米女性ライターが告白!「貧乳で良かった」と思う28の理由

ライター Laura Argintar氏が、自身の“スリムな胸”をカミングアウトした記事が「Elite Daily」で話題騒然です。同じ境遇の女性たちへの大きなエールとなったようで、コメント欄も大賑わい。なかには「年齢とともにたるむ心配がない」なんて意見まで。
女性のみならず、男性も読んでみて!

shutterstock_270532442

私の胸はデカくない。正直そのことはずっと気にしてきた。でも、一方で貧乳のコミュニティーとかにも参加したりして、なんだかんだ自分の小さな胸を楽しんでるのも、また事実。自分が貧乳だってことを受け入れてきたし、胸を美しく見せるためにストラップレスのブラやドレスを選んだりしているし、腕立て伏せだって欠かさない。
もちろん、巨乳の女性たちの美しさだって認めている。巨乳を批判しようとしているわけじゃなくて、ただ自分のが小さいからといって不満にも思わないってこと。この小さな胸と共に素晴らしい人生を歩んできたし、大きな胸と取り替えたいと思ったこともない。

胸の大きさで女性らしさは左右されないはずです。それに色気だって。実際、胸が小さいことで生活面で得することもたくさんあるんですよ。ここに挙げたものだけがすべてじゃないことは、世の中の貧乳女性たちがいちばん分かっているはず。

01.
会話中、男性の目の動きを
気にする必要がない

この世で目を見て会話をする行為は、スマホ越しと巨乳女性に対しては不可能なことのようです。でも、スリムな胸の女性には例外。数秒おきに視線が胸元へと落ちることなく、男性たちは、しっかり目を見て話をしてくれるでしょ。

02.
シートベルトの装着が楽チン

shutterstock_233776132

胸の大きな女性を苦しめる(らしい)のが、谷間の間を遮るシートベルト。結構、息苦しかったりして、女性にとっては心地いいものではないそう。男性と乗っていても胸が極度に強調されることもないし、車で送ってもらうとき、不意に彼のお父さんを興奮させてしまうなんてこともない。

03.
可愛い下着を選び放題

どこの下着屋に行っても、サイズが大きく変わるような心配もないから試着しなくたって買い物ができます。サイズ展開に悩まされることもないのもいいところ。胸元の面積の小さいブラを選んでも、私たちが着れば、ただ乳首を隠すだけの三角な布に見えたりしないしね。

04.
周りからの印象が
“真面目な子”

学生時代から軽い女と見られたことは一度もないはず。胸が小さいというだけで、周囲に尻軽だなんて印象は、まず与えないはずだから。彼氏の前で服をはじめて脱ぐときも、ヘンな期待をされずに済むから、楽な気持ちでブラが外せるのでは。

05.
むしろスポーツブラで
事が足りる

ブラとスポーツブラを両方つけている人をたまに見かけるけど、貧乳の私たちにはありえない光景。洗濯が多くなるだけなのに。

06.
食べ物がこぼれても
そのまま真っ直ぐ床に落ちる

shutterstock_139920826

周りから注目されながら、胸の谷間に落ちたポップコーンを拾うような、ヘンな気まずさを感じる必要もありまえん。口からぽろっとこぼれたって、真下に落ちるのが私たち。

07.
胸元の開いたシャツを着ても
やり過ぎ感がない

こっちはお洒落のつもり開いた服を着ているのに、過剰な反応を浴びる巨乳の女性たちには同情する部分も。でも、胸の小さな私たちなら、誰ひとり嫌らしい目で胸元をのぞき込んでこないでしょ。胸毛の生えた男性たちの方が、よっぽど注目を浴びるくらいなんだから。

08.
チビTがブラみたいに
見えたりしない

パツンパツンのタイトフィットなTシャツだって、本来あるべき姿でそのまま着こなせてしまうのが私たち。場合によっては、ちょっとだけ胸を大きくも見せてくれるしね。

09.
プッシュアップブラが
意外にフィットする

パットの分厚いブラを着けても、周囲から非難されるようなこともありません。ムリして詰め込んでいる訳じゃないから、着け心地も快適。さらにパットを加えたって安っぽく見えたりもしないしね。

10.
ジム・ジョギング
運動に集中できる

shutterstock_176107901 (1)

私たちの胸の最大のメリットは、運動に集中できること。ジムに行ったり、ジョギングするだけでもやる気を奮い立たせないとムリな上に、さらに自慢の胸が走るたびに、ちぎれそうなくらい揺れるのを気にしていたらキリがないのでは?

