これまでの歴史が覆る!古代「ピリ・レイスの地図」とは?

歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。
記事内で取り上げられている「ピリ・レイスの地図」には、さまざまな見解があるようですが、とてもロマンをかき立てられる内容です。


人間の歴史はとても不思議です。私たちが知っていることは本当にわずかで、これまでにわかっていることも新しい発見が見つかるたびに新たな疑問が浮かんでしまうもの。

この世界には、古代のモニュメントや書物、様々な教えや理解など、多くのことが説明の足りない状態で確認されています。それはまるで記憶喪失と戦っているか、もしくは絵のないパズルを一つひとつ当てはめていくかのような作業。そこには、まだまだ足りないピースがたくさんあるんです。

知られざる歴史が描かれた
「ピリ・レイスの地図」

85singo_スクリーンショット 2015-07-29 13.26.11Reference:WIKIMEDIA COMMONS

1929年、トルコ・コンスタンティノープルで地図が発見されました。西暦1513年に作られたもので、アフリカの西海岸を描いたもの。

歴史的にもよく知られているオスマン帝国の軍事諜報部、ピリ・レイス海軍大将によって複製が行われたもので、コピーされた書物のオリジナルのデータは、紀元前4世紀頃の書類を元にしたものであることがわかっています。しかし、そこに描かれている情報はとても興味深いものでした。

1818年まで未発見だったはずの
南極大陸が描かれている…。

85singo_shutterstock_97815833※画像はイメージです。

まず、地図に描かれている大陸はこれまで教科書で教えられている中の情報では、1818年まで発見されていないはずのものでした。しかし、その地図に描かれていたのは、270万k㎡ある南極大陸の北西部「クイーンモードランド」の姿。
この領域は、当時全て氷で覆われていたはずの場所。ですが、この地図では少し違った歴史が記されてるようです。

紀元前4000年以前に
大陸を描く技術があった?

この地図には、氷に覆われていない南極大陸が描かれていました。現在教えられている地質学的な証拠では、紀元前4000年前までは南極に氷はなかったとされています。ということは、今から6000年前の太古の時代に南極をすでに発見し、その姿を地図に起こす技術が存在していたことになります。

100万年前に存在した
高度な文明とは

85singo_shutterstock_281075690

さらに、科学的には南極大陸の氷帽はおよそ100万年前のものとされています。もしも、それが正しいとしたら北部の大陸が氷に包まれる前の姿が描かれているこの地図は、100万年前に描かれたものということになるのでしょうか。しかし、それは不可能なんです。だってその時代にはそんな高度な文明をもった人類など、存在していなかったはずです。かなり難解ではないでしょうか?

歴史学者であるCharles Hapgood教授とアメリカ空軍の戦略航空軍団(SAC)の間ではこんなやりとりが行われていました。

「これは南極が氷帽に覆われる以前に描かれた沿岸部の地図だ。しかし、この地図に描かれた情報が、1513年当時の地質学の技術でどうやって描かれたのか、全く見当がつかない」

これはアメリカ空軍のHarold Z. Ohlmeyer氏からのメッセージでした。そして、以下の文章はCharles Hapgood教授が行った返信です。

「この正確な情報は、人から人へと伝えられてきた情報で、おそらくミノア文明や、フェニキア人によって作成されたグラフを元にしている。彼らは数千年の間、最も優秀な水兵だった。彼らが数々の調査を行い、さらに地質学者達が編集した書物が、アレクサンドリア(エジプト)にあったことはわかっている(書籍#1)」

他にも、その地図には南極大陸の山脈が記されており、これも1952年まで発見されていなかったはずの場所。この地図への分析に対し、アルベルト・アインシュタインは自らの著書でこう語っています。

「とてもシンプルだがかなり奇抜だ。もしこの情報が正しいものであると証明されれば、これまでの重要な地球の地表に関する重要な証拠は全て覆されることになる」(書籍#1、#2)

宇宙から撮影した
衛星写真とも一致!?

85singo_shutterstock_238055443

Charles Hapgood教授と数学者であるRichard W. Strachan氏は、驚きの事実をいくつも発表しています。例えば、衛生から撮影された写真との間にも多くの共通点が在るため、ピリー・レイスの地図はとても高所から撮影されたものなのである可能性があるということ(書籍#2)。そんな写真撮影をどうやって古代に出来たのでしょう?

