あなたはどう見える?「目の錯覚」ってフシギ!

これは、YouTubeの公式チャンネル「AsapSCIENCE」で公開された動画です。たぶん、見た後は自分の目を信じられなくなると思います。早速どうぞ。

どっちの色が濃く見える?

下にある長方形の画像を見て下さい。あなたの目に見えているグレーの長方形の濃さは、一緒ですか?それとも違いますか?

A7c6e87c891a42fc8c91dc9084b2f297817166d5

恐らく、右側の長方形の方が色が薄いと感じる人が多いでしょう。でも、黒の長方形を除くと、以下の通り。

Af406aeb9e48372dcc5ca0f7362de8b225653169

なんと、2つのグレーは全く同じ濃さ。これは目の錯覚なのです。カラーの画像でも同じ。以下の画像の緑の長方形はすべて同じ色です。

33fa44eeecf6f96669aee568f2e47537edc0235f

続いて以下の画像の、AとBのブロックに注目してみて下さい。明らかにAの方が濃く見えますよね。

4d4de4d255964af28a3acaa5d221f71255bbbfbf

ですが周りの物を取り除いてみれば、実際は同じ色。一体なぜこのようなことが起きるのでしょうか?

201073e0ddf89ab3810ef434a8f3d9b5aa279439

このような現象は、「ムンカーホワイト錯視」と呼ばれます。この現象、実は非常に複雑。生物学と神経学が関わっていると考えられているのですが、未だ科学者も正確な理由を解明できていないとか。

8452db25cd545ec7b8e19fc0786e7c894103a479

私たちの脳は、色と光を関連づけて考えます。周囲の状況を見比べながら色を判断し、より効果的に状況を見ようとします。

6554b815d9141ec1aea71d6e2688de3855bef5f7

この作用によって、目の錯覚が起きてしまうのです。もう一度、下の画像を見て下さい。私たちは影が物体を暗く見せることを知っています。そのため脳がタイルの色に対する解釈を頭の中で補い、実際よりも色を薄く見せているのです。

3f91cc51e3251a3e09fadfa33d6087c9c701669d

分かりやすい例として、以下に一枚の画像を紹介します。真ん中にあるグレーの長方形の色が、グラデーションがかっているように見えませんか?ですが、やはりこれも一色だけで描かれた長方形です。

38a05df23fb2bd9197f4dad34412adb3ed2d60f9

背景を取り除いてみれば、はっきり分かります。背景の黒が目に影響を及ぼし、まるでグラデーションのように見せているのです。

29a9eb0b750fe203b0b5b0f592aab164249b49d9

どうです?これでもまだ自分の目を信じることができますか?

Licensed material used with permission by AsapSCIENCE
人間の目は、世界をそのまま見ているわけではありません。目から入ってきた光の刺激は視神経を通り、脳に伝達され、はじめて何らかの像を認識します。つまり「脳の認...
写っているのはふたりの女性。一見、特別な何かがあるようには思えませんが、その表情をみて「バケモノに見える」という人が続出。たしかに動画を見れば納得です。画...
目が見えない人の世界を想像しようとしてみても、なかなかうまくイメージできないかもしれません。まったく見えない状態で生活している人は、周りの情報をどうキャッ...
彼女の顔をぱっと見た瞬間、全身にビリビリと電流が走ったような感覚に。二度見したくないくらいの衝撃、でも……つい見てしまう。奇術のようなメイクを手がける韓国...
目が見えない人にとって、世界はどう感じるのでしょうか?そこで、今回紹介する動画がテーマにしているのは「色」です。「Cut.com」が今回チャレンジしたのは...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
美しさをどう捉えるのかは、人それぞれ。でも、目が見えない人たちにとっての「美」って、どんなものなのでしょうか。ここでは彼らの語る想いを紹介します。
他人の目や世間体を気にするあまり、本来自分の人生にフォーカスすべきはずが、いつしか周りにばかり注意が向いてしまっている。これが人生をつまらなくしている要因...
これまで見たこともないくらい、ポップでスタイリッシュな「だまし絵」が登場。目の錯覚を引き起こすのは、複雑な描写だけじゃないんですね。このまま額装すれば、部...
あなたは、今の会社で、はたらき始めたときのことを覚えていますか?不安と希望を胸に、あたらしい仕事に向き合ったときのこと。たとえば、誰よりも早く出社したり、...
ここ最近、けだるそうで死んだ目をもつ「死んだ目」をした男子が人気です。次から次に新しい「○○系男子」が出現しますが、「死んだ目男子」とは、とても褒め言葉と...
交際して3年も経てば、パートナーと本音で会話ができる反面、衝突や飽きがくるリスクも。そのため、カップルにとっては関係が続くためのひとつの「壁」と言われてい...
相手が笑顔なら、自然と自分も笑顔になりますよね。でも、視覚障がいがある人にとっては、相手が笑っているのかどうかに気づけずもどかしい思いをすることも。そんな...
人体には、想像できないようなとてつもないミラクルが詰まっているようです。ここでは、「I Heart Intelligence」の記事から、人間のカラダにま...
河口や浜辺に流れ着いた流木を見つけると、どうしても手にしたくなる。ほどよく朽ちかけ、丸みを帯びたその風合いは、年輪に変わる長い旅路を経た証。もしかしたら、...
パソコン、スマホ、テレビなど、仕事でもプライベートでもスクリーンを見る時間はどんどん増えていますよね。そんな暮らしの中で「目の疲れがなかなかとれない」とい...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家 「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる...
この動画の人物、誰に見えるでしょう? きっと、アルベルト・アインシュタインだと言う人が多いのではないでしょうか。でも、実はある条件によってマリリン・モンロ...
パソコンや読書で酷使した目をちょっとの間だけでもいいから休めたい。日々感じる、この切実な想いからようやく解放してくれそうなアイテムを発見しました。それが写...
この画像に何が写っているのか、分かるでしょうか?なんと、10人中9人が見えていないのだそう…。どうでしょうか?ちょっと目がチカチカしますが、見えない…とい...