「夏フェス」に行くと人生が変わる!?米ライターが真面目にその魅力を紹介!

夏はもうすぐそこまで来ているし、野外フェスのシーズンはもう始まっている。ライターのChris Riotta氏は「ELITE DAILY」で、音楽フェスが人生にどんな影響をおよぼすのか、科学的な視点も含めながら書いている。

経験のない人はもちろん、フェス常連組も彼の記事を読めばその魅力を再確認できるはず!科学なんて野暮は抜きにして、行けばわかるよ、なんていうあなたも一度目を通してみては?

85singo_shutterstock_184911035


音楽フェスは、単にハッピーなだけじゃない。それは人生を変えるものだ。あの会場の雰囲気は、参加者全員の心に火を点け、花火のように輝かせる。

ビリビリする感覚がそこにいる大勢の人達から伝わってきて、さらに音楽好きを繋いでいく。もし一度でもフェスに行ったことがあるなら、何を言ってるのかがわかるはずだ。ただ狂ってるわけじゃない。今までに経験したことがないくらいアドレナリンが出るんだ。ドラッグなんて必要ない位に。

面白いフェスに行くと、普段だったら絶対に会わなかっただろうな、と思うような人達にとことん出くわすことになる。それに、これまで聴いたこともないような美しいメロディや、刺激的な思い出、その後の人生でも忘れられないような体験と出会う。

特に20代前半においては、旅に出ていろんなフェスを体験した方がいい。間違いない。そこには、お金と時間をたっぷりかけてもいい理由が沢山あるのだ。

フェスの空気は
今ある世界観を変える

85singo_shutterstock_256321546

音楽の力は人生の面白さを最大化させるためには信じられないほど重要で面白いツールだ。世界中の人々がフェスに集まって、アートを楽しめば、前代未聞の力になるに違いない。

科学ニュースを取り扱うwebサイト「Examined Existence」では、フェスが精神に及ぼす影響と、リスナーの健康状態に関する調査が報告されている。

オランダの大学、University of Groningenによる調査結果によれば、アップビートな音楽を聴く人ほど、生活満足度が高いことがわかっている。音楽を聞くと、ドーパミン(快感物質)が発生する。そのため世界観が変わったかのような感覚を覚える。まるで素晴らしい出来事がずっと起き続けているかのような状態になるのだ。脳全体が活性化するため、学習能力や記憶力の向上にもいい効果があると言われている。

そして、その高揚感を美しい環境の中でみんなで共有する。それ以上に雰囲気を高めてくれる場所は他に存在しない。他のどんな娯楽を持ってしてもだ。

シンクロする感覚

85singo_shutterstock_259614590

フェスに参加している人々は、例えお互い知らない者同士だったとしても、驚くほどにシンクロする。それは周囲の環境や音楽がなど様々な要素が関係しているもの。そして、周りで鳴り続けている音楽や初めて出会った人々と繋がっていくうちに、過ごしている時間がまるで映画のシーンのようにも思えてくるのだ。それは至福であり、人生の中で何度訪れるともわからない美しい瞬間との出会いに近い。そういう感覚を音楽フェスは生み出してくれる。

Discovery News」に掲載されたレポートでは、音楽を聞いている時に人間が感じている強い快感について触れられている。それは、セックスやドラッグ、ギャンブルや美味しい料理を食べた時に感じる快感と同じだそうだ。さらに、トーンやメロディの違いを聴くだけでも感情が高まることがわかっている。モントリオール大学の神経科学者はこう語っている。

「音楽を聞くとき、人は次にどんな展開がやってくるのかを心待ちにしている。そして、次に待っているのは納得や、驚きだ。そしてその全てのニュアンスの違いが脳にとっては価値になる。ドーパミンの発生によって脳全体が強化される」

85singo_shutterstock_111705392

音楽フェスにいる間、あなたは好きなミュージシャンの演奏や、見たことのない景色に包まれる。しかもオープンな環境で、周りには無数の音楽好きがいて、そのあと何をしなきゃいけないなんて予定も気にせずに楽しめる。

それこそが音楽があなたを打ちのめしている瞬間でもある。遠くからドラムの鳴り響く音が聞こえてくる。その音を頼りにステージへ向かう。数百メートル先から聞こえてきたギターの音色に心を奪われる。人の波をかき分けて、始まったバンドのパフォーマンスに酔いしれる。そこにあるのは、完全なるエクスタシーの世界だ。

