3つ当てはまったら有給申請。仕事を休んででも、思い切りリフレッシュすべき「22のサイン」

Elite Daily」のライターAshley Fern氏が「休暇を取るべきサイン」をまとめています。週末の休みはあれど、それだけでは日々の疲れはなかなか取れないもの。これらに当てはまるあなたは、そろそろ仕事を休んでリフレッシュするタイミングかもしれません。

01.
美しい景色は
映画でしか目にしない…

365126369

海外の映画を観て、旅行に行ったような気分になったとしても、実際には何も経験できていません。休暇を取って、自分自身で体験するのです。

02.
「オシャレ心」はどこへ?
ネイルのケアがおろそかに

日々の仕事に追われて、自分へのご褒美も忘れてしまってはいませんか?もし、「オシャレ心」がなくなっているようなら黄信号!

03.
太陽のあたたかさなんて
忘れてしまった

It's time to face the world

働きづめで、輝く太陽の暖かさすら忘れてしまったのでは?存分に暖かい日差しを楽しみましょう。

04.
埃を被ったままの
サングラス

サングラスをかけて、眩しい日差しの下でゆっくりと休む…そんな夢は叶わぬまま。忙しい毎日に追われてサングラスを使う暇もないあなた、休暇を取るなら今!

05.
スーツケースが旅用ではなく
クローゼット代わりに
Woman Kneeling On Overstuffed Suitcase

旅ではなく、「クローゼット」の代わりにスーツケースを使うのは、ある意味では賢い方法。でも、あなたにとってもスーツケースにとっても不本意なはず。スーツケースは、旅で使ってこそ本当の価値が出るのです。

06.
同僚に休みを勧められる

同僚から休暇を取るように勧められたら、素直に従うのがイイでしょう。あなたが仕事に集中できてないことに気付いているのかもしれませんよ。

07.
お酒を飲んだのは
数ヶ月前

317935109

ときにはお酒を飲んで大騒ぎする時間だって必要。思い切りお酒を飲むことだって、休暇の楽しみのひとつです。

08.
学生時代の友人には
卒業以来会っていない

学生時代の友人と連絡を取っていますか?卒業以来会っていない、なんて人もいるでしょうね。

もしそうだとしたら、久々に友人と集まってみるのもイイかも。昔に戻ったかのように、楽しい時間を過ごしてリフレッシュしましょう。

09.
数年間にわたって
長期休暇がない

295782335

数年間も同じような仕事をし続け、気づけばちゃんとした休暇を取っていない…。そんなこと、あってはいけません。今すぐオフィスを出て、ビーチへ向かいましょう。

10.
周囲はみんな結婚…
自分には相手すらいない

いつの間にか周囲の友人は結婚している。でも、自分にはまだ相手すらいない。そのままではピンチです。たまには仕事を休んで、恋愛のための時間を確保しましょう。

11.
お気に入りの水着が
クローゼットで埃まみれ

06105

海ではしゃぐために買った、お気に入りの水着。今では「どこにあるかもわからない!」、なんてことになってはいませんか?クローゼットの奥底に眠ったままではかわいそうですよ。

12.
どれだけアラームが鳴ろうと
一向に目覚めない

毎朝、アラームのスヌーズ機能を何度使っても、まったく起きられない。そんな人は要注意。体に疲れが溜っているため、休息が必要でしょう。

13.
美味しさに感激したのは
遥か昔のこと

000082783149_Large

おいしい料理やお酒を楽しんでいたのは、遥か昔のこと。もしかしたら学生時代を最後にそんなことしていないかも…なんて人は、もう一度、素敵なカクテルを飲みに行きましょう。

14.
仕事に対して
真剣に向き合えない

休みがほしい…。いつもそんな気持ちでいるとしたら、仕事に対してやる気を出すことなんてできないはず。そのモヤモヤを解消して、また真剣に仕事と向き合うために、休みが必要なのです。

15.
そういえば…
まったく日に焼けてない

_234668074

自分ではなかなか気づかないかもしれませんが、忙しさのせいでゆっくり外出する暇もないため、日焼けだってしていません。

自分が不健康そうに見えはしませんか?そんなときは、思いきって休みを取り、まったりとビーチに寝そべってみて。

16.
潮の香りが恋しい

仕事ばかりでビーチに行く時間もない。「潮の香り」が恋しいのではないでしょうか?その香りを懐かしく思ってしまうようではダメ。今すぐ休みを取るべきです。

17.
泳ぎ方すら
忘れてしまいそう

長期間休みを取れない日が続くと、泳ぎ方すら忘れてしまいそう。もしかしたら、海で泳ぐことが少し怖いとさえ思ってしまうかもしれません。

18.
日課は、毎日16時に
3杯目のコーヒーを飲むこと

16270949

そんな仕事漬けの日々にサヨナラ!オフィスから離れ、どこか遠くへ出かけましょう。仕事から離れられるなら、場所はどこでもイイのです。

19.
朝から思いきり
お酒を飲みたい!