11.
ブラいらずで
解放感を満喫 !

はっきり言ってブラをしていなくたって、周りはまったく気づきません。あの締め付けを知らない、少女や男性たちのような解放感を味わうことだってできるもの。アンダーワイヤーに拘束されずに人生を楽しむことができるしね。

12.
パーツ単体ではなく全身で
スタイルを評価してもらえる

胸の大きいのは魅力かもしれないけど、人はそこにばかり目が行きがち。私たちの場合は、ウエストのくびれや、女性らしい曲線美だって魅力的に見せることができる。分厚いニットを着ていても、誰も四角い箱みたいだって揶揄しないしね。

13.
家族でバカンスも
不快じゃない

ビキニを着ていようと、お父さんやライフガードを挑発するようなことはないでしょ。あなたの個性的な体型は、砂でお城を作っていたとしても周りに何の違和感も与えないくらいに順応しているんだから。

14.
試着なしでも水着が買える

水着を選ぶときも、私たちへのメリットはたくさん。ちゃんと胸を支えてくれるか、カバーしてくれるか。むしろサイズ選びで迷う必要がないから、フィッティングの必要もないし、オンラインショッピングだって抵抗がないのでは。ポロリの心配などあなたには無用なんだし、たとえしちゃったとしても…、ねえ。

15.
肩こり・腰痛に
悩まされる必要がない

shutterstock_92466964

重い胸を支えるのに肩がこったり、腰痛に悩む心配も不要。胸の重量のせいで気が滅入ったりもしないしね(その分、お尻が重いけれど…)。

16.
鞄のストラップで
胸を二分することもない

相当食い込まない限り、メッセンジャーバッグがあなたの胸を真っ二つに目立たせるなんてことは起きないし、まるで鞄を背負った風船のように周りから見られることだってないの。

17.
エレガントなドレスは
貧乳女性のためのもの

どんなに露出の多い服でも、他人に不快感を与えずに着こなすことができます。胸のサイズで着たい洋服を我慢したり妥協する必要なんてあなたには皆無。ドレスって貧乳のために作られているんじゃないかって思うくらい。

18.
ムリなく、うつ伏せ
快適な睡眠生活

shutterstock_141932404

自分の胸が邪魔をして、うつ伏せで寝るのが辛かったり、ベッドと胸の間にヘンな空間ができることもないでしょ。好きな体勢で眠ることができるって幸せ。

19.
ボタン3つ開けても
アピールに思われない

ボタンダウンのシャツを着たところで、挑発的に見えたりなんてしない。あなたの思うまま、好きなように着こなせます。事実、ただのボタンダウンなんだし。

20.
「触っていい?」って
同性からの攻撃にあわない

女子のロッカールームで着替えることも、私たちにとっては朝飯前。周りの女子から「触らせて」攻撃にあわなくて済みますからね。あれって結構なストレスだと思うんです。モノ扱いされている感じで。

21.
周りから嫌な視線を感じない

道を歩いていたって、誰かの視線が胸に刺さることもないから、ヘンなことでイライラする必要もありません。「ほらほら、見て徳になるようなものないわよ!」みたいな感じでね。

22.
オンナは胸だけじゃない!
本質を好きになる男性もいる

shutterstock_135293156 (1)

女性を胸の大小で選ぶような男性はただの好色男。でも、あなたの胸のサイズも含めて、あなた自身を好きになってくれる男性だっているはず。そう、女性の魅力はなにも胸だって訳じゃないんだし。

23.
バストアップブラで
いかようにも変身可能!

