「2人は私のヒーローです」。後悔する前に両親に伝えたい8つのメッセージ

「孝行したい時に親はなし」といった言葉もあるように、いつかは訪れてしまう日に備え、両親への愛や感謝を伝えておくことは大切です。

ここでは、女性ライターのGigi Engleさんが「Elite Daily」にまとめた記事を紹介しましょう。忙しい生活の中でつい忘れてしまいがちな思いを、両親に伝えたくなるはずです。

しっかり伝えておかないと
後悔しちゃう

両親は、最高の存在です。私のすることを認めて、いつも応援してくれる2人に育てられて幸せです。いつも健康に暮らせるようにと気遣ってくれて、愛を伝えてくれました。

2人は、私にとって大切なお見本です。お母さんは細かいことを注意しながらも支えてくれるし、お父さんは私が彼氏と比べてしまうほど魅力的です。実家はシカゴなので、ニューヨークに住んでいると寂しくなることもあります。自分が家族とつながっていないように感じることも…。

考えたくないけど、もしも両親に死が差し迫ったとき、私はどうすればいいのでしょうか。両親を永遠に失ってしまう前に、きちんと思いを伝えていなければ、後悔してしまうでしょう。

01.
いつでも
2人のことを思ってる

Young woman at home

どんなに忙しい生活を送っていたとしても、いつも両親のことを考えていることを伝えます。たとえ連絡を取ることができなかったとしても、私の心には2人の存在があります。

02.
感謝の気持ちしかない

2人が私のためにしてくれたことに心から感謝しているんです。言葉にはしていなくても、心の中でいつも「ありがとう」って言っています。2人が与えてくれた優しさのすべてが、いまの私をつくっています。

03.
世界で一番愛してる

愛していると伝えることは、自分なりに努力はしていても、それだけでは十分ではないことは分かっています。私がどんな道を選んだとしても助けてくれるし、実際にそばにいなかったとしても、私が頑張れるのは2人のおかげ。

04.
いつも私のことを
優先してくれてありがとう

私のためにどれほどの犠牲を払ったか、想像するのも耐えがたいほどです。自分のことは後回しで、何かを決断する時も子どもにとってベストなことを考えてくれました。私のために、たくさんのことを諦めていたはずです。

05.
今があるのは2人のおかげ

Happy family together at sunset beach

2人に育てられたおかげで、強い意志と情熱を持った人間に成長できました。

また2人からは人を愛すること、戦うこと、自分自身を信じることを教えてもらいました。もしも違う両親に育てられていたら、今の私はいなかったかもしれません。

06.
遠くに住んでいても
気持ちは変わらない

実家から離れて暮らすのはつらいですが、私が遠く離れたニューヨークに住んでいても、両親への愛は変わりません。よくホームシックになるし、もっと実家の近くに住みたいと考えることもあります。とても寂しいけど、私が夢を追うことを応援してくれていることは知っています。

07.
2人は私のヒーロー

「両親は、いつかいなくなってしまう」という事実に向き合わなければいけないことは知っています。いつの日か、彼らなしで生活しなければいけないことも。ただ、両親がいなくなっても私に一人で生きていく強さがあるということは分かってください。

08.
もしものことがあっても
いつも心の中に

Feet of unrecognizable woman sitting on window sill

もし2人が死んでしまったとしても、いつも私の心のなかにいます。

どんなに些細なことでも、両親がしてくれたことを覚えています。心のなかに思い出をしまっておくことは、いつか訪れる日に向けた準備なのです。

Licensed material used with permission by Elite Daily

人生において、どんなときでもサポートしてくれる存在がいることは、なんと幸せなことでしょうか。ここまで大切に育ててくれた両親には感謝しているけれど、かといっ...
「人生は、選択の連続である」とは、シェイクスピアの言葉。ときに人は間違った選択をして、後悔することもあります。でも年齢を重ね、半生を振り返ったときに後悔ば...
人が、死を前にして本気で後悔することとは? そのときの言葉をまとめた本が『The Top Five Regrets of The Dying』です。ある看...
人生において、最も大きなイベントのひとつ「結婚」。「Elite Daily」のライターJen Glantz氏は、より幸せな家庭を築くため、婚姻届を出す前に...
多忙な日常に追われ、つい忘れがち。でも、絶対に覚えておくべき。そんな教訓の数々をまとめた記事が「Marc and Angel Hack Life」に掲載さ...
NYの町中に設置されていた黒板。赤い字でこんなメッセージが記されていました。一番後悔していることを書いて:この手の社会実験は、よくインターネットでも紹介さ...
両親の離婚。6歳の子どもにとって、その意図を汲み取ることなんて、普通に考えれば難しいこと。この動画に登場するティアナちゃんとて同じはず。ところが、彼女は、...
「感謝の気持ちを忘れずに」。そんなふうに言われることはたくさんありますが、多くの場合は、家族や友だちから優しくしてもらったときのことを指しているのではない...
ありふれた日常生活から、困難に陥った時まで。支えてくれる家族がいたからこそ、あなたは優しく、強くなれるーー。「Thought Catalog」でそう語るの...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
米ジョージア州アトランタに住む、6歳の男の子Leland君が2015年9月に永遠の眠りにつきました。外で遊んでいた彼は突然、バラムチア・マンドリルリス感染...
たとえ恋人がいたとしても、いつ魅力的な異性に出会い、気を惹かれてしまうかは誰にも予測ができません。ちょっとくらい…でも、その気持ちが後悔のはじまり。1.相...
この瞬間は、言葉を発しよう!言葉で自分の思いを伝えること。それは日本人にはちょっと難しいことだったりする。周りの輪をみださないように、言えないことがあった...
今回は2013年、シラキュース大学で作家、ジョージ・サンダースさんが行った卒業式スピーチを紹介する。54才の彼が、人生で最も後悔したことを話しながら、人生...
同性愛者であると両親に告げるのは、かなりのエネルギーが必要だということは、想像に難くありません。米ニュージャージーに住むKinsey Ratzmanさんも...
もともと他人だった2人が出会い、新しい関係を築いて、幸せに共にするというのは並大抵の努力ではできないことです。「Elite Daily」に寄稿している弁護...
これは、「Elite Daily」のライターSydney McBrideさんが2014年末に書いた「2015年には絶対やめることリスト」。少し前の記事では...
動画のスピーカー、マーク・メロ(51)さんは、元アマチュアボクサーで、アメリカプロレス団体WWEのレスラーとしても活躍した経歴の持ち主。現在は、フロリダ州...
人生は「選択」の連続。たった一つのチョイスが、大きな差となってあなたに返ってくることだってあるでしょう。ここで紹介する5つのコトは、「Expanded C...
「両親が同性愛だから幸せな家族じゃないなんて誤解だ。だって僕は二人の母を愛し、彼女たちは僕と弟を心から愛してくれているのだから。」そう力強く語ったのは、二...