職場で尊敬される人になる「11のコツ」

これはビジネスに関するコンテンツを多く紹介している「Entrepreneur」にて、起業家のPeter Daisyme氏が記した記事。上司という立場にいる人、もしくはなりたいと思っている人に向けて「職場で尊敬されるために実践すべき11つのこと」をまとめています。

01.
常にハツラツとした態度で

6f9f0e5dc36b18db9ccd0e49b35d108fac98cd1a

会社の目標を達成するために、エネルギッシュに仕事に取り組みましょう。また同僚たちにも同じような情熱を持って働くよう、励ましましょう。仕事をしながら、あなたの個性を発揮できるように努めれば、上司はあなたの貢献度に気づくはず。

また、クビになることを恐れてはいけません。もしそうなった時の選択肢を用意しておくことで、自信と柔軟性が身につきます。

02.
責任を持って
締め切りは必ず守る

仕事を時間内に終わらせることは、自分の言葉に責任感のある人間だということを、上司と部下に示すことになります。

時に、締め切りがあまりにも理にかなっていない場合もあります。そうした場合、さりげなく機転を利かせて締め切りが適切でない旨を伝えるように。

03.
謙虚な気持ちは
大切だけど、ほどほどに

自分が完璧な人間ではないと認め、謙虚な態度をとることも大切ではあります。でも同時に自信も持つべきです。自分の良いところがわからず、欠点ばかり目立つ人間を信頼する人はいません。いい具合の謙虚さを身につけましょう。

04.
仲間を称賛すること
そして、尊敬すること

98d1b317525f6363bc7734c144f57e317cf1d8f1

新しい仕事や与えられた課題に対して学習し、順応するスピードは人それぞれ違います。同僚や部下が仕事を覚えるごとに、賞賛するようにしましょう。

また、部下の失敗は受け入れ、それを糧に成長すると信じてください。他人を敬い、信頼できる人は、自然とまわりから尊敬されます。

05.
嫌いな人にも敬意を払おう

好き嫌いに関わらず、職場で顔を合わせるすべての人に敬意を払うようにしましょう。仕事では何かが急に変わることもよくあります。同僚が転職して将来の取引先になったり、自分の部下が上司になる可能性もゼロじゃありません。

06.
ウワサ話には耳を貸さない

職場のうわさ話が気になる気持ちも分かります。が、うわさ話を好む人は、秘密を守れず信頼できない人だという印象を与えます。人の不幸を楽しむ人だという印象まで…。そんな人が職場で尊敬を得るなんて、絶対ムリですよね。

07.
情報は隠さず伝えよう

Af111117f75146054c3b82e6d574c3e5956f5baf

組織を変えることが、どのような影響や効果を与えるのかしっかりと社員に伝えましょう。質問を促して、社内でどのようなことが起こっているのかつねに社員と共有することで信頼につながります。社内広報を発行することもひとつの手です。

08.
指摘の後には褒め言葉を

社員への褒め言葉は、彼らの自信に繋がります。やる気を持って仕事に取り組むようになり、新しい仕事やスキルの習得にも積極的になるのです。

もし何か指摘しなければいけない時は、批判だけでなく褒め言葉も使うように。ミスしてしまった社員に対しても、公衆の面前で批判することはやめましょう。それは、いじめと同じです。複数人で話す時は、問題についての説明をし将来同じ過ちを防ぐためにどうすればいいのか話してください。

09.
知識と成功体験を
仲間に共有する

同僚と知識や成功体験を分かち合うということは、彼らを信頼している証。共有する際には、コミュニケーションスキルが重要になります。チームが一丸となって、仲間とともに成功することが大切です。

周りの人から尊敬されている人とは、成功するために彼らの協力を得られる人。一人ひとりが協力しあうことで、成功するのだと伝えましょう。

10.
イメージも大事なので
服装にも注意

E9fd0f72be23415493ac2aa0912d757eab990501

良い職場とは、社員それぞれが積極的に働けるスポットのことを言います。でもどんなにがむしゃらに頑張っても、身の回りの整理整頓ができていなければ悪い印象を与えてしまいます。

服装も同じこと。社会人として仕事に合った適切な服装をするよう、毎日心がけましょう。

11.
どんな時でも仕事は仕事
適切な振るまいを

たとえ社内のパーティーであっても、酔って失態を見せないよう気をつけましょう。職場から離れたとしても、仕事に関係していることに変わりはありません。失礼な振るまいをしたり、不適切な発言をしないように。

もちろん、プライベートな生活はあなたの自由。ですが職場での評価を維持するためには注意も必要。社内パーティーで、社員の誰かが酔っ払ってしまったら、あまり近づかないようにして、後日その話をするのは控えましょう。

Licensed material used with permission by Entrepreneur
社会人になって数年過ぎると、様々なタイプの上司と仕事をする機会を通して、その影響力の大きさを思い知る。尊敬できて、周りを引っ張ってくれるような人が上にいる...
すべての社会人必見の記事が「Inc.com」にまとめられていました。現在、部下を抱えている人も、将来的に部下を持つことになる人も、目を通しておいて損はない...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
どうせ働くなら「あの人のために働きたい」「一緒に働きたい」と思われたいもの。でも実際、慕われる上司とそうではない上司の違いって何だろう?「inc.com」...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
コミュニケーションは「やるといい」ものではなく、「やるべき仕事」のひとつです。いかに漏れなく、効果的に、能率的に行うかを考える必要があります。そして、それ...
2014年にアメリカで行われた調査によれば、2020年までにミレニアル世代(1980年前後から2005年ごろにかけて生まれた世代)が労働人口の40%を占め...
20代、30代に増えてきた転職経験者。周りを見渡せばここにもあそこにも。2000年代になってから成人になり、現在20歳から35歳くらいまでにあたるのが「ミ...
価値観が多様化している現代において、自由であたらしい働き方を求める人は増えています。自分の求めるワークスタイルに合った会社選びをしようと思ったら、果たして...
「上司がこういう言い方をしてくれたら」「部下がこんなふうに行動してくれたら」。働いていると、目の前の人に変わってほしいと思う場面に何度か出くわすことがある...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
とあるコンサルティング企業のCEOであるDustin McKissens氏、35歳。彼が、大学院を終えたばかりの10年前の自分に、社会人の先輩として伝えた...
社会という大海原の中を泳ぎ、仕事をこなし、自分の価値を上げていくために必要な考え方とは?自著『面倒くさがりやのあなたがうまくいく55の法則』から、5つのヒ...
もしも、今の上司に不満があるのなら、それはチャンスなのかもしれません。相手がどんなにやり手のビジネスマンだったとしても、何もかもが完璧な人間なんて、見たこ...
せっかくの休みをダラダラしたいけれど、でも何か有意義なこともしたいと考えている人も多いはず。そんなあなたに、休日の過ごし方のアイデアを紹介します!1.仕事...
仕事でも仲間同士のコミュニティでも、いざリーダーシップを取ろうとすると、とても大変。それは、誰もが経験から知っていることでしょう。たとえ自分が上のポジショ...
尊敬とは何でしょう?権力で誰かを従わせたり、恐れさせたり、サービスをお金で買ったりすることはできます。しかし尊敬の気持ちは、権力やお金ではどうにもできませ...
「Japan Info」に紹介されたこの記事の妙味は、典型的な「日本人労働者を11の種族にカテゴライズ」している点。社会人が、これほど個性的な人種に分類で...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
インターン生を指揮するにしても、ビジネスをするにしても、あなたの部下が仕事をうまくこなせるかどうか、あるいは、あなた自身の身を守れるかどうか。それは「リー...