メキシコ料理を家めし風にアレンジ。簡単「チリコンカン」は、ふたつのスパイスが決め手!

気持ちのいい初夏の気候が続いていますね!そこで食べたくなってくるのがエスニック料理。タイやベトナム料理はだけじゃなく、南米メキシコ料理だって家めしならカンタン。豆料理「チリコンカン」を、手軽に作る方法をやってみましょう。
味つけが難しそうですが、最低限でも「クミン(クミンシードならなお良い)」「チリパウダー」のふたつの瓶詰めスパイスがあれば大丈夫です。

<材料>キドニービーンズ(水煮缶)・ベーコン(ブロック)・ニンニク・トマト(中サイズ)・玉ねぎ・オリーブ油・クミン・チリパウダー・塩・お好みで:野菜なんでも

用意する食材は、まずキドニービーンズ。水煮缶で大丈夫。豆が中心の料理なので、なるべくたっぷり用意しましょう。時間の取れる人は、乾物の金時豆を買ってきて前の日から水に漬けておき、ふくらんだところで1時間ぐらいぐつぐつ煮て…と、やるとさらに旨いです。面倒だけどね。
そしてベーコン。できればブロックのベーコンを買ってきて、ぶ厚く切った方が美味しくしあがります。それにニンニク、たまねぎ、トマト、その他お好きな野菜なんでも。あ、トマトはホールトマト缶でも大丈夫。

<作り方>
①まずニンニクを潰すなり刻むなりてきとうにして鍋に入れ、オリーブ油をたっぷりめに入れます。大さじ1〜2。ここにクミンとチリパウダーも入れちゃう。小さじ1杯ずつぐらい。弱火で香りが出てくるまで炒めたら、ベーコンぶつ切りとたまねぎのみじん切りを投入。さらに炒めます。
②だいたい油がまわったかなと思ったら、ここに豆の水煮と、トマトのぶつ切りを投入。トマトは湯通しして皮むきしておくと食感がいいのですが、まあ無理してやらなくてもいいかな。ホールトマト缶だったら手で潰しながら鍋に入れましょう。飛び散るから気をつけてね。
③ひたひたになるまで水を足し、あとは10分ぐらいぐつぐつ煮て、塩で味を付けて完成。

どう?超カンタンでしょ。トマトは湯通しして皮むきしておくと食感がいいのですが、ホールトマト缶を使用する場合は、手で潰しながら鍋に入れましょう。飛び散るから気をつけてね。できればブロックのベーコンを買ってきて、ぶ厚く切った方が断然美味しい!なるべく水分が少なくなるぐらいまで煮詰めた方が、それらしくて美味しいと思います。水分多いと単なるトマトスープになっちゃうので。
スーパーで売ってるトルティーヤをオーブントースターで温めてそえると、さらに「らしい」感じに。なければパンと一緒にめしあがれ。

 

西部劇にも登場する「チリコンカン」。豆類とひき肉をトマトで煮込んだこの料理、食料が決して豊富でなかった開拓時代のアメリカにおいて、一皿でしっかり栄養の取れ...
タコス、トルティーヤ、ブリトーなど。人気メキシコ料理の影に隠れ、なかなか口にする機会がありませんが、これもメキシコ人のソウルフード。肉や魚、チーズ、野菜を...
冷蔵庫を開けた時に、トマトしかない。でもお腹を満たしたいし、美味しいモノを食べたい! ここでは「しかない料理研究家」の五十嵐豪が、そんなニーズに応えます。...
世界とつながるためには、いろんな方法がある。旅行する。映画を見る。本を読む。そして海外で暮らし、働く。 でも五感をフルに活用すれば、もっとたくさんの「つな...
冬に旬を迎えるホタテ。寒くなるにしたがって身が分厚くなり、甘みも増しておいしくなります。このホタテの旨味をいっそう引き立たせてくれる組み合わせがトマト。イ...
まるまるとして、皮がパツンとはじけるように張った真っ赤なトマト。野菜のなかでもなぜトマトが好きなのだろうと考えてみたら、それはきっと、見ているだけで元気を...
冷蔵後を開いたら、買いすぎてちょっとだけ余らせた「野菜」しかない。そんなとき「お肉があればな〜」と悩む必要は、もうありません。ちょっとしたひと手間と、調味...
これは「スペッツァティーノ」という名のイタリアン。肉を切ってさっと煮込んだ料理という意味なのですが、これをマンマの要領でちゃっちゃとつくるのは、慣れていな...
冷製スープが美味しいこの季節。不動の人気ヴィシソワーズですが、フランス発祥と思い込んでいる人が意外と多いんですよね。このスープを開発したのはアメリカ在住の...
中南米は、「肉を食べる国々」というイメージがある。串に肉を刺したブラジルのシュラスコ料理、豚の臓物や豆を煮込んだファジョアーダ。アルゼンチンの牛肉の炭火焼...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
揚げてから時間が経ってしまったフライドポテトの残念さったらありません。ま、あれはあれで美味しいという意見もあるでしょうが。で、その残りものポテトでもおいし...
味覇(ウェイパァー)が鍵あなたは、味覇(ウェイパァー)という中華の調味料を知っているだろうか。日本でも、大きめのスーパーならたいてい売っている。真っ赤な缶...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
世界のコーヒー文化の多様性を知る手がかり、そのひとつが飲み方。はちみつ、シナモン、バター、レモン、塩、真っ赤に焼けた木炭まで入れる国もあります。では、数あ...
作り置き料理やおうちにあるものをアレンジすれば、あまり料理が得意じゃない人でも、簡単にピザやグラタンがつくれるんです。誰もが食べたくなるようなメニューとセ...
米・大統領選から約1週間が過ぎた11月16日。クラウドファンディングの大手「Kickstarter」は、プロジェクト登録できる国のリストに、新たにひとつの...
ここまで開放的なバンブーハウスは見たことがないし、正直、泊まってみたい。ビーチで波の音を聞きながら、しっぽりと乾杯してみたいものだ。しかもこのバンブーハウ...
BLTサンドとは、ベーコンで味付けされたトマトを味わうサンドイッチである。目にしたとたん、全身に鳥肌が走った。この一節は、ニッチな自身のBLTサンドイッチ...
食べ残ったパンが固くなってしまったときの、おいしい再利用法に「パンツァネッラ」や「チロラー・グルストゥル」がありますが、パン食がメインの国にはどこも同じよ...