残業が減らない人がやっている「5つのNG習慣」

時間をムダ使いしているとわかっていても、無意識のうちに余計な行動をとってしまうってことありませんか?そんな、ムダをなくすためには、“遠回りな行動”について自覚することからはじめましょう。

ここでは書籍『なぜ一流は「その時間」を作り出せるのか』から、その5つの行動を紹介します。

01.
気づいたら
ネットサーフィンしている、
食べ過ぎている

how-to-use-time4

人は自らの行動を見直すとき、2つのパターンが存在すると行動科学マネジメントは定義しています。それは、「不足行動を増やす」と「過剰行動を減らす」です。前者は、たとえば「英会話を学びたい」といった「良い行動」を増やそうというもの。後者は「気づいたらネットサーフィンしている」「食べ過ぎる」といった「悪い行動」を減らしていくもの。まずは、身近な「悪い行動」を自覚しましょう。

02.
イヤな仕事から逃げたくて、
簡単な作業に手を出す

面倒な仕事があってなかなか重い腰が上がらないときに限って、関係のない資料を読んだり、メールチェックを始めてしまうって経験ありませんか?こうした余計な行動、つまり「ライバル行動」を封じ込めるにはどうしたらいいでしょうか?一番確実な方法として、それを誘発するものは、目の届かないところに置くこと。ライバル行動に手を出すと、その瞬間は満足感を得られますが、結局、面倒な仕事は先延ばしされ、あなたを苦しめることになるのです。

03.
部屋、デスク、カバン…
身の回りが散らかっている

how-to-use-time4

モノを探している時間ってもったいないと思いませんか?それならば、身の回りを片付ける癖をつけちゃいましょう!片付けを阻む「ライバル行動」を封じ込めるためには、なにをどこに置くかを決めてしまうこと。考える間もなく「そこにしまう」を習慣化してしまえばいい。使用頻度が高いものから順に、手に取りやすいところに置いていきます。上司に「あの書類、すぐ出せる?」と聞かれて、即座に渡せれば印象もアップ。「片付ければ良い結果が得られる」という実感をつかんでいきましょう!

04.
“予定のために時間を空ける”ではなく、
“時間ができたら行動する”

映画やライブを観に行くのが趣味のAさん。忙しい合間をぬって、なんとか時間を作り出せても、なぜか「時間が合わない」という理由で実行できていません。これは、相変わらず「やりたいこと」ができない典型的な例です。ここで大事なのは、時間ができてから「これをしよう」ではなく、「やりたいことをやるために、いつ時間を空けるか」を先回りすること。つまり、ほかのスケジュールを組む前に、「やりたいこと」の予定を入れ込んでしまうのです。

05.
急に入った予定に流されて
プライベートが後回しに

how-to-use-time4

「今日から1日30分、英語を勉強しよう」と決めたのに、仕事や用事に押し流されて、結局できずじまい。この場合、先延ばしになったのは「自分の意志が弱いから」でしょうか?いいえ、意志とは関係ないのです。本当に問題なのは、いつ、どこでやるのか、具体的な計画に落とし込めていないことです。「明日の朝は勉強しよう」であれば、前日の残業は適度に切り上げる、「ランチタイムを使おう」であれば、同僚の誘いは断ることです。

なぜ一流は「その時間」を作り出せるのか

なぜ一流は「その時間」を作り出せるのか(著:石田淳)

「どんな人が試しても、同じ結果を引き出せる」と全米の一流企業で話題になったマネジメント手法を日本人向けに改良した「行動科学マネジメント」の第一人者が、科学的かつ具体的な“時間の増やし方”を伝授。

「営業は大変なもの」「嫌なことを我慢するから成績が上がる」というのは本当でしょうか?答えはNOです。私は、ある日を境に、やりたくない営業や苦しいことを克服...
「仕事をサクサク終わらせるのは難しい」。そう思うかもしれませんが、じつは悪い習慣を断ち、良い習慣を身につけることで、意外と簡単に身につけられるケースも多い...
現代社会は価値観が多様化し、様々な考え方が認められている。言い換えれば、一般的な視点から見れば非常識と思えるようなこだわりを持っている人も多い。しかし、そ...
あなたのまわりには仕事がはやく、上司や周囲の評価が高い人はいませんか?仕事がはやいことは、多くの業務をこなすうえで欠かせないことですので、仕事ができる人の...
たくさんのことをいっぺんにやろうとし、優先順位はぐちゃぐちゃ。しまいには時間がかかるタスクが最後まで残っていて、残業するハメに...。そんな効率の悪い働き...
「仕事が楽しくない」と嘆く人は世の中にたくさんいます。けれど、そういう人は「楽しもう」としていないだけ。ちょっと工夫をするだけで、仕事で得られる幸福度は格...
成功に近づくためには、毎日の習慣が大切です。「Inc.com」のライターNicholas Coleさんは、充実した毎日にするために「今すぐやめるべき12の...
「私はポジティブな習慣の力を強く信じています」。そう語るのは、「Inc.com」の人気ライター、Nicolas Coleさん。大切なのは、夢の実現に向かっ...
ここ数年、いたるところで目にするようになった「生産性」っていう言葉。「生産性を上げるには?」「優秀なあの人はなぜ生産性が高いのか」なんていう記事を読んだと...
普段何気なくやっている行動が、あなたの幸せを遠ざけている。そう指摘するのは米メディア「Power of Positivity」。がむしゃらに働いたり綺麗好...
生きていると「世の中は平等ではない」と思うこともありますよね。周りは幸せなのに、なんで自分だけ上手くいかないんだろう…と。でも、嘆くより前にやるべきことが...
「今から10年前、26歳の私は『人生のどん底期』にいました」そう語る安藤美冬さんは、大手出版社に新卒入社したあと、人間関係や仕事につまずき、ストレスから体...
1日24時間。それは誰にとっても同じことなのに、使い方が上手な人と下手な人がいるのはどうして?ここでは、書籍『なぜ一流は「その時間」を作り出せるのか(著:...
「仕事も終わった。さて、プライベートタイムだ♪」とはいえ、翌日に向けてのエネルギーを養う時間でもありますから、適当に過ごすだけじゃいけません。美LIFEク...
昨日と同じ仕事なのにはかどらない、じっくり丁寧に作業していたら上司に注意されたなど、自分の要領の悪さにイヤになってしまう…。実は、仕事というのは定型化して...
結婚カウンセラーとして活躍するCarin Goldstein氏。数多くのカップルの失敗例も見てきた彼女だからこそのアドバイスがこちら。女性は「夫の気持ちを...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
夢を思い描くことは大切なこと。もちろんそればかりじゃいけないとわかってはいます。では、頭の中にある理想を実現するために一体何が必要なのでしょう?そのヒント...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
大勢の人がコピーする「マニュアル敬語」、ちょっとおかしい「コピペ語」など、周りの人の言葉づかいにつられ、あなたもつい使ってるのでは?ここで、流行語化した語...