【正しい恋愛の終わり方】辛い別れにも「サヨナラ」を言わない方がいい理由

Elite Daily」でも屈指の人気ライターPaul Hudson氏、自身のFacebookの冒頭にこんな一文を寄せています。「僕は記事を書くことで、誰よりも自分自身をより深く知りたいんだ」。

彼の恋愛理論に刺激を受けて、自分の恋愛と向き合う読者の数は、圧倒的なシェア数が物語っています。はたして、この記事はあなたにどんな作用をもたらしてくれるでしょう。もしもの時のために、知っておきたい「別れ」の話。

shutterstock_92779615


恋愛の難しさは始まりよりも、終わりにこそあります。「別れ」の本当の意味が、僕には最近まで分かりませんでした。人は、なぜ理解できないことを追いかけるのでしょう? 自分が探しているものが何かもわからないのに、どうやって「別れ」を探すのか。

さんざん悩んだあげく、ようやく分かってきたことは、別れには様々なカタチやサイズがあること。簡単に乗り越えられる場合もあれば、失恋からすぐには立ち直れない困難な別れもあります。どれほど親密な関係にあったか、どれだけ自分の人生に影響を与えてくれたか、どうして別れが来てしまったのか。これらすべてに大きく関わってきます。そして、ここにもう1つ重要な要素が。あなたが「さよなら」を言ったかどうか。
一番難しく、尾を引く別れ方は「さよなら」を言えなかったケースです。なぜって、それではいつまでも心の整理がつかないままだから。

忘れられない記憶の一部

shutterstock_265847681

人間の心理は本当に複雑です。傷つけられても愛を求めたり、生きる意味を与えてもくれる、そんな恋人に一喜一憂してしまうのだから。

一方で、心に留めておいてもいい過去というものもあります。出会うタイミングが悪かっただけの「運命の人」。時に、我々はその人がどんなに魅力的か、素晴らしい関係が築けたかも知れないことには気づかぬまま、間違った決断を下してしまいます。
あなたの元から去っていく人に執着することは、単に人生を困難にするだけ。そうは分かっていて、彼らは永遠に心の中で生き続けることだってあり得ます。完全に忘れるなんていうことはほとんど無理な話。その人は昔、あなたの人生においてとてつもなく大きな存在、そして今もあなたの一部になってしまっているのですから。

ムリに忘れようとせず
素直に受け入れる

shutterstock_58171174

「いまも愛を忘れられない」というのもよくある話。記憶から離れられないのは、恋愛以上のものをその相手に感じていたからに他なりません。まずは、そんな素晴らしい相手と出会えたことに「感謝」をすべきなんです。誰かを愛するということは、人生をより豊かなものに変えてくれる反面、深い悲しみや痛みにも耐えねばならないんですから。
前に進もうと思っても、心の淵から最愛の人が離れてくれないこともありますよね。もしかしたら、一生忘れられないことだって。では、どうしたらいいか。難しいことではありますが、自分の感情を素直に受け入れて、ありのままでいることです。悲しい現実と向き合いながらも、楽しかった日々を否定しない。そうしてゆっくりと思い出を咀嚼していけばいいのです。

「別れなければ…」は、
言い訳にすぎない

shutterstock_214023157 (1)

僕にとって別れるということは、自分の感情をさらに深く理解する体験でした。愛した人への扉を自ら閉ざすことではありません。これから先の人生を別の方向に進めていくこと。二度と振り返らないわけでもありません。それは上手くいったり、いかなかったりすることを理解し、人生の選択を受け入れることなんです。「忘れよう」「終わりにしよう」と別れを受け入れることで、終止符を打つ心の準備を始めるのは分かります。でも…。

別れる必要を感じるのは、優柔不断さの表れでもあります。関係を修復するために、もっと努力ができたんではないか?その問いに答えが出せないでいるからです。物事がどうあるべきか決断ができず、人生がどちらの方向に進むのか、自分ではどうしたいのかが頭の中で整理できていない。なのに別れを求めるということは、「自分に負けた」ということ。

正しい決断をして、物事を自分の思いのままに進めたいと思うのが人間。人生をコントロールしている確証が得られるからです。ですが、恋愛においての決断は一筋縄にはいきません。何度だって「終わりにしよう」「次に進もうと」と決心しても、立ち止まってまた、考え直してしまうもの。

