真実の愛を見分ける「5つのチェックリスト」

「愛は最高の奉仕だ。みじんも自分の満足を思ってはいけない」

太宰治の『火の鳥』には、愛についてのこうした表現が登場します。これは紛れもなく「真実の愛」と呼ぶにふさわしいものですよね。
でも、中には真実とは対照的な「有毒な愛」も存在します。そんな両者の差を「Higher Perspective」に掲載されているこの記事が教えてくれます。

shutterstock_218199217_R


 01.
そもそも、その恋愛は
何のためのもの?

shutterstock_132578117_R【真実の愛】
自己開発が最も重要。両者は、互いにおける最善を望む。
【有毒な愛】
主な焦点は、恋愛関係それ自体にある。

02.
パートナー以外との
コミュニケーションはある?

【真実の愛】
両者の興味が違ったとしても快適に感じられ、友人との有意義な関係を持つことも許容される。パートナーからの叱責を恐れず、興味やアイデアを追求することができる。
【有毒な愛】
互いの生活の中だけにすべての関係がある。他のどこへも行くことはできず、相互依存関係にある。

03.
“いま”のパートナーの姿に
満足している?

shutterstock_108002660_R 【真実の愛】
パートナーの個性を受け入れることにおいて、争いは生まれない。
【有毒な愛】
ありのままのパートナーを愛するのではなく、自分が望む人に変えようと執着する。

04.
無理に“夜の営み”を
していない?

【真実の愛】
二人の親密さは、愛と信頼、思いやりと友情から生まれる自由な選択に表れる。
【有毒な愛】
パートナーの性的欲望を満たさなければならないかのような恐怖、不安、過度のプレッシャーを感じる。

05.
会話の本来の意味を
間違っていない?

shutterstock_256614325_R【真実の愛】
すべての会話は、理解し、助け合い、パートナーに愛情を伝えようとする建設的なもの。
【有毒な愛】
会話は相手を非難し、自分を守り、パートナーを操作しようとするもの。

Licensed material used with permission by Higher Perspective

たとえ二人が一緒に過ごしていても、その理由が「愛」か「執着」かでは大きな違いがあるもの。でもコレって、自分ではどちらなのか判断しにくいですよね。そこで、大...
ジョン・キム作家韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学など...
お見合いによる結婚から7年の月日が過ぎたという、ライターSurabhi Surendra氏。「あまりポジティブなイメージはないかもしれないけれど、信じられ...
時を超え、シンプルかつ大切なコトを私たちに教え続けてくれるブッダ。「Higher Perspective」に掲載された「真実の愛」に関する記事も、一見する...
この恋、間違ってるかな?本当に今の関係を続けて大丈夫かな?恋をしていると、そんな不安に襲われることも多い。でも、恋人といてこの「10のこと」を感じるなら「...
親しき仲にも礼儀あり。恋人同士だってそれは変わらないのかと思いきや、「お互いどこまで素を出せるか」が良好な関係を築く秘訣だと意見するのは「Elite Da...
期待に応えてくれないパートナーに、イライラしていませんか?もしかしたらそれは、恋愛に対する「期待」が大きすぎるせいかもしれません。そう気づかせてくれるのは...
大人になってから「結婚」について考えると、相手に求めることはどんどん増えていきます。婚活のチェックリストなんて作ろうものなら、その項目は膨大に…。さらに、...
今一度、自分の恋愛を見直したくなってしまう記事を書いているのは、「Elite Daily」の人気恋愛アドバイザーPaul Hudsonさん。もしかしたら、...
今付き合っている彼とは本当に愛し合っている?自分の中で確信を持てなくても大丈夫。恋愛と愛の違いを見分けられる3つのモノサシを紹介します。今後付き合いを進め...
恋愛アドバイザーのKyle Cが、迷える子羊たちに喝!本当の愛ってなんなの?なんで見つからないの?一体どこにあるのよー!と恋の深みでもがいている人はもちろ...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
付き合いはじめてもう◯年、年齢的にもそろそろ結婚を意識する時期だけど…。「本当にこの人でいいの?」と、なかなか決断に踏み切れないのも事実です。そんなときに...
独身で30歳を迎え、焦りを感じ始めた……わけではなく、逆に力が漲ってきたと述べる女性ライターZara Barrie氏。感じたことのない勇ましい気持ちが沸き...
誰かを愛するということは、必ずしもハッピーな気持ちだけでいられるワケではありません。時には辛さや痛みを伴うし、それは万国共通の感情のようです。「愛すること...
どんなにいい恋愛関係にあろうとも、言葉で伝えることは重要!なはずですが…。まったく逆の意見、つまりは「会話の必要性がなくなる」と、持論を展開するPaul ...
一緒にいるのが楽しくて付き合い始めた、ふたり。なのに、だんだん相手のことを嫌いになっていくのはなぜだろう?もしかしたら、あなたは勘違いしているのかもしれま...
よくよく考えてみると、私たちは「結婚」についてポジティブなイメージを抱きすぎているのかもしれません。そう思わされる「Elite Daily」の記事を紹介。...
正直になるのって、結構難しいことです。大人になるにつれて、周りの意見を気にするクセが染みついてしまっているのもしょうがありません。でもだからこそ、大切なパ...
愛する人と交わす口づけは、いつだって特別でハッピーなもの。2013年、ニューヨークを拠点に活動する写真家Ben Lambertyさんは「キスをする人々」の...