読むのが辛い「恋愛論」が、アメリカで話題に!あなたが好きなのは「恋人ではなく、その人のイメージ」

人生どんな場面でも、結局最後は自分が可愛い。それが傷つかなくて済む理由だし、そのためなら保身だって。Paul Hudson氏に言わせれば、こうしたタイプの恋愛は、恋人よりも自分の考え方に陶酔しきった、いわゆるイタい恋。
「Elite Daily」でも賛否を分けるこの記事は、恋人がいる人にはちょっと耳の痛い話かもしれません。でも、ひょっとしたら恋人よりも、自分のなかでのイメージを大切にしてはいませんか?

人の感情は流されやすいもの。それゆえ、自分にとっての理想の人を見つけるのも大変です。さらに言えば、心から愛せる人を見つけ出すなんて、それこそ星を掴むようなもの。それが分かっているから、どこかで自分の理想に見切りをつける訳です。

たとえ相性が悪くても、別れる直前まで上手くいくケースもあれば、いくら相性がよくても、失敗に終わる恋愛も。相性は、良好な関係を築くのに必要不可欠な要素だけれど、だからといって、相性がいいから恋に落ちるとも限らない。これが恋愛の難しいところです。
もしかしたら私たちは、好きになったその「相手」に惹かれるのではなく、むしろ自分の「考え方」を好きになってしまっている。そんな場面が恋愛には、意外と多いのではないでしょうか。

寂しさを紛らわせるための
恋愛は、本質が見えない

誰だって、かまって欲しかったり、愛されたいと思うものですよね。一人になりたくないとも思うでしょう。誰かと同じ体験を共有するとうれしくなることも。考え方が一緒だったり、笑いのツボが合った瞬間などは、ちょっとにやけてしまうだろうし、一人で行動するよりも、誰かと一緒のほうがいいに決まっています。孤独はとても辛いものだから。

複雑で繊細な心ゆえに、誰かに気にかけてもらいたかったり、友達の存在を身近に感じたいと願うことも。実際、一人で考え過ぎて、自分自身を見失ってしまうようなことだってあるでしょう。

誰だって最初は自分の力で自活したいと思う。でも「寂しい」という感情がひとたび湧いてくると、そんな決意なんて、脆くも崩れ去ってしまうもの。気を紛らわすだけの一時的な関係で始まったとしても、恋愛関係が意外と長続きするケースもあります。なぜでしょう? 自分の寂しさを紛らわすために誰かを必要とし、そのために相手を美化し過ぎて、相手の本質を見ようとしないからなんです。

自分の考えを変えるのは
意外と簡単

人は日々、変化します。信じたくない人もいるでしょうが、これは人だけでなく、万物そのものに言える事実なので仕方ありません。
「自分を変えたい」と思ったとき、細部まで変えることはできないかもしれない。でも、最も大切な部分であるメンタルは、思いのほか容易に変えることが可能です。
例えば、世間に対する考え方、問題処理能力、他人への態度、これらは、あなた次第でいくらでも変えることができるものです。

ただし、人間は必ずしも、いい方向に変われるとも限りません。ときには以前よりも状況が悪化することだって。そういうとき、他人や環境のせいにする人がいます。でも、何かのせいにするのは無意味。昔はいい人だったけれど…なんてどうでもいい話。
恋愛に例えるなら、昔の恋人との幸せを思い出して、勝手にイメージを膨らませ、いつか再開した時、また昔のように上手くいくかも? そんな妄想をしているのと同じこと。

都合のいい解釈で
保身に走ることも

shutterstock_149970311

ハネムーン期なんて呼び方もある恋愛の初期段階は、たいてい関係も安定しています。だけど、そんな時は必ず終わりが来ます。それが終わると同時に、まるで関係が崩壊するように、小さな問題が表面化してきて、傷ひとつなかったものが「現実」によって打ち砕かれていくことなんてよくある話です。
では、なぜハネムーン期が終わるとカップルに食い違いが生じるのでしょうか? 他人を理解するにも、自分の心を開くのも、時間のかかり方が人それぞれ違うからなんです。いったん、お互いの本質を知ってしまうと、上手くいかないケースの方が多いと思ってください。

