エッチの最中にありがちな「12の気まずい瞬間」

Elite Daily」の女性ライターGigi Engle氏。彼女の包み隠さずセックスに言及するスタイルの記事はどれも大人気です。

その中から今回は、女性目線から見たセックス中の気まずい瞬間」を紹介。思わず「あるある〜」と共感してしまう女性も多いはず。

01.
洋服が上手に脱げない

Medium f93a50ae2b5b0773ed504e3ceee8f5ab140d1277

激しく大胆なキスを交わして気分が盛り上がってきた。さて次は洋服を脱ぐでしょ!となり、男性のパンツを降ろそうと、ベルトをゆるめるんだけどがなかなか上手くいかない。

あえて口に出すことはないけれど、流れがストップしちゃうから若干の気まずさを感じて、瞬間的に我に返っちゃうんです。

02.
心は準備OKなのに
カラダの準備はまだだった

ベッドインして「いざ!」ってときに限って、心と自分の大事な部分が、上手く連動しない──。これほどもどかしい瞬間って他にないかも!?
頭の中では「したい」って思っているのに、カラダが拒否反応起こしているんです。う〜ん、難しい。

03.
アゴが固まっちゃった!?

もちろんセックスで重要な要素ではあるけれど、口で舐めるのは女性にとって負担が大きいんです。
例えば、ほんの数分でも大きく口を開けっぱなしだと、アゴが固まっちゃうこともあるんだそう。

04.
なんだか急に
冷めてしまった

Medium d5d9c5d631fcae20fc1daf762722a965a6f80784

その気満々で裸になったものの、なぜだか急に熱が冷めちゃった。だけど、もう相手はその気になってるし、今さら「ね、待った。テレビでも観ない?」なんて言うのも、相手を侮辱するようで……。

結局ホンネを隠しながら、相手に気づかれまいと、ダラダラと行為に及ぶのがありがちなパターン。

05.
「あ、今日イケないかも」と
直感的に感じた

大好きな男性とであれ、相性のいい男性とであれ、必ずしも毎回絶頂を味わえるわけではありません。「私が気持ちよさそうにしている姿を見たい」という彼の想いは分かるけど、どんなに妄想してもダメなときってあるんです。

06.
恥ずかしい音が
出てしまったとき

この事実だけは最後まで隠し通したいという女性は多いはず。でもじつはこの「何のことだかさっぱり分からない」といった猫かぶりは、経験が浅いこと丸出しの行為。経験豊富な女性は「あ、空気が出ちゃった」なんておちゃらけて切り抜けられます。

07.
新しい体位に挑戦!
でも、さんざんな結果に…

Medium ddc5200f38513a208e3c02ee3a41c088af5e4c36

若い頃はみんな、あの手この手でいろんなポジションに挑戦しようとします。でも、熱中しすぎて結局はどっちかがカラダを痛めたり、場合によっては、痙攣を起こして終わることも。

まあ、それでも試してみることが大事です。何年か経って笑い話にできるならそれはそれでOK♪

08.
未処理のヘアに
ベタベタ絡まる!

男性のアレが入ってくると、興奮は最高潮に。出し入れの度にラブジュースは放出状態。最中こそ、快感が勝ってそのことを気にしないと思いますが、後で処理を丁寧にしないと、ヘアに絡まり面倒なことになります。

09.
え!?
つけたはずのゴムが、無い…

Medium ade47f6168036f92dc893554f6a78de9efda975c

たま〜にある、ゴム行方不明事件。「え?どこ行った?」なんて2人で慌てて探します。となると、一瞬で現実に戻ってしまうのは言うまでもありません。

10.
男性のアレが
なかなかシュッとしてくれない

女性のアソコが思うように潤わないことがあるように、男性のアレもうまく機能しないことがあるみたい。とっても魅力的な女性が全裸で横たわっていても、うんともすんともしないときがあるそうです。
彼の気持ちを察すれば「情けない」って感じるんだろうし、女性はどこかで「自分のせい?」と思うもの。でも、正解はどちらでもありません。

