アメリカで話題に。人気ライターの「恋愛論」が、心に刺さる…

良くも悪くも、恋愛は人を狂わせる。最初はすべてが順調に進んでいるように見えるけど、必ずどこかで壁にぶつかる。

この記事は、「Elite Daily」にて多数の恋愛記事を担当しているライターPaul Hudson氏が、「恋愛において起こる7つの問題」をまとめたもの。自分だけじゃなくて、多くの人が経験してるって考えたら、少し元気が出てこない?

01.
付き合い始めは、
先のことを見越せない

Medium 6d4f175daf37408cf9f7bde403917da8890f60aa

ロマンチックな恋愛は人生の醍醐味の一つ。その素晴らしさに気づく瞬間は、ある日突然、意外なところからやってくる。でも問題は、その高まった感情が、いつか必ず色褪せてしまう日がくるということ。

恋愛をジェットコースターに例えると分かりやすい。最高到達点に達すれば、その後には必ず下りが待っている。付き合いはじめは、気持ちもどんどん大きくなるし、もっと愛を感じたくて、感情が高ぶってばかり。でも、最終的にそれらは必ず落ち着くのだ。最高到達点にい続けることなどほぼ不可能。一瞬でも経験できたなら、それだけで神様からのプレゼントと言えるだろう。

02.
「本当に好きなの?」と、自分を疑う

心の中では「夢」も「現実」も、すべてコントロールが可能だけど、自らそのコントロールを失おうとすることも。いわゆる現実逃避がそれ。
恋愛は現実の出来事なのに、「好き」は掴みどころがなくてあやふやな感情。だから、とにかく自分の心を開いて、理解してもらおうと必死になる。心が幸せで満たされるように、努力を重ねながらリアルな愛に溺れていく。イメージしたのは自分にも関わらず、それに対して疑問を抱くのも、また自分自身だ。

03.
マンネリを解消するため、
新鮮さを求めてしまう

恋愛が白熱すればするほど、「この恋まちがってない?」と不安に思うことだってある。それくらい、人の心は絶えず変わっていくもの。いつか熱が覚める時がくるかもしれないと、ふと我に返る。それは、気持ちが薄れているからではなく、気持ちに「馴れ」が出てくると、人はもっと上を求めるようになるから。ひとたび「この人じゃない!」と思ってしまったら、次の瞬間からケンカが始まっても不思議じゃない。

04.
自分のなかで理想の相手を
つくりあげてしまう

Medium 0bef61479b7ad3812427edbe813da7f4363718b4

「愛は盲目」なんて言葉があるけど、この考え方は間違いだ。本当の愛は盲目なんかじゃない。相手が完璧じゃないこと、欠点があること、たまに間違いを犯すこともすべて受け入れられること。それが愛だと思う。

ロマンチックな恋愛なんて、ただの幻覚。イメージの中だけで理想の恋人をつくりあげ、現実がそうでないと分かると、とたんにショックを受けるのはそのせい。恋愛経験豊富な人は、理想の相手なんて最初っから存在しないことを理解している。だから彼らは、2人の関係を客観的に見ることができるところが多くの人が、自分の感情を優先し、好きだと思い込んでいた相手に対して、一気に気持ちが冷めていく。

05.
自分が不完全であることを
なかなか認められない

完璧な人なんていないし、間違いだって犯すのが人間。だからこそ、「もっと良い自分」になろうと奮闘する。不完全であることを分かっていても、相手に指摘されると、素直に受け入れられないときもあるはず。なのに、相手の気持ちが冷めてきたと勘違いをしたり、そのことに腹を立てるのは、気持ちがつながり合っていない証拠だろう。
結局、自分で自覚している欠点を指摘されたとき、人は聞く耳を持たなかったり逆上してしまう。たとえ相手の方が、自分のことを理解していても。

06.
自分の都合を相手に押しつける

私たちは、自分の勝手な都合で「一人になりたい」「一人にはなりたくない」と言う。でも、多くの人は直感でその言葉を口にしがちだ。本当は、自分が何を必要としているのかを判断し、相手が何を必要としているのかも理解した上で使うべきなのに。

