結婚すると、じつはとても面倒な「7つのこと」

日本ではいまだに、適齢期を超えても独身でいると、周囲からの視線が厳しくなる傾向があります。たとえ、キャリア的に成功していても、どこか哀れな目で見られたり、負け犬扱いされたり…。

でも、独身でいることのメリットだって、意外と多いものです。 男性誌「The Acquiring Man」の編集者Jason Anthony氏が「Elite Daily」に寄稿した記事で、独身のメリットを綴っていたので紹介しましょう。

01.
旅行も、観たいTVも
我慢するハメになるだろう?

シングルは自分の声にのみ耳を傾ければいいんだから、自分が“本当に”したいことができる。

スペインに旅行に行きたい?すぐ予約してしまおう。新しいドラマを一気に観たい?スケジュールを全部空けて、家に引きこもってしまおう。

02.
食事のメニューから
大げんかに…

言い争いやコミュニケーションによるトラブル、決断ミスは避けたい。「何食べる?」などという会話のあと、つまらない食事をすることもなくなる。とりとめのないことや意見の食い違いでバカにされることもない。

そうしたストレスを減らすメリットは、非常に多いはずなんだ。

03.
下心はないけどね

独身でいるということは、多くの人に出会ったり、デートできるということ。つまり、世界中が対象だ。

アプリを使えば、日常生活で出会えないような人と巡り会うのも簡単な世の中になった。もちろんスーパーやショッピングモール、散歩中にだって出会いのチャンスはある。友人も次々と誰かを紹介してくれるので、本当に出会いに困ることなどない。

たとえデートが散々でも、友人にその話をすれば盛り上がる、というおまけつき。

04.
セックスも自由だ

人にとって、セックスは空気や水と同じくらい大切なもの。

あなたは恋に溺れる「ハネムーン期間」を知っているはず。セックスの回数も質も最高で、どこでだってカラダを重ねる時期。でも時間が経つにつれて、それを継続するには努力が必要になる。

独身なら、セックスを義務的にこなす必要などない。

05.
家事に「点数」を
付けられることもない

独身なら、すべてをひとりでこなす必要がある。掃除、洗濯、買い物、料理、仕事、その他もろもろ。

家計と人生は、すべて自分で管理する。日々のタスクを分担することも、どちらが何をしたかと点数をつけることもない。

「自立」はとても魅力的だ。

06.
嫉妬や独占欲から
関係にヒビが

これはシンプル。結婚していなければ、相手との相性が悪いからといって、別れの心配をする必要もない。

嫉妬や独占欲がふたりをダメにするんだ。独身なら、そんなバカげたことに我慢する必要がないのだ。

現代の離婚率の高さを考えてもらえば、僕の言っていることも分かってもらえるはずだ。

07.
自分の幸せが
「相手次第」になる

幸せは自分次第、でありたい。自分自身の力で落ち着きと達成感を見つけられることに意味がある。

独身であれば多くの機会があり、ひとりの時間や考えごとも楽しめる。誰かや何かに幸せを委ねると、ガッカリしてしまうこともあるだろう。

ひとりなら「本当の自分」に気づくこともできる。そこから「理想の自分」になるための決断をするのだ。

誰かと一緒に過ごすなら、あなた自身をより成長させられる関係であるべきだ。

Licensed material used with permission by Elite Daily
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
「2分に1組」が離婚をしている?厚生労働省の「人口動態調査」によると、平成23年度の離婚件数は約23万5千組。これを時間で表すと、およそ2分に1組が離婚を...
結婚はとてもおめでたくて、ハッピーなものだ。けれど、これから長い人生を共にするのだから、決断する前には色々なことを考えなくてはいけません。そこで今回は、N...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
「YourTango」の女性ライター、Liz Pardue-Shultzさんが綴った自身の結婚についての経験談が、話題を集めています。以下に彼女のコラムを...
近年の日本は、晩婚化が進んでいるといわれています。女性の社会進出はもちろん、結婚するよりも独身の方が、生活がラクに感じる。という人も多いはず。それでも、や...
結婚を決意するのってどんな時?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。映画のストーリーや両親の経験談だろうか。たとえば、こんな話を聞いたことがある...
男と女という生き物には、根本的に「違い」があります。きっとお互いにわかり合えないことも多く、心が離れてしまうこともあるでしょう。どうしたら良好な関係を築き...
ひと月後に結婚を控えたカップルが、特殊メイク技術によって、老後の自分たちの姿に変身。徐々に老いていくパートナーを目にしたとき、ふたりの心にある変化が訪れま...
大人の男を代表して、男性が心の底から求める女性の特性をまとめ上げたのは、ライターAnthony D'Ambrosio氏。30歳独身。日本でも、そろそろ本気...
「お互いの足りない部分を補い合える」結婚相手の条件として、このポイントを重視する人もいるかと思います。が、実はそんなあなたにピッタリの結婚指輪がありました...
「夫婦は、生活を共にするもの?」「Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れている...
若いうちに結婚したい!と思っている人は少なくないはず。でも、過度な期待は禁物かも。ちゃんとネガティブな側面も理解していますか?18歳で永遠の愛を誓った、K...
「男性なんて追うべきではない」独身女性にそうメッセージを送るのは、ライターSheena Sharma氏。ほかでもない彼女もシングルだからこそ、その言葉が説...
遠距離恋愛は、長続きしないと思っていませんか?でもじつは、隠されたメリットも多いのです。「Elite Daily」のライター、Anaiesさんが自らの経験...