童顔の女性が持つ「4つの悩み」に共感!○○を手放せない・・・

多くの人がアンチエイジングに夢中になる反面、童顔に悩む人がいます。「Elite Daily」にベビーフェイスならではの悩みを寄稿したElizabeth Hurdさんもそのうちの一人。
確かにこれらのことが頻繁に起こると、めんどくさくなる気持ちも分かります…。

shutterstock_227097604_R


数週間前、大学卒業の申請をした。将来に向かって一歩を踏み出すことに興奮し、事務所に向かって歩きながら、4年間でどれだけ成長したかを振り返った。

留学し、教授と一緒にいくつかのプロジェクトで働いた。ボランティアの旅行を主導したことも。そうして多くの友人を作った。神経質な18歳としてスタートした大学生活も、自信を持って経験豊富な22歳として卒業するつもり。その瞬間、私は本当の大人になったように感じた。それなのに…。

「これは大学卒業用の写真?お嬢さん、高校を出たばかりに見えるわ」

事務所の女性は褒め言葉のつもりだったと思う。でも、私は少し心配になった。「大学卒業間近なのに、新入生のように見える?同じことを考えている人が他にもいるかもしれない。ベビーフェイスという理由だけで、真剣に相手にしてもらえない世界に出て行くの?」

私はいつも、実年齢より少し若く見られてきた。初めて人に会う時は十代だと勘違いされることが多い。

要するに「ベビーフェイス」。

多くの人からは祝福すべき遺伝的要素を持っていると言われる。もっと歳を重ねると、若く見える顔の利点を活用できる​​ようになることも知っている。しかし、今はその時ではない。

私は20代前半で、ベビーフェイスを持つことは祝福ではなく、呪い。理由は次のとおり。

01.
説明ばかりで初対面が疲れる!

誰かが私が20代と知ってショックを受ける度に毎回25セントもらえたら、私はビル・ゲイツよりもリッチになるかも。

童顔だから、周りは自動的に10代だと仮定する。だから、本当の年齢を伝えるとショックを受けた表情になる。嘘をついているのではと疑いの目で見られることもある。

結局、彼らは笑顔で間違いを詫びるが、次の人に会うとまったく同じことが起こる。

02.
わたし、中学生じゃないけど…

私は中等教育を専攻しており、実務経験を得るため授業をサポートしている。誰かが教室を見まわした後、「アシスタントティーチャーはどこ?」と聞かれるのは、常に興味深い経験だ。

童顔の人がティーンエイジャーの中で働くと、必ず学生のグループにまとめられる。そうなると、最悪。一人の大人として見られ、尊敬されたいもの。

03.
「可愛い」なんて
6歳向けの言葉

shutterstock_58771618_R

正直言って、鏡を見て「私ってセクシー」と思ったことは誰にでもあるはず。でも、外に出ると聞こえてくるのは「可愛い」という言葉だけ。自尊心が傷つけられる。

「可愛い」は6歳くらいの子どものために使われる言葉。たまには、「すごくセクシー」と言われたい。

04.
何をするにも
「身分証明書」が必要に…

映画、アルコール飲料、クラブでは確実に身分証明を求められる。制限より年上だと理解されるのは無理がある。もちろんみんな私が若過ぎると思うのだ。お財布からIDを取り出すのは、常に最初の動作。

もちろん、童顔がいつも悪いわけではない。ボーイバンドのコンサートに行く時、周りに溶け込めるのはいつだっていいこと。

Licensed material used with permission by Elite Daily

 

年を取るにつれ、内面が外見に滲み出てくるものだけど、見た目と中身が伴わない時期っていうのもあります。たとえばこの記事の主人公、Zara Barrie氏のよ...
芸能人でも話題となることが増えている、「女性が年上」の年の差カップル。年下の彼氏に憧れる女性もいるでしょう。しかし、ならではの悩みも当然あります。1.彼と...
米メディア「Elite Daily」のライター、Lauren Martinさんがまとめたのは「美しい女性とセクシーな女性の違い」について。その記事によれば...
Aカップの悩み女性ライターMiranda Athanasiouさんが赤裸々に語る「Aカップの女の子にしかわからない苦悩」。フィジカルな悩みは世界共通、多く...
私はこれまで10代から90代まで、幅広い女性達の美容相談を受けてきましたが、美のお悩みは十人十色。もともと私もアトピーで肌に大きな悩みを抱えていて、美容の...
自身の恋愛経験を元にアドバイスを送るのは、女性ライターのギギ・アングル。モヤモヤグルグルしたときには、サッパリした彼女の意見が心にスッと入ってくるかも。以...
ジョン・キム作家韓国生まれ。2004年から2013年まで慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学などで客員研究員を歴任。著書に...
性欲が強い女性たちへ。男性に引かれることを恐れず、「セックスが好きで何が悪い!」と胸を張りましょう。そうエールを送るのは、「Elite Daily」の人気...
どんなカップルのあいだにも悩みごとは付きものですが、年の差カップルには独自の悩みも出てくるわけで・・・芸能人同士では15歳差、20歳差なんていうカップルは...
赤裸々に自身の恋愛やセックス体験について語った記事が人気のライター、Gigi Engle。米メディア「Elite Daily」に掲載された彼女の記事を紹介...
あなたの周りにもきっといる「自分を持つ女性」。とはいえ、具体的にどの行動がそうした印象につながるかは、よくわからないのでは?そこで、それらを言語化してまと...
肌に透明感がない、小顔になりたい、など美容に関するものや、妊娠したいといった女性特有の悩み…その多くがカラダに蓄積している「毒素」が影響していると語るのは...
「Elite Daily」の人気女性ライターLauren Martinさん。等身大の視点で恋愛や人生を考察する記事に共感するファンは多いようですが、「美女...
「なぜ、私だけ?!」長男の嫁というだけで、どうしてあれこれ言われるの?と悩んでいる方は多いと思います。好きになって結婚した相手が、たまたま長男だったという...
無意識というものは、脳の90%を支配しています。「感情」「思考」など意識を司る部分は、脳のたった1割の部分で行われているだけです。だから「無意識」の動きを...
「感情」は誰もが持っているもの。でもその感情に振り回されてしまうと、人生を台無しにしてしまうことだってあります。特に何かを判断したり、意思決定をしたりする...
海外生活や移住、ノマドライフには憧れますが、親の都合で引っ越さなければならない子どもにとっては、悩みの種になることも。国内であれ海外であれ、別の文化圏に引...
多くの独身女性から支持を集める記事を「Elite Daily」から紹介。女性ライターZara Barrie氏が独身で30歳を迎える直前に、その素直な心境を...
「とにかく、どこかに行きたい」。そんな思いを持ち続け、留学を決意した。少しでもコストを抑えよう、と選んだのがフィリピン。不安を抱えたまま始まった、フィリピ...
なぜかいつも楽しそう。さらに「カッコイイ」と言われる女性って周囲にいませんか? 人から信頼が厚くて、仕事もできて…そんな女性は「芯の強い女性」といわれてい...