あなたを不幸にする、つきあいを見直すべき「10タイプの人」

人との出会いは大きな財産です。けれど、誰とどう過ごすかによって人生が大きく左右されるのもまた事実。

正しい判断をくだすには基準というか、「こういう人はダメ!」というルールを決めておくのが得策でしょう。「Elite Daily」のライターPaul Hudson氏が言う「付き合いを避けたい10タイプの人)」はまさに参考になると思ったので、ここで紹介します。

01.
主語はだいたい「僕/私」
前に出たがる目立ちたがり屋

Medium b023e7a7261983350111b51abe5cff7aad6da270

派手好きで何でも見せびらかすかのような目立ちたがりタイプの人間は、とにかく自分の価値をおしつけたがり、他人にそれを証明させようと躍起になります。じつはそのことが逆に彼らの存在意義を小さなものにしてしまっているとは気づかずに…。

他人に対して羨ましく思われたいと努力することなんて、時間のムダ。自分ばかりを優先するような人との関係は止めた方が良いでしょう。

02.
失敗から何も学ぶことが
できない人

ここで私が言いたい「無知な人」とは、エゴの塊のように自尊心が強くて、自己中心的な人物。失敗から何ひとつ学ぶこともなく、間違った選択ばかりしているような愚かな友人が1人、2人あなたの周りにもいませんか?

03.
「おごられ上手」という名の
他人に依存している人

年齢を重ねるにつれて、お金に対する価値観がはっきりしてくるもの。たとえば、いつも金欠に悩んでいたり、おごられてばかりの人っていますよね。もちろん、彼らの生活が苦しい時は友人として助けるべき時もあるでしょう。そうすることで、楽しみを共有できたり、他の仲間たちの雰囲気が崩れないように取りはからうこともあります。

問題は、いつもおごられっぱなしで、まったく改善の余地なく、むしろそれが慣れっこになっているような人との付き合い。金銭面でルーズな友人とは付き合いを断るべきです。

04.
面倒くさがりで
サボリ癖のある人

Medium b6a464ad66a4eb450ace3353a9ba0a40324db6a9

怠け癖はある意味、非常に感染力の高い病気のよう。怠け癖のある人と付き合っていると、気づかぬうちに自分まで怠け者に変わってくるのは良くあることです。

たとえば、手が届く位置にモノがあると、わざわざ動いて取りに行かず、ひょいと手を伸ばすだけ。楽する方法や言い訳ばかり考えるのです。

残念ながら、どんなに精神力が強い人でも、怠け癖の感染力の前には手も足も出ません。もし、あなたが日々の生産性が下がっていたり、満足感が急降下しているようなら、交友関係を一度見直す必要があるかもしれません。

05.
「人生一度きり!」
という言葉を多用する人

誰にとっても「人生は一度きり」。それを心に留めて日々を送ることは重要です。ただ、実際のところ、「注力すべきはあなたの未来」という言葉の意味をはきちがえている人のなんと多いことか…。

タレントやセレブ気取りで「今を楽しもう!」「死んだってかまうもんか!」といった解釈に流れる人がそれに当たります。一度きりだからこそ、チャンスを台無しにしてはいけません。

06.
あることないこと話に盛り込む
ペテン師みたいな人

精神的に強い人たちは他人の話の骨を折ることもなければ、会話の邪魔もしません。ところが、口から生まれてきたかというくらい、ひっきりなしに話してばかりの人がいます。そういうタイプにかぎって、中身のない空っぽな話なんてこともよくあること。
さらには話を誇張したり、あることないこと話に盛り込んでくるような人の話には、誰だって信頼がおけないでしょう。

07.
この世で一番不幸なのは自分。
自己嫌悪に陥りがちな人

いつでもふさぎ込んでいたり、自分への不満ばかり抱えていたり、不幸のど真ん中にいるような態度をとる人がいます。不運が一生続く人間なんてどこにもいないのに…。変に同情したり、一緒になって不幸ぶっていると、本当にこちらまで不幸になってしまうので要注意。

08.
現状に甘えて
自分の殻を突き破れない人

Medium 0b701838d02b4ef198103df1e98f198ac8b9e05d

これまでの人生で関わってきた人は、たとえそれが束の間であったにせよ、人生の旅のパートナーです。自分で決めた道だとしても、必ず誰かの影響を受けているから。この先冒険するように人生を送りたければ、今よりもっと刺激的で、ワクワクできるような友人を見つけましょう。

