りんご風味のバナナって!?この夏食べたい「珍しいフルーツ3選」

フルーツ専門店や輸入食材を多く扱うスーパーに行ってみると、果物売り場に初めて目にする、エキゾチックなフルーツに出くわすことがありますよね。

品種改良によって誕生した新しいフルーツや、続々と日本に進出する世界の珍フルーツ。たとえば、ここに紹介する3種にしても、まだまだ知らない人もたくさんいるはず。


 

りんご風味のバナナ
「バナップル」

banappleReference: 株式会社スミフル

100人中100人に尋ねても「バナナ」と回答がかえってきても、なんら不思議のないこのビジュアル。いわゆる王道のバナナの半分ほどの長さで小ぶりな形状ですが、食べればなんと、りんごのようなさらりとした風味!“まさにリンゴみたいなバナナ”、というイメージから「Banapple(バナップル)」と命名されたんだとか。

バナップルは、以前から話題になっていたものの、生産量が少なく売り切れが続出したため、実際に口にできた方は少ないはず。 他のバナナに比べ皮が薄く、食べごろを示す「シュガースポット」が出ないまま、皮全体が徐々に黒ずんでくるのが特徴。熟すにつれて酸味と甘みのバランスや食感が変化していくそうですが、黒くなる前が最もリンゴに近い風味が楽しめる食べごろ。こちらは冷蔵庫保存が可能という点も、よく知るバナナとは異なるところ。価格は、1房300円〜400円程度。

酸っぱ…くない!
「ミラクルフルーツ」

shutterstock_249486643 (1)

果物売り場でひと際目を引く赤い粒。一見、木の実のような果実が「ミラクルフルーツ」です。これを舐めた後に、レモンを食べると、なぜだかハチミツのような甘さを感じます。本来、酸っぱいと感じるはずのレモンが、このフルーツに含まれる成分によって、感覚的にマヒして脳に「甘い」と伝達されてしまう、まさにミラクルな果実。

これはミラクルフルーツに含まれている「ミラクリン」と呼ばれる成分が酸味と合わさることによる、いわば化学反応。舌の上で味覚を感じ取る部分「味蕾(みらい)」が甘さとして感じされるためなんです。
砂糖を使わずに「甘み」を感じる事ができるので、現在ではダイエットのお供や、糖分を殆ど摂る事ができない糖尿病の方等に利用され、どんどん注目を集めています。

1粒で200円〜300円が相場ですが、レモンやすだちを丸かじりしようが、梅干しを頬張ろうが、「酸っぱ…くない! 甘い」と、友達や家族とミラクルフルーツで食べ遊べるコミュニケーションツールにもなりますよ。

森のアイスクリーム
「チェリモヤ」

shutterstock_272413832

白い果肉は、まるでアイスクリームのような舌触り。柔らかい甘味と、ほんのりヨーグルトのような酸味が特徴的な南米原産のフルーツ「チェリモヤ」。皮が緑のままのものは苦みや酸味が勝るので、黒みがかって熟すのを待ってからが食べごろ。タイミングは、耳たぶより少し固いくらいの柔らかさです。食べる直前に冷蔵庫で冷やしてデザート感覚で召し上がれ。ただし、温度が8度以下の場所や、30度以上の場所で保存した場合は、冷温や過追熟で傷むので気をつけて!

1個1,500円〜2,500円と、なかなかのお値段はしますが、風邪予防や美肌効果にも期待できるビタミンCが豊富。さらに妊婦さんには欠かせない葉酸、高血圧やむくみの予防に効果的なカリウム、新陳代謝に必要なビタミン6も含まれています。

どれも日本人には知名度の低い果物ですが、「人生で1回くらいは食べてみたい」って思えませんか。見つけたら、思い切って即買いあるのみです!

Reference: 株式会社スミフル

和食を作るうえで欠かせない調味料のひとつ「みりん」。じつは、意外と知られていない使い方があります。それは「フルーツをみりんで煮込む」というもの。なんとこれ...
栄養カウンセラーでローフーディストのYulia Tarbath氏が、“バナナ島”から12日ぶりに生還し、その体験を語った動画が注目を集めています。12日間...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
 「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを...
まるでおとぎ話のようだが、確かに実在している木だ。開発したのは米・シラキュース大学の美術教員であるVan Aken氏。そのきっかけとなったのは、2008年...
日本では、甘いフルーツという認識のバナナ。ケーキやお菓子に使われることはあっても、おかずとして料理に使われることはほとんどなし。でも、南米やアフリカでは主...
「バナナアートに専念するため、今月初めに仕事を辞めたんだ」と教えてくれたのは、バナナを見たことがないアート作品に変えてしまう、デザイナーStephan B...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
直火で豪快に焼くのが楽しいBBQ。せっかくだからお酒もひとひねりして、直火を使うっていうのはいかがでしょう?BBQにぴったりの、自家製カクテルをご紹介。お...
ムクロジという木の実の外皮(殻)を乾かし水につけると、プクプク石鹸のように泡が立つ。この特性を利用した天然の洗濯用洗剤が、オランダやベルギーを中心にエシカ...
コスメはもちろん、あかすりやハンジュンマクなど独自の美容文化が発達している国、韓国。多くの女性が食事にも気を使って、健康的な美を目指しているイメージがあり...
カラフルな食材の色彩を応用しない手はない!と、Erin McDowellさんが紹介したレシピは、ありもので十分賄えそうなフードカラーリングソースの作りかた...
「スムージは朝飲むもの」そんな前提が、どこかにあるかもしれません。美容、健康、ダイエット、スムージーを選ぶ目的は数あれど、自分のためだけでなく「みんなを幸...
ドライフルーツやグラノーラなどトッピングは充実しているものの、ヨーグルトにかけるものといえば、せいぜいフルーツソースかはちみつくらい。よもや、「醤油」とい...
歯医者に行かなくても歯を白くできる。そんな裏ワザが「PureWow」に掲載されて話題です。しかも、使うのはバナナだけ。おやつに食べるついでと言ってはなんで...
子どものころ、バナナを耳にあてて「もしもし?」と遊んだことはありませんか?その遊び心を、もう一度味わえるバナナフォンが実現しました。もちろん、ちゃんと“使...
2016年夏、NYの港に登場する予定のこちらの船は、「Swale」と呼ばれるプロジェクトの一環。船上に設置されるのは小さな森のような施設で、新鮮な野菜やフ...
「Go Local(地産でいこう!)」が早くから生活の中に浸透しているハワイで、2014年のオープン以来、大注目を集めている新感覚デザートがあります。メイ...
ニューオリンズの老舗レストラン「Brenann's」が発祥とされる、全米で永きにわたって愛されているスイーツがあります。それが「バナナ・フォスター」、今じ...