ネットでは味わえない体験

85singo_shutterstock_228403024

最近は、現地に行かなくてもフェスの雰囲気を体験できるライヴストリーミングフェス(フェスを中継するサービス)も流行ってる。確かに、居心地のいい場所にいながら現地の雰囲気を摘んで味わうのもアリ。でも、それじゃ現地の強烈な「痺れ」を感じることは出来ないだろう。

キャンプ場で、どこからか聞こえてくる音楽とともに目を覚ます。その感覚は、スマホじゃ絶対楽しめないものだ。日常を遮断して、音楽フェスの世界に潜り込もう。きっと戻ってきたときには僕に感謝することになるはずだ。


確かにライヴストリーミング中継を閲覧することができるイベントは増えている。実際に、アメリカで開催されている世界的EDMイベント「ULTRA Music Festival」では、2015年も「Twich」というアプリを利用して現地の様子が生放送された。

それがきっかけになって、実際にイベントに行ってみようと思う人も増えているそうだ。きっと仕事や予算の関係で行けなかった人にとっても重宝されるサービスだろう。しかし、そうは言っても、やっぱりそれは入り口に過ぎないのだ。

ヘッドフォンで遮断できるものは限られている。その身を持って体験する、音楽フェスの世界。まだ体験したことがないという方は、これを機に思い切って参戦してみてはどうだろう?それだけで本当に人生が変わるかもしれない。

Reference:TwichULTRA Music Festival
Licensed material used with permission by  ELITE DAILY

フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
欧米では野外フェスが終わった後の会場に、テントや寝袋といったキャンプグッズが大量に放置されたままになることがあるんだそう。つまりはゴミとなる訳です。そんな...
音楽フェスの楽しみ方は人それぞれ。超ノリノリではしゃぐのも良いし、静かに音楽を楽しむのも良い。今回紹介する男性の場合は、こうだ。  頭を振りすぎて脳震盪を...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
とても不思議で、とても自由なフェスだった。フェスなのに、中心がない。ステージもなければ、売店もない。木で組まれた大きな不死鳥がシンボルのように浜辺に立って...
エンターテイメント大国のアメリカでは、各地で様々な野外フェスが開催されているのだ。その筆頭ともいうべきなのが「Imagine Music Festival...
来る8月17日からアメリカはオレゴン州にて「Oregon Eclipse 2017」が開催。これはオレゴンの大自然の中、音楽やアートに囲まれて1週間にわた...
今年で3年目を迎える「コロナ サンセットフェスティバル」。波音と音楽と極上のサンセット、さらにはおなじみコロナビールで楽しむ大人のビーチフェス(20歳以下...
この「宙フェス」を簡単に説明すると、星空の楽しみ方を一堂に集めた野外イベントで、2014年から開催。アートやサイエンスはもちろん、宇宙にまつわる雑貨を揃え...
場所はグアテマラ。世界一美しい湖と呼ばれ、その湖底にはマヤ文明の古代都市が沈んでいるとも言われるとんでもないロケーションにて開催されるのが、年末年始4日間...
3日間で9万人の動員を記録し話題になったEDMフェス「ULTRA JAPAN」にも出演していた超大物DJ「アーミン・ヴァン・ブーレン」のインタビューが「N...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
もしも、無人島でシネマフェスが開催されるとしたら…。極上の自然に飛び込んで、その夜は映画に酔いしれる。じつはそんな体験をカタチにした「MUJINTO ci...
毎年8月に、スコットランドの首都エディンバラで行なわれるフェス「Royal Edinburgh Military Tattoo 2015」。1950年から...
静岡の西伊豆の離島で開催される「MUJINTO cinema CAMP」は、無人島でキャンプをしながら映画を楽しむフェス。その最大の特徴は、参加者も含めて...
7月初旬に行われた「Corona Sunsets Festival 2017」。照りつける太陽に恵まれ、オーディエンスも、ワークショップも、ビーチも盛り上...
10月22日(日)から、東京・渋谷で実に1ヵ月にわたって「RED BULL MUSIC FESTIVAL 2017」が開催される。まだその全貌は明らかにさ...
人が集まるフェス。体が触れ合うほど密集しているからこそ、女性の身体を触るというような痴漢行為をする人も。パフォーマンス中に現場を目撃してしまったボーカルは...
2015年7月。ちょっとメンバーの多いバンドが結成され話題になりました。ロックバンドのメンバーといえば、ギターベースドラムキーボード…と考えると3~5人く...
野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...