「繊細な人」こそリーダーになるべき理由とは。必要なのは、心の弱さ?

「統率力があり、決断のスピードも早く、時に冷徹な判断ができる」という、リーダーかくあるべき論に疑問を呈したのが、「Elite Daily」ライターのJohn Haltiwanger氏。
彼が書いた、繊細な人々は、弱いのではなく生まれつきリーダーの素質があるという記事が話題を集めています。

些細なことで傷つきやすい。人の気持ちがいつも気になる。だから人を率いることなんて絶対無理、と思っていませんか?そんなあなたこそ、リーダーになるべき人間かもしれません。その真意に迫ります。

th_shutterstock_242076424


感受性は、おそらく世界で最も過小評価された性格ではないでしょうか。実際には相当な強みになるのですが、弱い側面で評価されがち。
敏感な人は、洞察力とそれを分析する知性を持ち合わせています。そして、その能力を人前で発揮しているのです。私たちは、その性格の弱さについて語りはするものの、良さについて話すことはほとんどありません。

繊細な人は、生まれつき自分の気持ちを認識できると同時に、人の気持ちも考えることができるのです。だからこそ、彼らは良きリーダーになるのです。いま世界は、多感で繊細な心を持つ人を必要としているのです。

自分を知らなければ
他人をリードすることはできない

自分自身を支配できない人が、他の人々を支配することなんてできやしない ー ラテンのことわざ

もし自分の心を深く理解していないのなら、あなたは他人を導くような強い立場にいません。自分の感情を理解した上で、他人に指示をしないといけません。心を理解するには正直さと、感受性が必要なのです。
リーダーとは、ある特定の位置から指示をする人のことではありません。人々を迷いから導く人のことです。だから自分のことすら分からないのであれば、人を導くことなど到底できません。自分のことを理解している人は、自信があり、実践的で、自然とまわりからの信用を集めます。

Daniel Goleman氏は、感情指数とリーダーシップの関係性について記事にまとめています。曰く、感情面に優れた人の方がリーダーに適していると研究で示されたとか。

自己認識を持つということは、自分の強いこと、弱いこと、欲しいものや必要なことについて深く理解することを意味します。強く自己認識を持っている人々は、他の人にも正直なのです

良くないリーダーは、常に不安定で誠実ではありません。そして大概にして、まわりの人を残酷な状況へと導いていきます。あなたが自分自身を理解していないか好きでない時、犠牲になるのは付いてきてくれた人なのです。
一方で繊細な人は、自分を深く認識しているのでその心配はありません。

話を聞かないリーダーは
生産性を低下させる

th_shutterstock_195021494

人が話している時は、きちんと聞きましょう。ほとんどの人は聞かないのです ー 小説家アーネスト・ヘミングウェイ

これまでに出会った、最悪のボスのことを思い出してみてください。利己的で、勝手な解釈をして、頼りない印象だったと思います。彼らは自分のことだけに夢中で、他人への思いやりを持っていないのです。

素晴らしいリーダーとは、素晴らしい聞き手でもあります。彼らは本気で相手の立場に立てるよう心がけ、思いやりを持って話を聞きます。同時に、さまざまな問題の解決を行うことで不満を軽減し、信頼関係を築いていきます。

人の気持ちがわかるボスがいる時、従業員はより満足しているという研究結果もあります。さらに、幸せな従業員はより生産的で協力的であることが研究でも示されているのです。

世界のリーダーもそうだった
思いやりをもつ大切さ

スタンフォード大学センターの、科学ディレクターEmma Seppälä氏による研究では、こう強調されています。

「リーダーは、弱く見えることを恐れるかもしれません。でも歴史を振り返れば、強い力を発揮したのは、情け深いリーダーたちでした。マザー・テレサにマーティン・ルーサー・キング。デズモンド・ツツなどがその好例です。彼らは、人々がすべてを投げ捨ててでもついていこうと思わせるような、強く勇ましいリーダーなのです」

真のリーダーの実態は、傲慢的でなく禁欲的。心を開いて、協力的な姿勢を見せているのです。世のリーダーたちが人の気持ちを理解して情け深ければ、世界はより良い場所になるでしょう。

