ロンドンのバーに貼られたネガティブな「文章」。そこに隠された、本当のメッセージとは?

ロンドンのとあるバーに貼られていたという、一枚の紙。そこに書かれていたのはとてもネガティブな「文章」でした。

Reference:Twitter

日本語に訳すと、こんな内容に。

今日は、今までで最低の日だった。そして、毎日いいことがあるだなんて、ぼくに言わないでほしい。だって、目を凝らしてよく見てみると、この世界はかなり邪悪な場所だから。満足感や幸福感が長続きしない中、ちょっとした親切に照らされることがあったとしてもそれは変わらない。そして、全ては精神と心にあるだなんて真実じゃない。なぜなら、本当の幸せは、周りの環境が優れている場合にのみ手に入れられるものだからだ。いいことが存在するなんて真実じゃない。あなたも認めるはずだ。現実世界がぼくの態度をこうしている。それは、ぼくにはどうしようもないことなんだ。そして、今後もあなたがぼくの口から“今日はいい日だった”なんて言葉を聞くことはないだろう。(今度は下から読んでみて)

なんとも後ろ向きな…。読んでるほうもゲンナリとしてしまいます。でも、メッセージの最後には「下から読んでみて」とあります。
今度は文章を下から順番に読んでみましょう。英文と日本語訳を紹介します。

Today was a good dayAnd you'll never in a million years hear me say that It's all beyond my controlMy attitude Creates The reality I'm sure you can agree that It's not true that good existsOnly if one's surroundings are goodTrue happiness can be obtained BecauseIt's all in the mind and heartAnd It's not true thatSatisfaction and Happiness don't last.Some goodness does shine through once in a while Even If This world is a pretty evill placeBecause, when you take a closer look,There's something good in everyday And don't try to convince me that Today was the acsolute worst day ever 今日はいい日だった。そして、あなたが僕の口から“どうしようもない”なんて言葉を聞くことはないだろう。僕の態度が現実を創っている。きっとあなたも認めるはずだ。いいことは周りの影響によってのみ存在するものじゃない。本当の幸せは手に入れられるんだ。なぜなら、それは自分の精神と心にあるものだから。満足感と幸福感が持続しないなんて真実じゃない。この世界がかなり邪悪な場所だったとしても、いいことは起こるものだ。だって、目を凝らしてよく見てみれば、何かしらいいことがあるものだから。だから、ぼくに“今日は今までで最低の日だった”なんて言葉を投げかけないで欲しい。

まさに正反対!とってもポジティブなメッセージになっていてビックリしちゃいます。米・メディア「Elite Daily」によれば、実はこの回文は、もともとChanie Gorkinさんというブルックリン在住の学生からネット掲示板に投稿された詩なのだとか。

アメリカの掲示板からロンドンのバーまで飛び火するとは、インターネットのある現代らしいニュースと言えるかも。

Reference:Twitter
Licensed material used with permission by Elite Daily

心理学を教えていた元高校教師でもあるライターAndrea Shulman氏は、科学的な視点で様々な情報を紹介する「Expanded Consciousne...
生きることは悩み、考えること。誰もがふとした瞬間に自分の生き方について、つい考えてしまうのではないでしょうか?ここでは、家入一真さんが発案し、絶望名言委員...
人生、このままじゃダメだとわかっていても、一度ネガティブ思考のスパイラルに陥ってしまうと、そこから抜け出すのは簡単ではありません。ここでは「Elite D...
「Higher Perspective」にポジティブに生きるための5つの習慣が掲載されています。自分をネガティブだと捉えている人たちの中には、前向きになり...
たとえ職場を変えても、新たな街に移り住んだとしても、ネガティブな人というのは必ずいて、あなたに付いてまわります。周りを変えることはできないからこそ、ポジテ...
健康、恋愛、アクティビティ、フードと快適な日常生活を送るための情報が満載のアメリカのメディア「MindBodyGreen」。そのなかで、非常に興味深い記事...
「なんだか最近ツイてない…」「私、負のオーラが出ている気がする」きっと、誰にでもそんな時期があるはず。でも、実はネガティブな気を寄せ付けない方法があるみた...
何か気がかりなことがあって、ネガティブな思考に捕らわれてしまうと、普段できていることができなくなったり、楽しいときもどこか憂うつな気分が抜けなかったり。「...
あなたの周りにも、きっといるはず。「なんでそんなこと言うの?」と思ってしまうような、ネガティブな発言ばっかりをする人。でも、もしかしたらその人自身もテンパ...
いつの時代も「きれいごとだけでは済まされない」のが恋愛事情。そこには、美しい名言から、本質を突いたシニカルな言葉まで、数多く存在します。ここでは、家入一真...
生きていく上で切っても切り離せないのが「人間関係」。異なる考えを持つ者同士、わかり合えないのも当然と言えるかもしれません。ここでは、家入一真さんが発案し、...
失敗、挫折、失恋…、一度悪く考えてしまうと、どんどん負のスパイラルの深みに嵌まることがあります。いわゆる“ヘコんだ”とき、実はこのときが、「最も危険な負の...
一番好きな色を聞かれて「黄色」と答える人は、どのくらいいるでしょうか?爽やかなイメージ、レモンやバナナといった新鮮なフルーツ、もしくはお気に入りの戦隊モノ...
「感情なんて、あっても邪魔なだけ。必要ないよ!」と思う人もいるかもしれませんが、ネガティブな感情も、全ての「感情」は生きるために大事な役割を果たしています...
国民投票によるEU離脱が決まったイギリスでいま、洋服の胸元に安全ピンを付ける人たちが増えているといいます。再投票を求めるアピール?ではありません。これは、...
イギリスのあるチャリティーショップに、匿名で寄付されたウェディングドレスが話題を呼んでいます。その理由とは?思わず涙!ドレスに付けられた感動的なメモ件のウ...
どんなに辛いことが起きても、いかなる困難に出会っても、いつも前を向いて行動する人がいます。そんな人たちに共通していることは、難しく考えずポジティブな言葉を...
誰もが目にしているはずなんだけど、見過ごしてしまうような街の風景。それをアート作品に昇華させるMichel Pederson氏。2013年から、このインス...
心配性で、発言はいつも後ろ向き。「大丈夫だよ」と励ましても、効果はまったくなし。そんなネガティブな人、きっとあなたの周りにもいますよね。彼らとうまく付き合...
日本発祥の民間療法として、欧米を中心に海外で関心を集める「Reiki(レイキ)」。その、レイキマスターBrett Bevell氏の言葉を借りれば、健康に生...