「動物実験は不要になる!」マイクロチップ型人工臓器が、製薬業界に革命を起こす!?

2015年6月、ロンドンのデザインミュージアムが「デザイン・オブ・ザ・イヤー」に選出したのは、医療用デバイスであるマイクロチップ型の「人工臓器」だった。

ハーバード大学ワイス研究所が開発したチップは、人間の生きた細胞の組織構造を真似て、理論上全ての臓器の機能を再現することができる。これを使えば、医薬品のテストや、成分の特定が素早くできる上に、製造コストが飛躍的に下がると言われている。

ここではその驚きの機能を幾つか紹介したい。

01.
動物実験よりも
コストが安く精度が高い

85singo_design-of-the-year-2015-design-museum-human-organs-on-chips-donald-ingber-dan-dongeun-huh-designboom-01-818x506

これまで医薬品などのテストには、主に2種類の方法が使用されてきた。1つは培養した細胞を用いるもの、もうひとつは動物での実験だ。しかし、培養細胞の反応と、体内の細胞とでは動きに違いがあった。

一方、動物実験はというと、より詳しい内臓や組織の反応を見ることができるが、やはり人間とは違う反応を見せることがある。その点、このチップを使用すれば人間の臓器の動きと同じ環境下でテストを行うことができ、しかも臓器ごとの反応が見えるようになるというわけだ。

02.
チップを連結させて
人体を再現できる

85singo_organ-338x219

さらに驚きなのは連結させて同時に反応を見ることができる点だ。未だ全てのチップが完成しているわけではないが、チップは心臓、肺、腎臓、肝臓、骨などそれぞれを再現できるようになる予定。これはつまり、一つひとつを連結させることで人体全体の動きを同時に観察することができるようになるということ。

つまり、3Dプリントで臓器を生み出したり、生身の人体実験を行うこともなく、それと同じような効果を得ることができるのだ。

03.
個人に合わせた
薬品づくりが可能に

85singo_スクリーンショット 2015-07-05 19.27.03

これが実現すれば、薬品などの人体への影響をより正確に知ることができるだけでなく、個人の細胞ごとの反応を確認することも可能になる。

例えば、手術前になにを投薬したらどんな反応が現れるのか、それが事前にわかるようにもなるだろう。開発チーム曰く、皮膚チップを使用すれば、どんな化粧品が肌にいいのかもハッキリとわかるようになるそうだ。個人によって性質が全く違うデリケートな分野にも応用ができそうだ。

その他、候補にあがっていたGoogleの自律運転車両などをおさえて受賞を勝ち取ったこの「Human Organs-on-Chips」。多くの人や動物の生命を救うきっかけとなる、非常に影響力の大きい発明と言える。

デザインミュージアムのディレクター、Deyan Sudjic氏は建築やデザインに関する情報を紹介するwebサイト「designboom」でこう語っている。

「デザインアワードにおいてひとつ重要なのは、このミュージアムを新しい領域へと連れだしてくれるかどうかでもある。このチームが創りだした製品は、これまでの伝統にはなかった分野だ。しかし、それはデザインとして明らかに素晴らしい。問題を真剣に捉え、優雅に、かつ経済的に解決している。彼らは気づかぬうちに生命を象徴するようなものを生み出してしまったのだ。それも、美しくだ」

 

Licensed material used with permission by Wyss Institute at Harvard University

2016年2月12日、人間の細胞をもとにつくられた小型の脳が開発されたと発表されました。人間の細胞から作られてるため、より正確な化学実験が行えるというのが...
医薬品などの開発現場で毒性検査に用いられる動物。より人間に近い結果を得るため、中型犬による実験が世界各地で一般的に実施されている現実があります。その代表が...
その手法に賛否両論あるものの、毎回過激なメッセージングで動物愛護への問題提起を投げかけるPETA(動物の倫理的扱いを求める人々の会)。今回も、ロンドンを舞...
マサチューセッツ総合病院の研究チームが、移植に適した人工の手足の開発に向けた“最初のステップ”をクリアしたと発表した。これはロボットアームなどのインプラン...
イギリスの国民保険サービス(NHS)が、人工血液の実用化に向けた臨床試験を2017年までに開始すると発表した。NHSは、これまでも成人ドナーの骨髄から採取...
臓器移植。他の治療方法では回復できない場合に取られる「最後の手段」であることが多く、多くの患者がドナー提供者を待ち望んでいる、というニュースなら一度くらい...
まるで吸い込まれそうなほど美しい、オーロラ。でもじつはこれ「Borealis(ボレアリス)」と呼ばれる、人工で作られたものなんです。本物のオーロラは、アラ...
カラスの賢さは、すでに誰もが知るところ。では、学者レベルでの研究では、どのようにカラスの知能を調査しているのか?これは、ニュージーランドのオークランド大学...
英ウェールズ南部のスウォンジー湾で進んでいる「人工ラグーン」プロジェクトを知っていますか?それによると、潮力エネルギーによって155,000世帯の電力を生...
体を張ったチャレンジから、おバカなものまで、世界の実験動画の多くには様々なメッセージが隠されています。(中には、とくに深い意味なんてないものも…)。ここで...
家に置けるものは、たったの「108個」だけ。そんなコンセプトの家・マイクロハウスをつくっている会社が福岡にあります。ものを持たない、つまり丸腰であることか...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
UCLH(ロンドン大学病院)は、主に口腔、咽頭、喉頭、鼻腔、副鼻腔、唾液腺、甲状腺、頸部食道、気管に現れる「頭頸部がん」の治療に、Googleの人工知能「...
人工知能の凄いところは、人間にはとても抱えきれないような情報量を一挙に、かつ正確にさばけるところにあるでしょう。これは、その特性が生かされた一例と言えます...
「自分の体は自分のもの」「私は私」。日々なんとなくそう思ってしまいますが、実は科学的に見ると「わたし」というのはとっても曖昧な概念なんだそうです。公開から...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
チェスの世界王者を破ったり、料理のレシピを考えたりと、活躍の場を広げる人工知能。今度は顧客から送られてきたフィードバックを活かした「ビール作り」に取り入れ...
2018年の実現をめざして「人工流星群」を降らせようという計画があります。2020年のオリンピックまでには、東京で観測できるチャンスもあるかも。こんな景色...
「3人に1人が学校でいじめを受けたことがある。あなたはこの事実、知っていましたか?」ここで紹介するのは、そんな問いかけではじまる、いじめ防止の啓発動画。目...
2016年6月1日(水)、東京・世田谷に日本初の試みとなるカフェバー「Crêpe Café & Bar esprit de esprit(クレープ...