胸が小さくたって全然平気。今の世の中、高機能なブラがいっぱい開発されています。ウォーターブラでもオイルカップでも、周りの目をごまかそうと思えばいくらでもごまかしが可能だしね。

24.
あなたのサイズが
売り切れることはほぼない

アメリカの世論調査で分かった、女性の胸の平均はEカップだそう。あなたとは無縁の世界だろうけど、悪く思う必要なんてひとつもありませんよ。下着のセールでは、たくさんの選択肢が残っているっていうことなんだから。

25.
彼の両親と会うのが
気まずくない

だって、何で彼があなたと付き合っているか、その理由が目に見えてあからさまじゃないからね。

26.
よっぽど暑くないかぎり
胸に汗をかかない

shutterstock_257457193

胸の下に汗をかいてしまうなんて悩みは、あなたは一生抱えなくて済むでしょう。ブラで蒸れるほどあなたの胸は立派じゃないけど、ダラダラたれる汗に比べたら、よっぽどマシかも。

27.
バスタオルがハラリ…
なんて、心配なし

お風呂上がりにバスタオル巻いて過ごしていても、うっかりほどけさせるような障害物はありません。家族の前でも100%安心していられますね。

28.
男性のカラダの上でも快適

アレのとき、男性の上に乗ってカラダを揺らしていても、いろんな意味で苦痛を感じないのが私たち。

Licensed material used with permission by Elite Daily

貧乳女子の強い味方になりそうな記事を「Elite Daily」にて発見しました。それは、自身も貧乳だと語る女性ライター、Laura Argintarさんが...
服を着る「手順」のひとつとして、毎日当たり前のようにつけている「ブラ」。でも、たまには外したまま出かけてみませんか?そう提案するのは「Elite Dail...
好きな人とベッドイン。でも、事を済ませるまでにはいくつかのハードルがある。その第一関門とも言うべきなのが「ブラを外す」ことではないだろうか。男性としては、...
2015年以来、女性の美の基準が変わり始めている。その代表例が「プラスサイズ」。すべての女性の体型を公平に扱おうという動きは、欧米のアパレル業界やメディア...
胸を締め付ける「ブラジャー」から解放されたい!そう思う女性は意外と多いみたい。今回、ノーブラ生活を勧めている「Elite Daily」のライターAshle...
このおしゃれなトラック、なんだと思いますか?実は、下着屋さんなんです。オンライン下着ブランド「True & Co」が行っている「Try-On Tr...
毎日着ける下着。着心地や素材など、こだわりを持っている人も多いはず。ライターのRebecca Endicottさんは「多くの女性はブラジャーに強いこだわり...
女性は謝ってばかりじゃない?…と憤っているのは「Elite Daily」の人気ライターLaura Argintarさん。この記事によれば、自分の言動を見直...
あなた今つけているそのブラ、本当に必要でしょうか?もちろんブラは女性としてのエチケットとも言えますが、今回「Little Things」の記事でライターの...
これまで「Thought Catalog」の恋愛系コンテンツや、セックスを題材にした記事の中に登場した「男性たちの本音」を、女性ライターNicole Ta...
「あなたにとって、完璧な体型ってなんですか?」イギリスの下着ブランドBluebellaが男女にこの質問を聞いたところ、両者の間で理想としている姿が違うこと...
バストが大きい。そんな女性たちが毎日抱えている悩みーー。その重大さを男性にもわかってもらおう!ってなわけで、女性用下着のなかでも、品質、デザイン、フィッテ...
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
ライターAshley Fern氏が、この記事で一番伝えたいことは「ワインこそが女性の最高の友である」ということ。女性がワインにどっぷりハマってしまう理由を...
息をすることすら忘れてしまう「忙しい日々」に追われれば追われるほど、つい「解放感」を求めてしまうもの。そこで「Elite Daily」のライターAlexi...
あなたが急遽、パーティーに参加することになったとします。背中が開いた服を着たいけど、ストラップが見えるのはちょっとイヤ…。 そんな時でも安心。パーティーや...
まるで、奇抜なファッションショーを見ているような気分。緑あふれる自然の中を、全身をカラフルに輝かせながらポーズをとる女性たちの異様な姿。人目をひくこの写真...
色鮮やかで個性的なドレスを身につけてポーズを取る、Emily Seilhamerさん。彼女のお手製なんですが、素材はちょっと意外なもの。何だか分かりますか...
初めてこのビジュアルを見た瞬間、思わず声が出てしまいました。「何コレ?」と。肩掛けタオル?でもなぜか絶妙に、胸がカバーされているし…。と思って調べたら、何...
サリーとグローブを身にまとい戦う女性、勢いよくクロールをするおばあちゃん、人種を問わず一緒に汗を流すダンスチーム…。この動画は一体なに?宗教・年齢・人種と...