「乳ガン」に苦しむ先生へ。子どもたちが贈った愛の歌に、全米が号泣!

小学校の先生であるアドリアーナ・ロペスさんは、2015年1月に乳ガンと診断され、現在化学療法を受けています。
そんな彼女を励ますため、生徒たちで結成されたコーラスグループ「PS22 Chorus」がとても素敵な歌を贈り、全米で感動を呼んでいます。

ニューヨーク市にある第22公立小学校の5年生、約70人によって構成されているコーラスグループが、PS22 Chorus。先生を励ますために、子どもたちが歌ったのは歌手マルティナ・マクブライドさんの「I'm Gonna Love You Through It」。
Mashable」によれば、そもそもこの歌はガンを克服するための応援歌として作られたもので、グラミー賞にもノミネートされたとか。歌詞には、こう綴られています。

「あなたが戸惑ったり、死への恐怖を感じて前へ進むことができない時は、私の手を取って。私たちが一緒なら、前へと進むことができるはず」

子どもたちの歌を聞きながら、思わず涙してしまうロペス先生。

子どもたちは、先生にガンを克服してほしい気持ちを込めて、歌の最後にピンクのカーネーションを掲げます。ps22-chorus-4CBS New York」では、生徒たちの先生に対する思いが紹介されています。
生徒の1人ジャスティン・ランゾさんは、「先生はとても強く勇気のある人なので、諦めてほしくない」と語ったとか。さらにジャネル・ボアキエさんは「みんな先生のことが大好き。だから、精一杯頑張ってほしい」と話します。

ps22-chorus-5

動画の最後で、ロペス先生はこのように述べています。

ps22-chorus-7

「素晴らしい時間をありがとう。とても感動したわ。ガンと闘うのはもちろん簡単じゃないけど、必ず乗り越えて見せるわ。だって私は学校にこんなに素敵な友だちがいるんだもの」

ps22-chorus-8感動の動画は、こちらから見れます。子どもたちが先生のため、一生懸命に歌う様子には思わずもらい泣きしてしまいそうですね。

Reference:MashableCBS New York
Licensed material used with permission by : PS22 Choru
PS22 Choru 動画チャンネル
PS22 Choru ブログ 
Facebookページ
 

32歳、ハリウッド女優であるアニエラ・マックギネスさん。彼女は乳ガンを患い、治療のために乳房を切除しないといけませんでした。無事にガン細胞をとり除いた彼女...
「ブーブは、逆から読んでもブーブ♪」そんな歌がいま注目されています。Boobは英語で"おっぱい"という意味。楽曲のアイデアは8歳の少年のものでした。が、参...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
もし、おっぱいのガンになったら…と、女性ならば誰しも一度は不安を感じたことがありますよね。生活習慣を改善するなどして、なんとか予防出来ないものでしょうか?...
「お母さんならみんな泣いちゃう」「自分だけじゃないんだと、共感して泣きました」世のママたちからそんなコメントを寄せられる“ある動画”が、大きな話題になって...
この記事は、ライターTodd Perry氏が「GOOD Magazine」で紹介した、子どもたちが考える「愛の定義」について。大人だって返答に悩むようなこ...
もしも小さな子どもが、お財布を落とした人を見かけたら?どういう行動をするでしょうか。ここからは、日本赤十字社が制作した「いいことできるかな」という実験動画...
世界中を美談として駆け巡っている、イギリスのお話を紹介。主人公は、11歳の少年ベンくん。5歳で自閉症と診断された彼は、昨年、普通の学校から特別養護学校へと...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...
親が子供にしてあげたいことって山ほどあるんです。生まれる前はあれもこれも、なんでもしてあげたいと思っていたのに、実際に生まれると、毎日の生活でいっぱいいっ...
子育てには、迷うことがたくさんあります。ここでは、「becoming minimalist」のライター、JOSHUA BECKERさんの記事を元に、子ども...
入院中の子どもたちにも、クリスマスを。オーストラリアの写真家、Karen Alsopさんは、ついにその思いをかたちにしました。「病室から出ることのできない...
とある先生が教壇に立ち、きれいな20ドル紙幣を掲げてこう問いかけました。「これが欲しい人は?」。生徒たちは一斉に手を挙げます。先生は小さく紙幣を折りたたみ...
Cath Witten氏は、子どもを産まない人生を選択した女性のひとりです。しかし、ときおり心が傷むような言葉をかけられることがあるとElephant J...
マーク・ザッカーバーグCEOが出産報告とともに、夫妻が持つ99%の株式を慈善事業に寄付すると発表し話題になりましたが、投稿には彼が誕生したばかりの娘に向け...
ファッションは自分を主張するツールのひとつ。けれど、どうして病院のガウン(病衣)は、みな一様に同じ色、同じかたちのものなのか?大人だったら、こんなこと考え...
 「私のような摂食障害や自尊心で苦しんでいる人たちのために立っています。ありのままを受け入れてくれるのなら、身体にハート(♡)を描いてください」1枚のサイ...
「Life is unpredictable(人生なんて、何が起こるか誰にもわからないってことさ)」。オークランド在住22歳のRipu Bhatiaさんは...