なぜ「運命の人」は思い通りのタイミングに現れないのか?

人は一生のうちにどれだけ「運命の人」との出会いがあるのでしょうか。「毎回そう思う!」なんていう人もいるかもしれませんが、本当のところ、寝ても覚めても確かな愛を感じる人なんて、そうそういません。

この運命的な出会いが、望んでいないタイミングでやって来てしまったときの切なさを、男性目線でPaul Hudson氏がコラムにまとめました。「Elite Daily」人気ライターが実体験を元にして、恋愛の妙味を説いていますよ。

Medium 8b587e6511e124f6cf6f9e62860ff8f99683e18d

18歳のとき、ひとりの女性と出会ったんだ。それはまるで、これまでの人生を根底から覆すような衝撃だった。彼女は僕にまったく新しい世界が存在することを教えてくれたんだ。

それは僕の初恋でもあり純愛、まさに「運命の人」とはこういう人のことを言うんだろう。一日のうちに何度も激しく押し寄せるあらゆる感情。人を愛することがこんなにも幸せや惨めさを感じさせるものだなんて、僕は知る由もなかった…。

「運命」はこちらの
都合なんて関係なし

Medium af376b50a43d4ecaaea94c7a52afe3e520b16253

「人生を共に歩んでいきたい!」と思えるような人に出会える幸運はきっと、人生で一番の成功ではないだろうか。ただ悲しいことに、運命の人は必ずしも“最高のタイミング”で現れてくれるとは限らない。

たとえば恋愛映画に登場するようなロマンチックなエンディング。世の中そんなことばかりなら、どんなに明るいだろう。でも、僕らが生きているのは「現実」だ。

恋愛が終わるのは、果たして「選んだ相手が悪かった」という理由だけだろうか。僕は、自分自身が「理想の自分になりきれなかった」ことにも原因はあると思うんだ。

もしも自分に、ちゃんとした愛情関係を築く準備ができていなければ、いつか2人の関係は絶望的なものになる。これはあなただけが努力すればいいというものでもない。お互いが献身的にならなければ、関係は続かないものなんだ。

Medium 38618abf0a717f890dffce5f0423f68ddb6fc215

だけど、多くの人がパートナーと良好な関係を築けていないことに、言い訳をしているように思える。「キャリアを優先しなきゃ」とか「まだ自分探しの途中で、ひとりになる時間も大切だ」とか。さらには「ずっと信じていたはずの愛が、じつは本物じゃなかったんだ」なんていう言い訳も…。これは、それまでの感情や時間さえも帳消しにするような言葉だ。

こういった言い訳を口にする人たちは、本当に誰かを愛することなんてできやしない。事実を認められるかどうか以前に、どれだけ全力で愛に向き合い、相手に思いやりをもって接することができたかを問うべきなんだ。

運命を受け入れるには
「私欲」を捨てる

運命の人を逃してしまう原因は、私欲を完全に捨てきることができないことにあるんじゃないかな。恋に落ちたとき、自分の時間を割いてでも相手に尽くそうとしただろうか。何かをあきらめ、譲歩し、妥協できただろうか。人生や考え方、そして夢をもパートナーに捧げる覚悟があっただろうか。

でも、実際にはこれらすべてをかけて運命に飛び込んでいくことは難しい。なぜって、あなたの夢や希望を叶え、人生をより素晴らしい方向へと導くために、誰かからの一心の愛を望むのが人間だから。つまり、恋愛だって人生の一部にすぎないんだ。

Medium eaa0b7a66ecfaee1102e7309016b62fdd67c3572

愛に見返りを求めてはいけない。最も深くて純粋な愛とは、何も期待することなく、お互いを共有できる愛のことだ。愛するからこそ、それにふさわしい愛情をパートナーにも与えたい。でも、そのパートナーが必要としている人間に自分がなることができないのなら、たとえ一緒になったとしても、別れ道しかない。

誰だって愛を手放すことはつらい。愛が残酷なのは、離れれば離れるほどに、どれだけ愛が深かったかを実感させられることにある。

運命の人は
自分から引き寄せる

Medium f6b4d715d569f154890ef6ae1ffda9a7c88eebb1

今の僕を形成するきっかけになった彼女との出会い、あれから10年。じつは、その後会ってもいなければ話をしてもいないんだ。今でもどこかで僕は彼女を愛しているし、これからもその思いを抱いていくだろう。一緒になる可能性のない人のことを日々考えるのは苦しい。でも、僕はそれも人生の一部だと思うようにしている。どんなに机に向かおうが本を読もうが、これだけは体験できない。