そんなときは一旦中断して、裸でアイスでも食べちゃえ!気まずかったことなんてすぐに忘れられます。

11.
燃えているときに限って
ふと、我にかえる瞬間

カウガールスタイル(騎乗位)で獣が乗り移ったみたいに腰を動かしたり、シチュエーションを変えては激しくカラダを揺らし合う。それを繰り返しているうちに、やがて体力的にキツくなると、ふと我にかえっちゃうんです。

12.
間違えて違うところに
入ってしまった

Medium ed6c2b2c26040a7c81046f89e73dd79a5a84cd6a

何を言わんとしているかは察しがつくはず。彼のアレが間違って、別のほうに・・・・・・。これがアクシデントなのかそうでないのか、正直分からない。
でも、実際はすごく興奮が冷める瞬間。女性からすれば思わず「ちょっと!」って声を荒げてしまう!?

Licensed material used with permission by Elite Daily
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
彼氏とのセックスレスに悩む女性はたくさんいます。きっかけは人それぞれですが、置かれた状況は同じと言えるでしょう。セックスの回数が多いのも悩みのタネになりま...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
どういうわけか、彼氏とセックスしたくない―。たまに、そう感じてしまうことはありませんか?きっとこの心境の背景には、これから説明する7つのことが関係している...
男性からみた女性のわがままは、大別すると2つ。「可愛い」と「困る」です。さて、あなたの彼氏はどんなわがままなら「可愛い」と感じるのでしょうか?1.何かに集...
好きな異性とのセックスは幸せなことです。そんなセックスをより充実させるために気をつけていることはありますか? 男女の価値観の違いもあることでしょう。ここで...
複数の人と同時に恋愛関係を築く。浮気とは一線を画す「ポリアモリー」という愛の概念に、アメリカで注目が集まりつつあります。「Elite Daily」が制作し...
恋愛の格言は無数にあるけれど、大袈裟すぎて納得できないものもたくさん。その点、「Elite Daily」のPaul Hudson氏の記事は、シンプル。難し...
異国の地アメリカの、女性あるある。それは「え、私って彼女じゃなかったの!?」。毎週末デートをして、確かな時間も過ごして(そりゃあやることもやって)付き合っ...
「大学に行ったら彼氏ができると思っていたのに、結局1回もできなかった!」もちろん勉強するために大学に行ったわけだし、充実してるんだけど、周りにカップルが増...
お互いに、簡単に会うことが叶わない国際遠距離恋愛を続けるには、かなりの覚悟と、無理をしない程度の努力が必要です。国際遠距離恋愛にありがちな悩みを上手に克服...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
どんなにいい恋愛関係にあろうとも、言葉で伝えることは重要!なはずですが…。まったく逆の意見、つまりは「会話の必要性がなくなる」と、持論を展開するPaul ...
人生どんな場面でも、結局最後は自分が可愛い。それが傷つかなくて済む理由だし、そのためなら保身だって。Paul Hudson氏に言わせれば、こうしたタイプの...
日本人の血液型の中でA型、O型に次いで3番目に多いのがB型です。飲み会や合コンなどでも格好の“ネタ”にされがちな血液型でもあり、一般的におおらかで気まぐれ...
いまの恋人に初めて口にした「I LOVE YOU」を憶えていますか?恋人とともに成長し、愛と絆を深めていく中で、ELITE DAILYの女性ブロガーが感じ...
いまの恋人に満足はしているんだけど、ベッドではなかなか満たされないの…なんてお悩みの女性にぴったりの記事を書いたのは、女性ライターのCaitlyn And...
遠距離恋愛で悩んでいる人、いませんか?距離が邪魔すると心が見えない気がして、不安がつのりますよね。遠距離恋愛をうまく続けるコツは、互いを思い合う気持ちと、...
ごくごく一般的に言ってAB型は、少し変わった性格の持ち主と位置付けられることが多いみたい。そんな典型的なAB型の彼女とうまく付き合っていくには…というのが...
最近、何かと話題の年下彼氏。頼りない? そんなことはありません。かわいくて一緒にいるとドキドキして、同い年や年上の男性よりも振り回されちゃう。恋を楽しむに...