彼よりも睡眠を愛する「45の理由」。ベッドも枕も私を裏切らない!

恋愛よりも睡眠を優先すべき!そんな面白い切り口の記事が「Elite Daily」に掲載されています。なかには、ちょっと過激な意見も!? 項目こそ多いものの、サラッと読めますよ。

shutterstock_177607754_R


恋に落ちることは素晴らしいことだが、眠るのはそれと比較にならないほど幸せなこと。この意見に反対の人は多いかもしれない。でも、そんなことは問題ではない。
ベッドはあなたから決して離れず、枕は浮気しない。布団カバーも、他の誰かにとられることはない。
ベッドはあなたが安心できる最高の場所。そこは人目を気にする必要もなく、仕事で散々な目に合った一日の終わりに心からリラックスできる場所だ。
ベッドルームにいる間は、普段抱えている悩みを忘れることができる。強いて言えば、ネットでどの動画を見ようか悩むくらい。
シングルの女性はベッドルームにいることに、この上ない心地良さを感じる。恋人が欲しいと思うこともあるが、彼女たちにとってベッドはそれ以上に必要不可欠なものなのだ。
「寂しくないの?」と言う人もいるかもしれない。でも、「ベッドにいることを楽しまない人などいるの?」と、私は思う。
だから、シングルの女性が恋愛よりも睡眠を優先するべき理由を紹介していくのだ。