最高のタイミングを信じて、運命の相手と恋に落ちる人もいる。しかし、多くの人は僕と同じような苦い経験をすることになるはずなんだ。それを回避する方法はひとつだけ、自分自身をあきらめず、関係を続けていくための芯の強さを持つこと。

Medium d00b0f6e5e1626f6ef24fd5d1bfc6d324e3dcd98

きっと、タイミングをのがしてしまった人もいるだろう。でも、いつか必ずまた運命の人に出会えるチャンスがあるはず。そのときが最良のタイミングになるかもしれない。僕にだって起こることだし、みんなにだって必ずやってくる。

愛への希望を捨てて生きることほど、悲しいことはない。愛こそが、人が生きていく唯一の目的なのだから。大丈夫、あなたにならできる。

Licensed material used with permission by Elite Daily
運命の人との出会いは、美しくとても神秘的なものです。その人のすべてがあなたを夢中にさせ、「今までの恋愛は間違いだったかも!」と気付かせてくれるでしょう。で...
あなたは、運命の相手を信じますか?「Elite Daily」の男性ライター、Anthony Petronzioさんの恋愛観がなかなか面白かったので紹介した...
素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運...
素敵な誰かに出会い、些細なことでフィーリングが合う。そんな時、相手を「運命の人だ!」と考えたことはありませんか?でも、「Elite Daily」の人気ライ...
近頃、「運命の人」について友人と話す機会が増えたという、女性ライターMia Nicholson氏。独身同士でたくさんの議論を重ねたのち、とあるルールを設け...
理想のタイプは、得てして外見や年収、性格などで語られることが多いようです。しかし、「Elite Daily」の恋愛コラムニストであるPaul Hudson...
どんな女性と結婚すればいいのだろう?と悩んでいる男性に朗報。運命の女性に共通する8つの特徴が「Elite Daily」に掲載され大きな話題になりました。こ...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
いま、あなたは彼に夢中。それでも、「本当に運命の人なのかな?」と少しだけ疑問に思ったりはしませんか?5年後、10年後、さらには生涯を通して付き合える──。...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
「県外で行われた友達の結婚式で意気投合」「SNSで知り合って」など、出会いかたもいろいろあるもの。なかには最初の恋愛が遠距離だったという人もいるでしょう。...
中距離恋愛では、なんとか日帰りで会える距離にお互いがいるけれど、移動に数時間かかるため頻繁に会うことができず、様々な悩みはつきものです。遠距離恋愛ほどのド...
運命の相手って本当にいるのでしょうか?どういう時に、運命を感じるのでしょうか?「Elite Daily」で男性ライターが「今の相手が運命の相手か見極めるチ...
ここで紹介するのは、「Elite Daily」で起業家兼ライターのPaul Hudson氏が書いた男性が絶対手放してはいけない女性、12の特徴。Faceb...
「結婚観」、それはお国柄が色濃く出る価値観の一つ。時代が変わり、結婚に対する自由な考え方が世界に広がりつつある今もなお、古くから残る結婚観が女性たちを苦し...
意中の人がいても、いつ告白していいか、そしてどんな告白の仕方をすれば良いか、悩んでいる方も多いでしょう。今回はそんな方たちに向けて、どのタイミングで、どん...
運命の恋なんて存在しない。愛はコントロールすることができる!そう提言するのは、John Alex Clark氏。恋愛心理学の分野で有名な彼が、「Thoug...
なかなか恋愛がうまくいかない…。そんなあなたに知っておいてほしい「7のコト」があります。構えないで気楽にしている方が、いい運って巡ってくるのかも。01.相...
人生どんな場面でも、結局最後は自分が可愛い。それが傷つかなくて済む理由だし、そのためなら保身だって。Paul Hudson氏に言わせれば、こうしたタイプの...
いまの恋人に初めて口にした「I LOVE YOU」を憶えていますか?恋人とともに成長し、愛と絆を深めていく中で、ELITE DAILYの女性ブロガーが感じ...