子どものTV出演の条件に出された「4つの質問」。あまりの残酷さに、涙を流す親も・・・

TV番組のオーディションに集まった、数組の親子たち。じつは、この企画には、ある秘密が隠されていました。

オーディションで親たちに
投げかけられた4つの質問

子どもたちのオーディションが終わった後、今度はお父さん、お母さんへの質問です。

ad-animal-2

今まで何度もテレビやカタログなどに起用されているわ

最初はごくごく普通の質問から。しかし、最後の4つの質問に親たちは皆、不満を隠せません。

Q.01
お子さんを2日間
預かってもいいですか?

ad-animal-4

親無しで2日間?

まだ小さな子どもを親から2日間も離すことに、動揺するお母さん。

Q.02
撮影のために前日は
ご飯を抜いていいですか?

ad-animal-4

まだ子どもなんだよ!食べなきゃダメだろう

驚いた様子で答えるお父さん。

Q.03
必要に応じて、子どもの歯を抜いても
問題ありませんか?

ad-animal-5

いいや、問題はあるね

ad-animal-6

そんな契約には同意できない。広告のために我が子の歯を抜くなんて

スタッフの質問に、親たちはどんどん不信感を募らせます。

Q.04
子どもが言うことを聞かない場合、
電気ショックを与えてもいいですか?

ad-animal-7

子どもに電気ショックですって!?

ad-animal-8

悪いけれど、これは報告されるべき問題だわ。なんてこと言うのかしら

ad-animal-9

今まで広告業界で働いてきたけど、こんなこと言われたの初めてよ

この質問には、どの親たちも驚いた様子。涙目になりながら質問に答えたお母さんは、急いで子どもを連れて帰りました。

ad-animal-10

あらためて、4つの質問をまとめてみてみましょう。

1.子どもを2日間、親から離して預かること。2.撮影のために、前日は子どもにご飯を食べさせないこと。3.必要に応じて、子どもの歯を抜くこと。4.子どもが言うことを聞かない場合、電気ショックを与えること。

オーディションの秘密とは?

実はこのオーディションは、スペインの動物保護協会FAADAが、広告に起用される動物たちの状況を訴えるために企画したもの。
これらの質問は、実際にテレビや映画に出演している動物たちに行われたことがあるものだとか。

ad-animal-11

TVや映画に動物が登場するのは、決して珍しいことではありません。しかし、その動物たちは、辛い想いをしているかもしれません。

実際の動画はコチラから。

この他にも、動物の虐待に関する記事をいくつか紹介しましょう。

【閲覧注意】生きたまま皮を剥がされ「泣き叫ぶ」ウサギ。その理由わかりますか?
【衝撃映像】棒で殴り殺され、生きたまま毛を剥がされる「赤ちゃん」アザラシ。犯人はもちろん…

Licensed material used with permission by FAADA

「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
あなたはこのドレスを知っているだろうか?青と黒に見えるか、白と金に見えるか?で話題になった画像だ。There's a scientific explana...
デビッド・ベッカムは、大のタトゥーフリークでもあります。ただし、その刻まれた数々のタトゥーは、彼の愛する妻や子どもたちの名前、大切な家族を表していると言い...
TABI LABOでは、月に一回「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催しています。今回は「ReTHINK TV」と題しまして、...
パパママ向けの育児情報を発信する「Parent Co」から、ママさんライターSara Goldstein氏の実体験に基づいた記事をご紹介。彼女、息子との会...
テクノロジーの進化は私たちをいろんな面から解放してくれます。ひとつは「ライフスタイル」。 固定電話からモバイルになったことでいつでもどこでも連絡が取れるよ...
「親が愛してくれたように、あなたは親を想っていますか?」これから紹介するのは、そんなメッセージから始まる、とあるドキュメント映像。親子に同じ質問をしてみた...
お金持ちの家で壁に飾られている動物の「剥製」。実際には見たことなくても、映画やドラマの中で象徴的に映し出されているシーンはイメージできるのではないでしょう...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
ひたすらに純粋無垢。ファンタジー溢れる。ピュアで胸キュン。これらの写真の良さは色々な言葉で表現できます。が、正直言うと、あえて説明する必要もない気がしてい...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
ただ壁にかけられた状態ではよく分からない三角のオブジェですが、スイッチをオンにすることで、完成します。なんだかとてもファンタジーですね。このように、羽を広...
まっすぐこちらを見つめてくるホッキョクグマの赤ちゃん。その瞳に釘付けです。このかわいすぎる写真の作者は、バルセロナで活躍している写真家、Yago Part...
「愛する子どものために、いつだって素敵なママでいたい」。そうは思っていても、忙しい日々の中ではイライラしてしまうこと、ついつい声を荒げてしまうことってあり...
ひと際目を引く、動物をモチーフにしたこちらのペーパーランプ。じつはこれら、日本の「折り紙」にインスパイアされているアイテムなんです。この動物ランプを作った...
もし、子どもが作った作品が名前のない状態で展示されていたら、親は気づいてあげられるでしょうか?また、その結果に子どもはどう反応するのでしょうか?ここで紹介...
過激な社会実験をYouTubeに投稿する「Joysalads」。小さな子を持つすべてのパパママに向けて、今回の動画を発信しています。他人事と思わずに観て欲...
夢の中の自分が泣いていた…。何か不幸の予感のように思えますよね。ところが、実際はその逆でなく夢は「吉夢」、つまり幸運の予兆。夢の中の涙の意味を解明していき...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
近所に捨てネコがいる。「キキ」と勝手に名付けてかわいがった。子ネコだったキキも2年たった頃にうれしい出来事があった。赤ちゃんを産んだのだ。毎日のように子ネ...