中にはいるはずです。その時はどうするか…?それ以外の部分でも、幸せな関係を築けるようになるまで待つのみ。でも、大丈夫。結局カラダの相性が良ければ、相手のことをもっともっと「深く知りたい」「深く愛したい」と思うようになるでしょ。その人こそが、あなたがこれから長い時間を共有していく人生のパートナーなんですから。


この記事に対するコメント欄を見てみると、「SEXがすべてじゃない!」「こんなの彼女だけのイデオロギーだ」と、Anders氏の赤裸々な告白に否定的な意見が並びます。それでも、「100%同意!だって友情と恋愛を隔てる唯一のものってSEXだけでしょ」など、少数ではありますが、女性の中には彼女を支持するコメントも。
生涯のパートナーをカラダの相性だけで選ぶ――あなたはどう考えますか?

Licensed material used with permission by Elite Daily

いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
精神的にも若かった10代を経て、20代は大人へと成長していくもの。環境が大きく変わるこの時期は、誰にとっても刺激的でかけがえのない10年間でしょう。そして...
血液型での恋人との相性診断はよく話題になりますが、「血液型」だけでなく「兄弟構成」も踏まえた場合はどうでしょう?300万人のカップルたちが使用するスマート...
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
恋愛をスムーズにさせる秘訣って色々ありますが、そのひとつに、お互いの「相性」があります。関係がなかなか上手くいっていない…というカップルは要注意!もしかし...
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
結婚願望があまり強くない男性が増えてきている昨今。10歳以上も年下の彼氏と付き合っているならなおさらですよね。とはいえ、いつまでも年下の彼氏に結婚を先延ば...
オトコ目線で恋愛を分析し、多くの女性にヒントを与えている「Elite Daily」のライターDan Scottiさん。この記事でも、男性が結婚したいのは「...
何も言わなくてもわかってくれるとか、今夜食べたいものが同じだったとか、ハッキリとは言えないんだけど何か「私たち良いよね!」って思えるような恋人とのサインが...
セックスの楽しみ方は人それぞれ。数え切れないほどのパターンがあります。でも、「Elite Daily」ライターのCaitlin Jill Anders氏に...
大人の男を代表して、男性が心の底から求める女性の特性をまとめ上げたのは、ライターAnthony D'Ambrosio氏。30歳独身。日本でも、そろそろ本気...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
結婚を決意するのってどんな時?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。映画のストーリーや両親の経験談だろうか。たとえば、こんな話を聞いたことがある...
どういうわけか、彼氏とセックスしたくない―。たまに、そう感じてしまうことはありませんか?きっとこの心境の背景には、これから説明する7つのことが関係している...
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
彼氏とのセックスレスに悩む女性はたくさんいます。きっかけは人それぞれですが、置かれた状況は同じと言えるでしょう。セックスの回数が多いのも悩みのタネになりま...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...