私たちが想像している以上に可能性は未知数。心地良い環境に満足せず、そこから抜け出すために刺激的な出会いを求めて自分から動くべきです。いつでもぬるま湯に浸かっている人に伸びしろはないと思いましょう。

09.
夢を語れない人
夢見る人を否定する人

夢がない人は生きていないも同然。夢がなければ向上心など生まれるはずがありません。「人生はより良い方向へ進んでいくものだ」と信じているなら、今日より明日の自分を好きになれるよう努力を怠らないことです。

ところが、夢を見ず、夢見ることすら否定する人たちは、自分ばかりか他人の夢までもを叶わぬものと否定してくるのです。

10.
自分に成功体験がないゆえに
「夢は叶わないもの」
と思っている人

Medium 0ade84d71256e7aac0f044894f78d5c57516c437

夢がない人よりもたちが悪いのは、「そもそも夢は叶わないもの」と思っている人。自分のことすら信じれない人間が、どうやって他人を信じることができるのでしょう?

それは実生活の場でも往々にして見て取れます。悲観的で憂鬱な人生を歩み、成功を手にしたことがない人たち。この世に存在しながらも、自分が世界に何の影響も与えないと、あきらめモードの人たち。彼らが助けを必要としている時に手を差し伸べるのは、悲しいですが、止めておいた方がいいと思います。

Licensed material used with permission by Elite Daily
「Elite Daily」で、絶対一緒になってはいけない人を判断できる、9つのサインを紹介していました。そもそもこんな男とは付き合わないでしょう!というよ...
「わかっているつもりだったのに、まったく相手のことを理解できていなかった…」なんて経験、ありませんか?恋愛で失敗する原因は、あなたが異性のことを知らなすぎ...
素敵な恋愛がしたい!とは多くの女性が願うことですが、実際それを叶えるのは難しい……。ここでは「Thought Catalog」に掲載された、付き合うべきで...
彼氏/彼女がいる人にぜひチェックして欲しい恋愛診断の記事が「Higher Perspective」に掲載されていました。5つのシンプルな項目で、彼との恋愛...
自分に合っていない男に引っかかり、傷ついて、気を落とすのはもう散々…。ダメな恋愛にしがみついて失敗を繰り返さないために注目したいのは、「YourTango...
人間の感情や、心理学に関する本を14冊も書いている作家のRobert Augustus Masters氏。彼が書いたセックス以外に恋人との関係を近づける7...
人生は1度きり。だからこそ、夢や目標にチャレンジすることで「満足できる人生」、そして笑顔が絶えない「楽しい人生」を送りたいですよね。あなたの周りにはきっと...
起業家のマーク・マンソン氏は、ここ十年ほどで進んだ心理学研究の成果などを踏まえ、一見気にならないけど注意しないと身を滅ぼすーーそんな恋愛のカタチをいくつか...
恋愛のかたちは人それぞれ。でも、国や文化の違いを超えて万人に共通する「真実の愛」は存在します。ただ、自分の気持ちに自信が持てない人が多いのも事実です。ここ...
「男という生き物は、自分が子どもだということになかなか気づかないものなんです。僕らは意図してバカな事をしているんじゃなく、単に自分の求めているものが何なの...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
「Elite Daily」のライターDorothy Chan氏が、パートナーと彼氏の違いをまとめています。記事によると、彼氏は単なる恋愛関係の間柄。ですが...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。もしも、それを見出せずにいるのなら、「Thought Catalog」で紹介された Al...
クリスマスまであと僅か…。どんなに強がっていても、クリスマスは恋人と過ごしたいというのが本音ですよね。でも今更頑張ってももう間に合わないかもと諦めていませ...
多くの女性は「好きな男性のタイプ」について嘘をついているのかもしれません。しかも、自分でも気付かないうちに。この記事は女性ライターGigi Engle氏が...
「刺激的な関係だけが、恋愛ではない。恋人がいるお陰で、生活が楽しくなり毎日感謝できるようになる。それこそが本当の恋だ」。そう独自の恋愛論を展開するのは、「...
ここに紹介するのは、恋愛カウンセラーDave Elliott氏があぶりだした、恋愛ベタな女性の特徴。男性視点がいささか強めではありますが、フムフム納得でき...
仲良くなったはいいけど、ちょっと苦手。一緒にいるだけでネガティブになってしまう…。そんな友だちとはキッパリ別れるべきかもしれません。実際、友だちの数が多い...
国内外で微妙にニュアンスが異なってくる「ビッチ」という単語ですが、この記事では“嫌なオンナ”といった使われ方でしょうか。ライターLaura Arginta...