愛と思いやりは贅沢なものではなく、必需品。それらがなければ人類は生き残ることができないのです ー ダライ・ラマ

成長することを望むなら、自分の感情と向き合い、他人の感情を理解しようと心がけてください。思いやりは、それを受けとる人と与える人の両方の気持ちを高めることができるもの。それを知っている人こそが、優れたリーダーたちなのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

「Higher Perspective」で、繊細で敏感な人が知っておきたい4つのことが紹介されています。繊細であるということは弱いと思われがちですが、さま...
本当の意味で「強い人」には、どんな特徴があるのか──。そこを突き詰めた結果、「繊細さ」こそがポイントだと結論付けたのは「Higher Perspectiv...
ちょっと怒られただけでも大きなショックを受けたり、ざわざわしている場所が苦手だったり…。そんな自分のセンシティブさを気にしている人も少なくないのではないで...
一般的に、リーダーシップについて書かれたビジネス書には、「決断力」の重要性を説くものが多い気がします。しかし、この考え方と正反対の意見を述べているのが、ラ...
一般的には、引っ込み思案で発言も少なく目立たない内向的な人と聞くとネガティブな印象を持たれやすい。しかし、彼らの行動には理由がある。内向的な人々の特徴を見...
人望が厚いリーダーのもとでは、部下がやる気を持って仕事に取組み、プロジェクトが成功に導かれていきやすいです。どのような資質がリーダーに求められているのでし...
現代では、チームのリーダーに女性が任命されることも少なくありません。中でも、子を持つ「母親」はそのポジションに最適なのだとか。そう主張するのは、ライターで...
いまや、ワンマンなボスではなく、部下のやる気を奮い立たせるようなリーダーが重宝されるようになりました。そこでライターのMarcel Schwantesさん...
負けず嫌いな性格の人は、それを表に出す・出さないに関わらず、周囲の人に対して競争心を持っている。これは想像に難くありませんね。ここでまとめているのは、そん...
外見で人は判断できない。外面は非常に良くても、実は性格が悪かったり、まわりからは強く見えていても、心の中は繊細だったり…。特に気の強い人は、人にも言えず抱...
「リーダーにふさわしい人」は、プレゼンがうまかったり、感動のスピーチを語れる人だけではありません。もしあなたが「口べた」だとしても、周囲に影響を与え、動か...
あなたにとって、理想のリーダー像とは?的確な指示をくれる人、チーム員に優しい人、叱るべきときに叱ってくれる人など、それぞれ求めるリーダー像は違うでしょう。...
どの組織にも存在する、リーダー。そのポジションの力量により、組織の士気は大きく変わります。では、より良い組織をつくるリーダーになるためには、どんな素質が必...
スターバックスコーヒージャパン、ザ・ボディショップのCEOを務めた、日本を代表するトップビジネスパーソンである岩田松雄氏。会社の方向性はもちろん、部下のや...
「行動力」とは、前進する姿ばかりを指すのではありません。時に立ち止まり、自分を見つめ直すことこそが「行動力」なのです。それを踏まえて、部下から信頼されるリ...
新しい行動を促す自己啓発記事は数あれど、それらのほとんどは実践するのが難しい印象。たとえ一歩を踏み出せたとしても、継続するのはハードルが高いものです。でも...
「Elite Daily」の人気女性ライターZara Barrieさん。彼女の記事がたくさんの人から支持を得ているのは、自身が鬱になった経験や、世界をがむ...
ある程度のキャリアを積めば、誰しも「リーダー」という立場に立たされるもの。とはいえ、自分にはリーダーシップなんかないし、向いていないと感じる方も多いと思い...
マイアミ・マーリンズに所属するイチローとトヨタ自動車の豊田章男社長の“対談シリーズ”第3弾。今回のテーマは「リーダーシップ」。野球界と自動車業界それぞれの...
どんな組織のトップでも、周囲が期待するようなトップにふさわしい要素を最初から持っているわけではありません。「地位が人を作る」という格言がありますが、その地...