淡い夢のような時間は過ぎ去り、現実に引き戻された時、それまでのことがすべて偽りのように思えて、虚しさを感じることがあるかもしれません。でも、実際はその逆。ぽっかり空いた穴を想像力で新たに埋めようとするのが人間なのです。
実際に体験したことや事実に基づくものではなく、闇雲に自分の望む考えや希望ベースの結論を引き出しては、信念を貫こうとするのも、私たちなのです。

そんな間違った考え方を持っていると、自分の一番近くにいる恋人を深く理解できず、何年も関係を続けてしまうことがあります。多くの人が、目の前にある事実が見えていないのではなく、見ようとしていない。それが現実なのではないでしょうか。

結局、最後まで相手が何を考えていたかを知ることはありません。なぜって、それはあなたの想像でしかないから。私たちは現実世界よりも、現実から逃れた別世界で、安穏と生きる道を選んでしまっているのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Elite Daily

良くも悪くも、恋愛は人を狂わせる。最初はすべてが順調に進んでいるように見えるけど、必ずどこかで壁にぶつかる。この記事は、「Elite Daily」にて多数...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこは ライターAngel Chang氏も同意見。さ...
複数の人と同時に恋愛関係を築く。浮気とは一線を画す「ポリアモリー」という愛の概念に、アメリカで注目が集まりつつあります。「Elite Daily」が制作し...
恋愛をスムーズにさせる秘訣って色々ありますが、そのひとつに、お互いの「相性」があります。関係がなかなか上手くいっていない…というカップルは要注意!もしかし...
私は様々な恋愛をしてきた。ちょっと他ではないようなハードな体験も。そんな中で、「恋愛とは一体なにか?」を考えてきた。ここからは、私の特異な恋愛経験をもとに...
ここで紹介するのは、ライターAmanda Fama氏の恋愛コラム。以前は恋愛がなかなかうまくいかず、人を好きになることに臆病になっていたという彼女。その辛...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
誰かを愛するということは、必ずしもハッピーな気持ちだけでいられるワケではありません。時には辛さや痛みを伴うし、それは万国共通の感情のようです。「愛すること...
哲学的なPaul Hudson氏のこの記事は、ある質問から始まります。見落としがちな人生の本質について、恋愛を軸に分かりやすく解説…やっぱり「人間って自分...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」。そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。つまり、恋人...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
親しき仲にも礼儀あり。恋人同士だってそれは変わらないのかと思いきや、「お互いどこまで素を出せるか」が良好な関係を築く秘訣だと意見するのは「Elite Da...
恋愛アドバイザーのKyle Cが、迷える子羊たちに喝!本当の愛ってなんなの?なんで見つからないの?一体どこにあるのよー!と恋の深みでもがいている人はもちろ...
クリスマスはもう直ぐそこ。恋人へのプレゼントの準備はできていますか?モノよりも心が重要!なんてここで言う必要もないでしょうが、「LittleThings」...
「Elite Daily」の女性ライターGigi Engle氏が、恋愛に関して「大人の意見」を述べています。今回は「浮気された経験」すらポジティブに捉えて...
生まれた月によって、好きなタイプは異なる。そう伝えるのは米メディア「WittyFeed」。同メディアには、12星座ごとにオススメの恋人が掲載されています。...
辛い恋人との別れ。できるなら経験したくないことですが、始まりがあることには終わりもあるのが世の常です。そんな悲しい精神状態の時、私たちの脳内では何が起きて...
ここで紹介する「Elite Daily」の記事は、パートナーがいる女性にぜひ読んでもらいたいもの。すでに気づいているものもあれば、「なるほど!」と思う項目...
「刺激的な関係だけが、恋愛ではない。恋人がいるお陰で、生活が楽しくなり毎日感謝できるようになる。それこそが本当の恋だ」。そう独自の恋愛論を展開するのは、「...