みせ方上手になって、人生を10倍得する「7つの方法」

美人で仕事もできる。 そんな人に出会った時、両方を実現するなんて「私とは違う特別な人」と、勝手に線引きしていませんか?

でも、彼女たちが輝いて見えるのは、自分のみせ方を知っているから。ここで紹介するのは、そんなみせ方上手になる8つの方法。ぜひ、参考にしてみて!

01.
セルフブランディングは
対人関係やビジネス成功の鍵

shutterstock_142558885

自分をどうみせるかの「セルフブランディング」は人生の命運を分けるカギ。そこでチャレンジしてもらいたい方法が、周りの人たちにあなたの長所を5つずつ挙げてもらい、その中の上位3位をさらに磨き上げること。「笑顔が素敵」であれば、更に笑顔に磨きがかかるように、表情筋を鍛えたり、歯のクリーニングを定期的にしたり。他人の目に魅力的に映る人というのは、自分の長所をよく知っていて、それを常に表現できているのです。

02.
ネガティブポイントを
ポジティブワードに変換!

自分のセールスポイントをさらに増やすコツ。それは、誰もが持っている自分の外見や性格に関するネガティブポイントを、ポジティブワードに置き換えてみること。たとえば、飽きっぽいなら、「好奇心旺盛」「自分の興味に正直」「短い時間で情熱を注ぎ切れる」というワードに。

視点を変えるだけで、思いがけない長所に気付くことができるんです。

03.
自分の姿を客観視する

mindset

日常生活において、他人から見える自分の姿というのは、真正面よりも、横からだったり、後ろ姿や下を向いた顔がほとんど。なので鏡を見るときは、正面からだけでなく合わせ鏡をして、横から・後ろからなど様々な角度から自分を観察してみましょう。また写真や動画を撮影してみるのもの効果的。

姿勢が悪い、笑顔がかたい、視線が泳いでいる、意外と早口・・・など、今まで知らなかった自分の姿に、きっと驚くはず。

04.
世界観のある人を観察する

セルフブランディング術のヒントはあらゆるところにあります。まずは、あなたの友人や知人で「独自の世界観があるな」という人がいたら、とにかく観察・分析してみること。私がセルフブランディングの達人として一目置いているのが、ギャルやキャバ嬢。彼女たちは自分が一番可愛く見えるメイク法や、写真の写り方を心得ています。街中にも新しい発見はたくさん。有名ブランドのディスプレイや接客、レストランやカフェの演出などから、人の心をつかむツボを参考にしてみましょう。

05.
「この人みたいになりたい!」
憧れの人物を具体的に思い浮かべる

shutterstock_98528147

なりたいイメージがあるなら、お手本となる人物を具体的に思い浮かべましょう。「エレガントでキレイ」というよりも、「オードリー・ヘップバーンのような」と、そのワードからイメージする人物を前置きした方がより効果的です。言葉だけではイメージしにくいものが、人物をあげることによって、具体的な視覚イメージに。人はイメージを鮮明に描ける目標ほど、現実にしやすいのです。

06.
SNSやブログを
自己表現のひとつと考える

SNSやブログなどもセルフブランディングの有効なツール。なかでも、クリックした瞬間目に飛び込んでくるプロフィール写真とヘッダー写真には特にこだわりを。

ちなみに私のブログのヘッダーは大好きなモナコで撮った写真です。その写真は、自分のセルフイメージをアップしてくれますし、さらに、読者にもそのイメージを植えつけることができます。実際、ブログを見たテレビ局の方からオファーを受け、日本テレビ系「人生が変わる1分間の深イイ話という番組の海外特集で、私のモナコ1人旅に密着取材してもらいました。

07.
何が目的なのか
ブレない軸をつくる

shutterstock_250626571

私が考えるブランドとは、ひと言で言えば「ブレない軸」を持っていること。つまり、いつでも安定した世界観を提供できるということです。

そのブランドに接した人が、どんな感覚になるか?それがそのブランドの信頼であり、ブランドの強さです。例えば私は世界的に有名なエルメスのバッグを手に取った時、気品溢れる上質な感覚になります。
同じように、あなた自身も立派なブランドです。人があなたに会った時、どういう感覚になるのか?ハッピーになるのかエキサイティングな感覚になるのか、あなたが提供できる感覚を考えてみましょう。

やりたいことを全部やる人生 ~仕事ができる美人の43の秘密~
コンテンツ提供元:長谷川朋美

「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
毎日のように暗いニュースに触れる日々。ポジティブでいようとしても、「またこんなニュースか」「将来どうなるんだろう」とマイナス思考になってしまうのも無理はあ...
どれだけ運が良かったとしても、努力の積み重ねがなくては夢は叶わないでしょう。では、一体どのような努力をすればいい?その答えが「mindbodygreen」...
人生、楽しめていますか?隣の芝は青く見えていませんか?たとえ、そう見えたとしても、そこにはその人なりの努力があるものです。 では、どう努力すればいいのでし...
一口にシンプルな生活、ミニマルな生活と言ってもいろんな捉える方がある。でも減らすことの利点に関して確実に言えるのは、「余裕」ができるということだ。街も、部...
「だって~」「でも~」「どうせ~」「〜だから」…このようにDがつく言葉が口癖だというアナタは注意してください。なぜなら、この前後につく言葉は決まって「言い...
誰もが夢見る“運命の人”との出会い。「Elite Daily」では、そんなロマンチックな考えを覆す、シビアな記事が掲載されていました。書いたのは、自身を「...
30代になり、ここから自分を変えていくのは難しいだろう...と諦めかけているあなた。ぜひ、読んでもらいたいのは、「Inc.」のライターElle Kapla...
夢を思い描くことは大切なこと。もちろんそればかりじゃいけないとわかってはいます。では、頭の中にある理想を実現するために一体何が必要なのでしょう?そのヒント...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
今の自分は、過去の自分の選択に基づいて生まれた結果。そして未来の自分はこれから自分が下す選択の積み重ねによって生まれる。 そう、人生において問われるのは「...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
「しあわせ」と聞くと、自分の外側にある何かと結びつくことだと感じるかもしれませんが、外的な要因ばかりに求めていたら、自分がすり減っていってしまいます。でも...
他人の目や世間体を気にするあまり、本来自分の人生にフォーカスすべきはずが、いつしか周りにばかり注意が向いてしまっている。これが人生をつまらなくしている要因...
人生において、本当にやるべきことはそう多くない。世の中に情報が溢れすぎているから、やらなければならないことがたくさんあるような気がしているだけだ。本質とは...
成功は、ただ待っているだけではやってきません!何か行動を起こさなければいけないのは確か。ですが、ただ闇雲に動けばいいのかといえばそういうわけでもないのが難...
「どうせならば、悩みがなくて、ノーストレスで生きていきたい」と、誰もが思うはず。でも人生は山あり谷あり。不条理なことで悩まされることもあります。高田晋一さ...
「少しでも自分の生き方を変えたい!」と思って自己啓発本を手にしても、分厚いし内容が難しそう…という理由で、読むのを諦めた人も多いのではないでしょうか。高田...
「人生なんてそんなもんだよ。」なんて聞きたくないし、絶対言いたくない!そんなあなたならもうやってるかも?ここでは、毎日自分の心に問いかけたい7つの質問を紹...