shutterstock_180065225_R01.誰かに股がるくらいなら、ピザの箱を抱えて寝たい

02.誰かにベッドのスペースを空けるくらいなら、独り占めしたい

03.理想の相手を夢見るくらいなら、ぐっすり眠って夢を見るほうがいい

shutterstock_184441376 (1)_R

04.自分の愚かさに気付いて目が覚めるくらいなら、アラームで目を覚ましたほうがマシ

05.誰かの心配をするくらいなら、自分の悩みについて考えたい

06.「マグロ」のフリをするくらいなら、ただベッドにへばりついていたい

07.「アレ」を咥えるくらいなら、ワインのボトルを喉の奥に突っ込んでいたい

08.いろいろと計画を練るくらいなら、向精神薬を飲んでぐっすり眠りたい

09.相手の質問よりも、シャンパンに溢れたい

10.かまってもらえず寂しい思いをするくらいなら、一人でベッドで眠りたい

shutterstock_265688540_R

11.ベビーシャワーを開催するくらいなら、シャワーを浴びないほうがマシ

12.誰かが突然現れるくらいなら、顔に突然吹き出物が現れるほうがマシ

13.誰かの体調管理をするくらいなら、家のメンテナンスをしたい

14.ケンカに時間を費やす暇があれば、レストランのハッピーアワーに行きたい

15.心の奥底に溜まった感情を探るくらいなら、友人とワインを何本も空けたい

16.仲直りのためのセックスをするくらいなら、自分のメイクを直したい

17.男性よりも背が高くなることを心配するくらいなら、高いヒールを好き勝手履きたい

18.セックスするくらいなら、家でダラダラしていたい

shutterstock_272930039_R

19.誰かと寄り添って寝るくらいなら、ぬいぐるみを抱いていたい

20.無自覚な人生を送るくらいなら、アラームを入れ忘れることのほうがマシ

21.相手に頼るくらいなら、羊に頼って眠りたい

22.誰かに溺れるくらいなら、枕に顔をうずめたい

23.ケンカしながらベッドに行くよりも、幸せな気持ちで目覚めたい

24.不安定な肩に寄りかかるくらいなら、ちゃんと支えてくれる枕がいい

25.相手がどこにいるか心配するくらいなら、何も気にせず平和に眠りたい

shutterstock_232356598_R

26.誰かと豪華な食事をするなら、ベッドでゴロゴロしながら食事をしたい

27.「アレ」よりも、ピザを自分のカラダの中に入れたい

28.生理の遅れを心配するくらいなら、ただゆっくりと寝ていたい

29.相手がコソコソしていないかを心配するくらいなら、ネットで好き放題動画を観ていたい

30.相手が飲み会で何をしているか心配するくらいなら、ロマンチックな映画を観て泣いていたい

31.相手がすることに悩まされて無駄に時間を使うなら、自分の将来のことを考えたい

32.連絡を待つくらいなら、まだ体重が増えたほうがマシ

33.他人の問題に付き合うくらいなら、ジムをサボったほうがマシ

34.相手が自分のことをどれだけ好きなのか悩むくらいなら、Facebookでどれだけ「いいね!」がきているかを心配したほうがマシ

35.相手の冷たいカラダに触れるくらいなら、アイスにどっぷり浸かったほうがマシ

36.相手がいるせいでカラダを縮めて寝るくらいなら、一人でカラダを丸めていたい

37.洗い立ての髪で誰かを喜ばせるくらいなら、シーツをずっと洗わないでいるほうがマシ

38.誰かがシャワーを浴びながら歌っているのを聞くくらいなら、自分が歌いながら寝るほうがマシ

39.誰かを気持ち良くさせるくらいなら、運動して自分がイイ気持ちになるほうがいい

40.朝、質問だらけのメールで目覚めるくらいなら、メールなしで目覚めたほうがマシ

shutterstock_192991058_R

41.誰かの汚い舌でお腹を舐め回されるくらいなら、自分の指についたチョコレートを舐めていたい

42.さんざんケンカして夜中2時にベッドに行くくらいなら、一人で夜9時にベッドに行きたい

43.デートで失敗するくらいなら、他の人のデートのお邪魔虫になるほうがマシ

44.ケンカしてヤケ食いするくらいなら、テンションが上がって食べ過ぎて、翌朝に胃がもたれているほうがマシ

45.誰かに騙されるくらいなら、自分を騙して甘いものを食べるほうがマシ

Licensed material used with permission by Elite Daily

薄手のマットを何枚も並べており、溝の中にズムズムっと腕や肩を沈められる仕組みになっています。これなら、パートナーを抱き寄せながらもカラダへの負荷は最小限。...
恋愛については横に置いておいて「ひとりの時間を優先したい」と感じる時期も巡ってくるでしょう。独り身だと心配ごとも少ないし、気兼ねなく自分の好きなことを優先...
どんなに嘘が上手な男性も、ベッドの上では本性が出てしまうもの。つまり、彼にとってあなたが本命かそうでないかを見極めるいい機会でもあるのです。ここでは、男性...
リレーションシップコーチとして数々のカップルにアドバイスしてきたというJordan Gray氏。彼は、愛し合うふたりが過ごす1日の終わりについて、些細であ...
想像力をかき立てられる、ユニークな家具をご紹介。腰掛けても、ゴロンと寝転がってもいいところまでは従来のソファベッド。じゃあ、キャンプ気分を味わうことできた...
あなたの周りにもきっといる、気の強い女性。職場ではテキパキ働く彼女たちのことだから、「きっとベッドでもリードしてくれるんじゃないかな…」なんて期待している...
たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドが登場しました。それも、ただご...
大好きな部屋の大好きなベッドで、一日中まったり過ごしたい。…とは言っても、結局は読みたい本を取りに行ったり、音楽をかけてコーヒーを入れてさあ準備OK、と思...
そろそろ寝ようと思っても、繁忙期などでは仕事が頭から離れずに、眠れないことがあるはず。そんな時にこそ実践してほしいコトを、ライターJade Sheldon...
ものごとを赤裸々に語る口調から、多くの女性に支持を得ているNYライターのZara Barrie。彼女が「Elite Daily」に綴ってくれたのは、「本物...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
クエンティン・タランティーノ監督作品『イングロリアス・バスターズ』で、世界的な脚光を浴びた女優メラニー・ロランは、近年監督業でも注目されている。彼女が、俳...
アラスカ在住のAna Whiteさんは、限られたスペースを有効活用する様々なアイデアで人気のDIYブロガー。そんなAnaさんの新作は、どうにも子ども心をく...
①ふかふかのベッドにバフっと埋もれる。②飲んで食べてゴロゴロしながら映画を見る。③ウトウトしてたら、いつの間にか寝落ち。そんな体験が映画館でできるんです。...
プロデュースしたのは、年間約4万人を心地よい眠りへと誘っているヘッドスパ専門店「悟空のきもち」。頭皮を刺激することで快楽ホルモンの分泌を促し、絶頂へ高まっ...
ジャック・ジョンソン、ノラ・ジョーンズ、MOBY、大物アーティストたちが自宅のベッドルームで、あるいはレコーディングスタジオに布団を持ち込んでプレイする。...
一日に12時間から16時間眠るとされる猫。眠っている様子を眺めるのが好きなにゃんこラバーたちが現在注目しているのが、IKEAの人形用ベッド「DUKTIG」...
ぽかぽか陽気で日だまりでお昼寝するのが気持ちいい季節になりました。芝生にコロンと寝っ転がりたくなりますよね。もし、そんな時に、コンパクトに畳めてラクラク持...
 "プロセスリッチ"過程を楽しむ、ひと手間かける、しあわせ。CANVAS(キャンバス)都会がすき。だけど自然もすき。体を動かすのがすき。だけど食べるのもす...
どうやら巷では、自宅では裸で過ごす“裸族”が増えているそう。タレントのなかにも、実践者が多いらしく、美容や健康に良いとか。精神的にも開放感を満喫できるのも...