07.
悲劇のヒロインを気取ってしまう

Medium 61f811eb28327f3f8300ae1cffd5903bbca8ef2d

恋愛に魔法なんてないし、恋愛は自分の心でするもの。多くの人はそれが理解できていない。だから相手と戦おうとしてしまう。自分を傷つけ痛みを感じさせ、それによってコントロールしていると錯覚する。せっかくいい関係を築き上げたのに、そのチャンスを台無しにしてしまう。いったい何のため?
もしもあなたが、恋愛は別世界に存在するものと信じているならば、その恋愛が長続きすることはないだろう。自分をこれ以上ないほどに傷つけてしまうと、終いには何も感じなくなってしまう。それこそが一番最悪なパターンだと覚えておこう。

複数の人と同時に恋愛関係を築く。浮気とは一線を画す「ポリアモリー」という愛の概念に、アメリカで注目が集まりつつあります。「Elite Daily」が制作し...
人生どんな場面でも、結局最後は自分が可愛い。それが傷つかなくて済む理由だし、そのためなら保身だって。Paul Hudson氏に言わせれば、こうしたタイプの...
恋愛をすると「こんな広い世界で私を選んでくれる人がいて幸せ!」という嬉しい気持ちの反面、だからといって何もかもうまくいくワケではない、という不安も生まれま...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
辛い恋人との別れ。できるなら経験したくないことですが、始まりがあることには終わりもあるのが世の常です。そんな悲しい精神状態の時、私たちの脳内では何が起きて...
「人と人がわかり合う」のは簡単なことじゃありません。これまで歩んできた道が違うんだから、当たり前といえば当たり前です。でも、大好きなパートナーのことはでき...
「Elite Daily」でも屈指の人気ライターPaul Hudson氏、自身のFacebookの冒頭にこんな一文を寄せています。「僕は記事を書くことで、...
恋愛アドバイザーのKyle Cが、迷える子羊たちに喝!本当の愛ってなんなの?なんで見つからないの?一体どこにあるのよー!と恋の深みでもがいている人はもちろ...
遠距離恋愛は、長続きしないと思っていませんか?でもじつは、隠されたメリットも多いのです。「Elite Daily」のライター、Anaiesさんが自らの経験...
誰かを愛するということは、必ずしもハッピーな気持ちだけでいられるワケではありません。時には辛さや痛みを伴うし、それは万国共通の感情のようです。「愛すること...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
「Elite Daily」の女性ライターGigi Engle氏が、恋愛に関して「大人の意見」を述べています。今回は「浮気された経験」すらポジティブに捉えて...
「愛から生まれるものは、決して美しい感情ばかりではない」。そう語るのは「Elite Daily」の女性ライターLauren Martinさん。つまり、恋人...
世の中にある恋愛のルール。そのほとんどは、自分を傷つけず守るためにあります。でも、傷つくことを恐れていては恋愛なんてできないのも事実。ここで挙げたルールは...
「遠距離恋愛」と聞くと、なかなかうまくいかないというイメージがあるかもしれません。でも「Elite Daily」の女性ライターMichelle Dang ...
誰かを好きになる時、「その人のことが本当に好き」と自分を説得するようなことは誰もしません。もっと直感的であり、自分の感覚に疑いを持ちたくない、こう思うはず...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
これら15枚のイラストは、Viola Wangさんが描いた遠距離恋愛中のカップルの日常。一連の流れが、「切ないながらもキュンキュンする」と話題になっていま...
恋愛に比べて結婚生活って難しい。そう考えてしまう理由を紹介するライターRebecca Endicott氏の指摘が、結構いいんです。彼女の結婚に対する見解は...
「県外で行われた友達の結婚式で意気投合」「SNSで知り合って」など、出会いかたもいろいろあるもの。なかには最初の恋愛が遠距離だったという人もいるでしょう。...