「缶ビール」が劇的に美味しくなる5つの裏ワザ

1日の仕事が終わって、待ちに待った家での晩酌。家で飲むビールって最高の息抜きです。とはいえ、缶からグラスへとただただ注いでいませんか?そう、缶ビールのおいしい注ぎ方をマスターするだけで、味わいやのど越しの違いは歴然。秘訣はきれいな「泡」を作ることだったんです。

shutterstock_269048171

 01.
最初はこれをマスター
基本の「三度注ぎ」

%3CatariName%3E_AS_0744@j.psd%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E%3CatariName%3E_AS_0740@j.psd%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E%3CatariName%3E_AS_0736@j.psd%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3Eまずは基本の注ぎ方から。炭酸をある程度抜いて、香りとモルトの味わいが楽しめる「三度注ぎ」です。しっかりマスターして、彼氏や旦那さんを喜ばせてみましょう!

①立てたグラスにまっすぐビールを注ぎ、グラスの縁まで泡が立ったらストップ。②泡とビールの割合が1:1になったら、さらにビールを注ぎ、泡がグラスの縁まで上がったらひと呼吸。③泡とビールが1:2になったら、泡を壊さないようゆっくり注ぎましょう。

 02.
スッキリとした
のど越しが最高!
「一度注ぎ」
%3CatariName%3E_AS_0705@j.psd%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E

%3CatariName%3E_AS_0709@j.psd%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E%3CatariName%3E_AS_0715@j.psd%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3Eやっぱりビールはのど越しが一番。ちょっと注ぎ方が難しそうではありますが、ちょっとしたコツさえつかめばできちゃいます。泡を立てつつも炭酸をしっかり残すことで、キレのいいビールができるのです。

①立てたビールにまっすぐビールを注ぎ、グラスの1/4くらいまで泡を立てます。②グラスを傾けて、泡を持ち上げるようにグラスの側面に注ぎます。③泡を壊さないように、徐々にグラスを立てていき、完成。

 03.
ビール本来の味が楽しめる
「二度注ぎ」

%3CatariName%3E_AS_0723@j.psd%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E%3CatariName%3E_AS_0727@j.psd%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E%3CatariName%3E_AS_0729@j.psd%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E%3CatariName%3E_AS_0731@j.psd%3C/atariName%3E%3CajstAnlge%3E0%3C/ajstAngle%3E香り、のど越しのどちらもあって、バランスのよさならこの注ぎ方。

①立てたグラスにビールをまっすぐ注ぎ、グラスの縁まで泡がたったら中断。②泡とビールが1:2になるまで待ちます。③そのまま、泡を立てすぎないように、ゆっくりとビールを注いでいき、泡が大きくなったら途中でストップ。④泡とビールの比率が3:7になったら完成です。

 04.
食器のスポンジと一緒にせず
グラス専用のスポンジで洗う

shutterstock_107675432缶ビールが劇的においしくなるのは、なにも注ぎ方だけじゃありません。ぜひ準備してもらいたいのが、キレイなグラス。なぜなら、グラスに脂分が付いているのは厳禁だから。おいしい「泡」ができなくなるのです。食器を洗うスポンジとは別にグラス専用のものを用意しましょう。ここを面倒くさがらずにきちんと準備すれば、プロ級のビールが家でも飲めるかも!?

 05.
持っていて損はない
缶ビールがグッとおいしくなる
ビアグラス

shutterstock_205422796家飲みビールをさらにおいしくさせたいなら、グラスにもこだわりましょう。ビールには原料や製法による分類がありますが、そのスタイルごとに適したグラスが存在します。
日本の大手ビール会社が出しているビールのほとんどが「ピルスナー」。そのピルスナーに適したグラスというのが、ウエスト部分がキュッとなったあの形のグラスです。

コンテンツ提供元:エイ出版社

Discover Japan 2015年7月号

伝統あるものづくりやデザイン、衣食住や景観など、ニッポンの文化を紹介。その魅力がひと目で伝わる美しい写真と明快な解説で、優れた「モノ」「コト」「ヒト」を通して本物かつ上質な日本を発信します。今号は初の住宅特集です。

最近、こんな疑問を感じたことはありませんか?「クラフトビールはビン入りよりも缶に入ったもののほうが多い」と。どうやら日本だけではないようです。クラフトビー...
飲み会などで余ったビール、どうしていますか? 捨てている人も多いとは思いますが、もったいない。余ったビールは料理の幅をぐっと広げてくれるのです。まずは基本...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...
グラスを変えるとビールが変わる―。そんな想いのもと、約500年にわたって、こだわりのモノづくりを続けるドイツブランド『シュピゲラウ』。実はいま、同ブランド...
だんだん暖かくなってきて、ビールもますます美味しい季節になってきました。この頃は缶ビールを「生ビール風」に注げるアイテムなんかもありますが、どうせなら本物...
ムシムシと暑い中で、冷えたドリンクを飲む幸せ。でも、冷やしていたはずの飲みものがぬるかった時ショックですよね。そんな辛い思いをさせない夢のデバイスが、米で...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
長い長い登山道を登った果てに辿り着く、美しい山頂の景色。そんな広大な自然の中で飲むビールは格別!という人も多いかもしれませんとはいえ、山頂でお酒を楽しむの...
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
古代文明からはじまり、約6,000年の歴史を持つとも言われている、ビール。一般的に手に入るビールから、地域限定のクラフトビール、一部のBARでしか飲めない...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビー...
空っぽでも十分イケてるけれど、ビールを注げばより味が出る。実はいま、そんなグラスの注目度がグングン上がっているようなんです。ビールが夕空を演出し、風景がノ...
食べもの、飲みものに関わらず、どんな世界にも専門用語はありますが、もちろんそれはビールにも。ここで紹介するのは、ビールを表現する時に必要な用語や、ビアパブ...
甘そうな印象を覚えるでしょうか。これは、“ほろ苦く濃厚な味わいのお酒”。バレンタインデーに飲むお酒として、またはプレゼントとして、検討してみてはいかがでし...
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...