ちなみに、レンズの真下に試写体を置いたとしても、写真の中心から離れれば離れるほど、国や大陸はかなり歪んだ形になっていいきます。それはなぜかというと、地球が丸いから。

しかし、ピリ・レイスの地図のある中心部から離れた部分の歪をみてみると、アメリカの人工衛星から撮影したものと多くの場所が一致!衛生写真と一致するほど正確な輪郭が描かれているのです。

古代にあったかもしれない
高度な航空技術とは

85singo_shutterstock_83397637

つまり、この地図は何かしらの航空技術を用いて撮影されたものである可能性があります。面白くないですか?もしそうじゃなかったとしても、100万年も前の人々にそれほど正確な南極の地質学調査ができたというのは信じられないこと。どうしたら、地球が丸いという情報を知り、地図を描くことが出来たのでしょうか?

ここには、シュメール人やマヤ人が持っていたかもしれない、現代のテクノロジーを用いなければ知り得ることのできなかった宇宙からの視点やその計算を行うことができていた高度な技術の存在が感じられます。

謎はまだまだ多く残されています。この地図は、そんな解明されていない謎や失われた高度な文明の存在を感じさせる情報のうちのひとつ。この地図に関する詳細な情報は、(書籍#1)を参考にするといいかもしれません。

(#1)Hancock, Graham. Fingerprints of the Gods: Canada: Anchor Canada, 2005
(#2)Daniken, Erich. Chariots of The Gods. New York: Berkley Books, 1970

Reference:WIKIMEDIA COMMONS
Licensed material used with permission by  Arjun Walia via Collective-Evolution

「はじめに、君たちに言っておきたいことがある。『ギリシャといえば、青い海、白亜の神殿!』なんてイメージは幻想だ。古代ギリシャ人は海をワイン色と表現する。そ...
昔から親しまれているビスケットとクッキーとサブレですが、この3つの違いってなんだか知っていますか?  いざ明確に違いを説明して欲しいと言われると、違いを明...
「昔は良かった…」「それに比べて今は…」「世の中悪くなる一方だ…」とは現代の私たちもよくボヤきますが、2800年前の古代ギリシャ人もまったく同じことを言っ...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
人気ラーメン店でも、海外から初上陸したスイーツ店でも、これで長蛇の列は苦にならない!…とまでは言い切れませんが、待ち時間のストレスが軽減されるのは確か。先...
近年では、世界中の風景をストリートビューで見られるようになりました。ストリートビューは、地図としてはもちろん、その場所に行かなくても旅行した気分を味わうこ...
SNSを介して知人と近況をシェアすることが当たり前のこの時代。またしても、注目度大のアプリが登場しました。この「WHERE」があれば、ちょっとしたお出かけ...
「iBot」は、大きな2つの車輪が縦並びにトランスフォームする電動車イス。動画を見てみましょう。そのほか、階段を登れるところが大きな車輪と優秀なバランス調...
発覚している限り、結婚3回。浮気すること数百回のギリシャ神話の最高神「ゼウス」。古代ギリシャに詳しくない人でも、その名前や存在くらいはご存知ではないでしょ...
スマートフォンさえあれば、たとえ旅行先でも迷わず目的地に辿り着くことができるでしょう。とっても便利になったかわりに、画面ばかり見てしまってせっかくの旅行先...
場所はグアテマラ。世界一美しい湖と呼ばれ、その湖底にはマヤ文明の古代都市が沈んでいるとも言われるとんでもないロケーションにて開催されるのが、年末年始4日間...
春が近づき、本格的な行楽シーズンは目の前。ポカポカ陽気の中、公園に出かけたり、花見やフェスの予定を立てたり…気温とともに気分も上がってきますよね。そんなち...
地球から遠く離れた深宇宙。その探査研究情報をまとめているポール・ギルスター氏は、自身が運営しているwebサイト「Centauri Dreams」で、宇宙か...
歴史上の人物たちの言葉が、今も多くの人達に届いているなんて驚きますよね。しかも、いつになっても学ぶことが尽きないもの。「I Heart Intellige...
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
出先で困るのは、座って休める場所がなかったりすること。かといってチェアを持っていくのもね、でも立ったままだと足はむくむし疲れちゃうから座りたい。そんな時に...
クスクスをサラダでいただくフランス生まれの「タブレ」。もともとはアラブ諸国のサラダがルーツです。クスクスを使ったものがこれまでは一般的でしたが、ヘルシー志...
噴火や土砂崩れ、洪水が起きたら、どのエリアが危険なのか?どこが安全なのか?「状況をきちんと把握できる正確なマップ」がなければ、救援活動を行うことができませ...