休暇のメリットのひとつは、いつお酒を飲んでも問題ないこと。そう、朝からお酒を飲み贅沢を楽しんだって構わないのです。

20.
髪の毛のカラーで
ごまかしてない?

47023724

髪の毛を日焼けしたような茶色に染めたってムダ。髪で取り繕っている場合ではないのです。

21.
お金は口座に溜まっていく一方

お金は使ってこそ意味があるもの。貯めてばかりでは、何の価値もありません。休暇を取り、思いきりお金を使いましょう!

22.
SNSは完全に“見るだけ”

67852012

最近、SNSは見るだけで投稿していない?それは、楽しいことにまったく時間を割いていないため。「公開したい!」と思うような、素敵な思い出を作るのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

仕事モードから抜け出して、バケーション気分に浸りたい。でもなかなか予定を組むのが難しかったり、予算的に余裕がない、なんてこともあります。そこで提案したいの...
飼いはじめたばかりのペットが新しい環境や家族に慣れるには、それなりの時間が必要ですよね。とくに日中、家で独りぼっちになる時間が多ければ多いほど、心配事は尽...
仕事が忙しいとき。人間関係などで嫌なことがあったとき。ああ、気分転換したいなぁと思うことってありますよね。そんなときに使える、おすすめの気分転換の方法をご...
いかに休息を取るか。これは日々を忙しく過ごすビジネスパーソンにとって、永遠の課題。心身ともに疲れた状態では、何事もうまくいかない。ここでは自著『超一流の超...
新生活がひと段落し、疲れも出てくる頃。思い通りの人生を歩めているか、疑問に思うタイミングもありますよね。そんな時参考にしたい5つのサインを「Higher ...
「Talent Smart」社の共同創設者、トラヴィス・ブラッドベリー博士は「ネットフリックス」社の文化を分析しています。同社は、社員が好きなだけ休暇をと...
Google、Amazon、Netflix、Facebook、世界を牽引するハイテク企業が集まるシリコンバレー。いま、各企業が最も力を注いでいるもののひと...
どうしても仕事に行きたくない朝。あなただったらどうしますか?重い足を引きずって泣く泣く会社に行く人もいれば、ウソも方便と1日だけ休んで家でゴロゴロしちゃう...
「ドイツ人は働く時間が短く、生産的!?」おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知ら...
もちろん休暇を取らなきゃいけないし、お金だってかかる。ほかにも悩みは尽きないけど、「旅」にそれ以上の価値を感じている人は多いもの。世界を周りながらトラベル...
体調が悪い…と自分で感じたとき、あなたは真っ先に何を考えますか?「無理せず会社を休んじゃおう」でしょうか。それとも「体にムチ打ってでも出社しなければ」かも...
毎日決まった仕事をこなしていると、慣れてしまうせいか、当初のワクワクを忘れてしまいがちです。やりがいを感じないまま仕事をしていると、「果たしてこのまま続け...
働きながら、自分の時間をどうやって確保するか。 誰だって一度は考えたことのある問題だと思います。「忙しいうちが華」なんて言葉もよく聞きますが、価値観の多様...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
「Power of Positivity」で紹介されているのは、人生の転換期を迎えているサイン。記事によると、どうやらほとんどの人は、人生の舵を切るタイミ...
自分の「疲れのサイン」に気づいていますか?疲れは知らない間にたまってしまうもの。自分ではまだ大丈夫、と思っていても、予想以上にたまっていることだってあるん...
ヨーロッパでポピュラーなLCCのひとつ、ライアンエアーには、世界中から注目されているパイロットがいます。彼女の名は、マリア・ペターソン。Instagram...
2016年1月9日に、米国企業「Basecamp」社のジェイソン・フリードCEOが、ブログで同社スタッフの福利厚生をズラッと紹介したのですが…ま〜羨ましい...
「自分には○○がないから(○○を持っていないから)できない」といって、「リソース(資源)不足」を言い訳にしていませんか?そういった逃げを積み重ねると、大き...
仕事がまったく楽しくない。上司にはガミガミ怒られてばかり。ロボットのようにタスクをこなすだけの毎日。そんな悩みに苦しんでいるとしたら、今の仕事は「辞めどき...