科学者が「アーティストの遺伝子」を発見!?精神疾患と繋がりがあるらしい・・・

芸術家肌かどうかは、遺伝子でわかる?そんな調査結果が科学誌「ネイチャー」に発表されました。特定の遺伝子パターンを持っているかどうかで、アーティストの創造性を計ることができたと言います。

85singo_shutterstock_113055862

調査は86,000人のアイスランド人の遺伝子データを基に、精神疾患への影響について分析を行ったものでした。その結果、統合失調症や双極性障がい(躁うつ)などの発症リスクに関係している遺伝子パターンを発見。

さらに、そのパターンを持っているかどうかを、同国の公式団体に登録されているダンサーや作家、役者など芸術的感性があると判断できる人々と照らしあわせて検証しました。

すると、該当の遺伝子パターンを持っている割合は、芸術家の人のほうが17%高かったことが判明。同様の調査をオランダ、スウェーデンの35,000人を対象に行った際にも、その割合は23%とより高い結果に。

これらの結果から、芸術家肌の人は精神疾患の発症リスクが高く、その傾向が遺伝子パターンによってある程度判断できるということが今回の調査でわかりました。

創造性は生まれつき?

85singo_shutterstock_262282706

遺伝子パターンが創造性に関係しているなんてことを聞くと、芸術的感性が先天的なものなのかどうかも気になるところ。しかし、調査を行った科学者たちにとっても、創造性を定義することは難しく今回の結果が示す影響はとても限定的なものだと見解を示しています。

ちなみに、精神疾患と関連のある遺伝子パターンを持つ人々が、人と違う視点を持っているということは、様々な研究でもすでにわかっており、特に驚くような発見でもないというのが彼らの意見だそう。とは言え、その影響が芸術家達に共通しているという今回の調査結果は驚きの事実と言えそうです。

Reference:Nature

ビール会社が、より美味しい一杯を求めるのは当然のこと。ただし、ここで紹介するプロジェクトは、かなり異質なものと言っていい。なぜなら、ビールそのものではなく...
喘息(ぜんそく)が完治できるかもしれない。「サウサンプトン大学」の最新の研究調査で喘息の根本的な原因とみられる遺伝子が発見されたからだ。これまでの吸入ステ...
遺伝子組み換えの話題になれば、その対象が食であろうと生物であろうと、様々な議論を呼び起こします。そのなかでも注目されているのが「CRISPR-Cas9」と...
実は人が浮気をするのは、その人の性格…だけではなく、体内から分泌されるホルモンや遺伝子の問題でもあるのだとか。カナダのYouTubeチャネル「Asap S...
加齢と慢性疾患の関連性などを研究しているBuck Institute for Research on Agingがワシントン大学との共同研究でとんでもない...
2016年7月25日、ALS(筋萎縮性側索硬化症)の発症の原因となる遺伝子が新たに見つかったと発表されました。「Nature Genetics」に掲載され...
タコが食卓に並ぶことって全然珍しくありません。ここで紹介する仮説が正しいとなると、私たちは「エイリアン」を日常的に食べていたということになります。もしそう...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
遺伝子疾患で生まれた真っ白いグレートデーン。「きっと長くは生きられない」と獣医から告げられた日から、飼い主は子犬との別れの日までを映像に残すことに決めまし...
「時計遺伝子」って、聞いたことある?あんまり聞き慣れないよね。その名前から想像する通り、生物の体内には時間を管理する遺伝子が存在するらしい。いわゆる体内時...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
もしもあなたの上司が「クリエイティブに、かつ生産性を上げるんだ!」と無理難題を押し付けてきたら、この話を投げかけるといいかもしれません。あなたを援護射撃し...
いま、ガン治療の特効薬になる可能性を秘め、世界が注目している遺伝子がある。この遺伝子を最も多く持つのがゾウ。人間も含む動物のなかでも、「ゾウだけはほとんど...
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
他の人よりも明らかに旅をしている機会が多い人がいます。彼らを称して、“旅好き”とカテゴライズしてしまうのは早計。なぜなら、それは単なる欲求ではなく、遺伝子...
外務省の報告によれば、2015年1月ブラジルにおけるデング熱の感染者数はサンパウロ州だけで17,612人。前年度とくらべて8倍以上に増加したこともあり、州...
「家族」──という意味を、もう一度考え直してみたくなる。父と娘、祖母と孫、兄弟姉妹、なかには写っているのが2人の人物とは信じられないものも。受け継いだ遺伝...
ここに紹介する一風変わった写真は、鬱病と診断されたあるカメラマンが撮影したセルフポートレイト。この心の病を患うと、物事がどう見えるのか?これらの写真を通し...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...