結論:
「サヨナラ」のひと言は
口にしなくていい

shutterstock_131484164 (1)

だから…、真実を言えば「サヨナラ」なんて口にする必要はないんです。そんなの何の意味もないこと。あれこれ決断することはあれど、まだ恋人を愛しているのであれば、この先も間違いなくあなたの選択肢にその人は入っくるはずなんです。たとえ現実的じゃなくたって、あなたの心の中では。

だったら、感情をそのまま受け入れてみては。いつか、解決できる日が来るかもしれません。もし、同じ立場で恋人が連絡をくれたら、喜んで恋人の胸に飛び込んでいくはずです。
無理に終わらせようなんて思わないで、共に生きていくという選択をしてみては。愛する人との別れは、その人を忘れて前へ進むことだけではありません。「あり得ないことなんてない」、そう信じて人生の流れに身を任せてみることです。別れは再開のための序章という考え方だってできるのだから。

Licensed material used with permission by Elite Daily

本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
誰かを好きになる時、「その人のことが本当に好き」と自分を説得するようなことは誰もしません。もっと直感的であり、自分の感覚に疑いを持ちたくない、こう思うはず...
遠距離恋愛を続けることが辛くなり、精神的にも金銭的にも無理を続ける意味があるのかと感じておられる方もいらっしゃるかもしれません。後悔しないためにも、遠距離...
辛い恋人との別れ。できるなら経験したくないことですが、始まりがあることには終わりもあるのが世の常です。そんな悲しい精神状態の時、私たちの脳内では何が起きて...
女性の方で、大好きな彼のことを思い続けていると、次第に「辛い」、「苦しい」と感じるときが来るかもしれません。自分が誰かを思い続けることで何かをする上での原...
人生どんな場面でも、結局最後は自分が可愛い。それが傷つかなくて済む理由だし、そのためなら保身だって。Paul Hudson氏に言わせれば、こうしたタイプの...
誰でもプライドは持っているものですが、特にプライドが高すぎると恋愛の悩みも絶えないようです。高い理想のもと仕事やプライベートで努力をしている女性にはいいと...
ここで紹介するのは、ライターAmanda Fama氏の恋愛コラム。以前は恋愛がなかなかうまくいかず、人を好きになることに臆病になっていたという彼女。その辛...
近年では「文系男子」「理系男子」それぞれへの恋愛攻略法をまとめた書籍が多くでています。それだけ、文系か理系かで恋愛傾向が違っているからでしょう。今回は文系...
失恋は怖い。ふる方もふられる方も。けれど、そこから得られる学びは数知れません。女性ブロガーLindsay Tigarさんが「Your Tango」に書いた...
なんとなく感じてしまう男性の浮気の影。何をチェックすれば浮気がわかるのでしょうか?遠距離恋愛の彼氏に浮気はつきものです。次の10項目に複数当てはまれば浮気...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
50%が1年未満で別れてしまう厳しい遠距離恋愛。結婚に至るケースは全体の13.5%でしかありません。1度別れた遠距離恋愛を復縁する前に、よく考えておかなけ...
お互いに、簡単に会うことが叶わない国際遠距離恋愛を続けるには、かなりの覚悟と、無理をしない程度の努力が必要です。国際遠距離恋愛にありがちな悩みを上手に克服...
あなたは、運命の相手を信じますか?「Elite Daily」の男性ライター、Anthony Petronzioさんの恋愛観がなかなか面白かったので紹介した...
「いい男がいない」「私なんて」と、すっかり恋愛のスタートラインから遠のいてしまった女性たち。「まずは土俵に上がらなければ、なにも始まらない」とわかっていて...
人は一生のうちにどれだけ「運命の人」との出会いがあるのでしょうか。「毎回そう思う!」なんていう人もいるかもしれませんが、本当のところ、寝ても覚めても確かな...
素敵な王子様が迎えに来てくれて、その後ふたりはいつまでも幸せに暮らしましたとさ…。「運命の人」と聞くと、そんなイメージがあるかもしれません。でも、本当に運...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこは ライターAngel Chang氏も同意見。さ...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...