なぜ、あの人は素早い決断ができるのか?結果を出すビジネスマンの「3つの秘密」

今の時代は「得られる果実を最大化する意思決定」こそが最良の判断。そのためには、リスクを取ってでもスピーディに決断することが必要です。実は、その判断力は日常生活の中でも養うことができるのです。素早い決断ができるあの上司も、もしかしたら実践しているかもしれません。

01.
まったく知らない場所に
「ひとり旅」をしている

shutterstock_219245134_R

頼れるのは自分だけ、時間も限られているひとり旅では判断にスピードが求められます。まさに「即判断」の連続であり、あなたを確実に成長させるでしょう。
「今日別の街へ移動するか、明日移動するか」「この電車に乗るか、次の電車に乗るか」「初めて会った人に食事に誘われているが、いい人だと信じて行くか、行かないか」このたった3つの判断が少し違うだけで、旅の内容や出会う人は違ってきます。したがって、決まったメンバーで旅行するより、ひとり旅のほうが意思決定の観点からは絶対にいいのです。もしこれが集団旅行ならば、意思決定の学びと成長はどうしても薄くなってしまいます。

02.
周りが錯覚するまで
「情報屋」になりきっている

Business objects

意思決定の材料としてたくさんの情報を持っている方が、より的確に判断できる状態になります。とはいえ、どのように情報収集すればいいのかわからない人も多いですよね。
最も簡単なのは、「情報屋」になることです。情報は、欲している人のところに集まってくるものです。だから、常に情報を欲していると発信することが大切なのです。職場でも、自分を演出し、「情報収集キャラ」「情報屋」と呼ばれるくらいまで、普段からアピールしてみてください。その態度が信用を生み、重要な仕事を任せてもらえるかもしれません。

03.
本当に価値ある情報に
投資している

00016658282_Large

なくては困るほどネットが普及している現代社会では、スマホでいつでも無料でニュースを見ることができます。そんな時代に、お金を払って新聞を買うのは非効率だと思う人もいるかもしれません。
しかし、網羅性と社会性においては、ウェブよりも新聞のほうが優れています。特にこの社会性は、物事の「周辺情報」を洗い出し、見極める作業に直結する部分なので、意思決定や判断には重要です。この社会性を深く身につけていれば、それだけ意思決定ツールの精度は高くなり、「即判断」のスピードも上がります。
本当に価値のあるものは、それなりに費用がかかるという認識を持つことも、結果を出し続ける人になるためには重要です。情報という目に見えないものに投資するかしないか、それを常に判断していくことでまた判断力が養われていくのです。

「即判断」する人は、なぜ成功するのか?
コンテンツ提供元:サンマーク出版

小関尚紀/Naoki Koseki

サラリーマン作家。旅人。都内の企業に勤務しながら作家としても活動中。著書に『「即判断」する人は、なぜ成功するのか?』(サンマーク出版)、『世界一わかりやすい「ゲーム理論」の教科書』(KADOKAWA 中経出版)、『新人マーケター乙女侍奮闘記』(東洋経済新報社)など。後者は「奇想天外なマーケティング授業」として韓国、台湾で翻訳されている。

重要なプレゼンやスポーツの試合など、いざ本番というときは誰だって緊張するもの。それなのに、「なぜ、あの人はいつも冷静なの?」と思うくらい落ち着きはらって、...
一般的に、リーダーシップについて書かれたビジネス書には、「決断力」の重要性を説くものが多い気がします。しかし、この考え方と正反対の意見を述べているのが、ラ...
「Inc.」の記事によると、僕たちは「1日に35,000の決断」をしているらしい。それはコーヒーの買い方から、SNSの投稿、ミーティングでの意見、聞く音楽...
演じる作品はどれも名作となり、輝かしい経歴を手にしたオードリー・ヘップバーン。しかし彼女がバレリーナという夢を挫折し、生活のために女優へと転身したことはあ...
サッパリしていて潔い!とハッとさせられること、ありますよね。ここでは「潔い人」に共通する10の特徴を紹介したいと思います。1.優れた決断力を持っている潔い...
とあるコンサルティング企業のCEOであるDustin McKissens氏、35歳。彼が、大学院を終えたばかりの10年前の自分に、社会人の先輩として伝えた...
多くの人は、人生において成功したいと願っているでしょう。そして、成功するためにやらなければならないことも、心の底ではわかっていることが多いものです。しかし...
決断力を鍛えるためには、日常の気の持ちようや心がけが大きく影響してきます。どのように考え行動するといいのか、具体的に5つの方法をご紹介しましょう。1.自分...
体調が悪い…と自分で感じたとき、あなたは真っ先に何を考えますか?「無理せず会社を休んじゃおう」でしょうか。それとも「体にムチ打ってでも出社しなければ」かも...
一般的には、引っ込み思案で発言も少なく目立たない内向的な人と聞くとネガティブな印象を持たれやすい。しかし、彼らの行動には理由がある。内向的な人々の特徴を見...
その名は「unnurella(アンヌレラ)」。シャレの効いたネーミングに、思わずニヤっとしてしまう。さて、タイトルを読んで、少し違和感を覚えたあなたは大正...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
あんまり考えすぎても婚期を逃すし、かと言って焦って失敗したくない。さて、いつまでに結婚しようかーー。ユタ大学の社会学者Nick Wolfingersが20...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
あなたは、みんなとワイワイ過ごす時間が好きですか?それとも、ひとりの時間を大切にしたいタイプですか?もちろん「両方とも大切」という人も多いでしょう。ここで...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
この国の多くの企業は人々の不安を煽ることで利益をあげ、経営を維持してきた。その影響からか、不安や悩みを「真に受けている人」があまりにも多すぎると私は感じる...
仕事で成果が残せない、人生がうまくいかない…。こうした悩みの原因は、生まれ持った「能力」や「性格」ではなく、いかに適切な判断を積み重ねてきたかにあります。...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...