脳に最適な昼寝時間は◯◯分と判明!間違えると、かえって疲れが溜まることに・・・

昼寝をするときに、明確な時間を定めていますか?きっと、時間を決めずに「とりあえず寝ちゃおう!」というタイプの人が多いですよね。
でも、それにはリスクがあります。ライターJoe Martino氏が「Collective-Evolution」に書いた記事によると、脳には最適な昼寝時間があるとのこと。これを読まないと、昼寝が逆効果になってしまうかもしれません。

She orchestrates her mornings to the tune of coffee


昼寝はいいものです。でも、昼寝をした後にフラフラしたり、かえって疲れていると感じることはありませんか?

なぜでしょう?マイケル・ブルース博士によると、30分以上睡眠時間を取った場合、それは深い眠りになってしまうとのことです。昼寝をした後に、寝る前よりも気分が悪くなったという経験は、これが原因。長く寝すぎてしまうために、抜け出しにくい睡眠段階に突入してしまうのです。

時間がなければ
10~20分が最適

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

最適な昼寝の方法とは、一体何でしょうか?昼寝とは、コンピューターの再起動のようなもので、脳の働きを高めます。コンピューターの速度が遅くなって、きちんと反応しない時がありますよね?でも、再起動すればスピードや機能が元に戻っているはず。短時間で多くのメリットを生み出すことができるという点で、昼寝は再起動とよく似ています。

睡眠の専門家は、時間がない時は、10〜20分間集中して昼寝をすれば、注意力が急速に回復し意識もはっきりするといいます。これくらいの時間であれば、いつでも使うことができるはず。夜遅い時間や、何か大切なことの前、ゲームでボスを倒す前など、注意力が必要な時には短めの昼寝が効果的でしょう。

もう少し時間があれば
60~90分がベスト

私には、起きている時間を最大限に長くしようとしていた時期がありました。その時に、睡眠サイクルについて調べてみたのです。どうすれば睡眠時間を最小限にし、日常生活にも支障をきたさず生活できるのかを知りたかったからです。私は軸となる睡眠の他に、20分間の昼寝を数回行うことにしました。すると、20分間昼寝をした後は気分がよくなっていたのです。注意力もあり、精神的にもハッキリとしていて、昼寝後3~4時間は高い生産性で活動することができました。

一方で、1日が終わりに近づくと認識能力がハッキリとしないことにも気づきました。睡眠スタイルを移行している過程で起こりうることだったのかもしれませんが、脳が充分な睡眠を得ていないと感じました。メドニック博士によると、60分程度の長い昼寝は、脳の認知能力を再び高めるために効果的とのこと。さらに、90分程度の昼寝は、睡眠の完全なサイクルに入るもので、想像力や感情、手続き記憶の機能を助けるといいます。この手続き記憶とは長期記憶の一種。自転車に乗る方法などを学ぶ時に使います。レム睡眠は、きちんと寝ていても眠くなる「睡眠慣性」の発生率を最小限に抑えられるといわれています。

それぞれの効果を理解し
最高の昼寝を!

She orchestrates her mornings to the tune of coffee

研究によると、短時間の昼寝は覚醒感を高め、認知能力を向上させるようです。もし、あなたが少し休みたいと思っているのなら、5~20分の昼寝が最適でしょう。深い眠りによって機能を回復させたいと考えているのなら、60~90分をオススメします。

短時間の昼寝をしたいと思っているなら、深く眠ってしまわないよう座っておきましょう。昼寝をした時に悪夢を見たとしたら、あなたは睡眠障害の可能性があります。

Licensed material used with permission by Joe Martino , via Collective Evolution

お昼寝、シエスタ、パワーナップなど。「Little Things」の人気ライター、 Laura Caseleyさんが、そのメリットと効果的なお昼寝の仕方を...
疲労を回復し、カラダのメンテナンスをしてくれる“睡眠”。その効果は、自分に合った最適な睡眠時間にこだわることで、さらに高めることができるそう。これは多忙な...
昼寝すると作業効率があがる!なんて話は最近よく耳にする話。シエスタ文化を取り入れる企業も話題になり、適度な休憩が大切だよねというのはもう常識。でも、どうや...
健康にも美容にも、仕事効率にだって大事だと言われる「睡眠」。では実際、どのくらい寝るのがベストなのだろうか?そんなかねてからの疑問をスッキリさせてくれるよ...
米メディア「Big Think」で、雇用者はコーヒーメーカーより昼寝スペースを設けるべきという内容の記事が話題になっています。昼寝をすることで生産性や忍耐...
かのナポレオンは、一日に3時間しか寝なかった。なんて言い伝えがあるけれど、人間にとって本当に必要な睡眠時間は、はたしてどの程度なのだろか?ここに登場する、...
脳科学の研究から、興味深いトピックをまとめた記事を紹介します。ライターAngel Chang氏は、モチベーションアップから、生産性を上げる方法、さらには寝...
テレビや映画、SNSにゲーム。アメリカのティーンエイジャー(8歳〜18歳)たちが、このような“メディア”に費やす時間が長すぎるのでは?と問題視されています...
「6時間以下の睡眠を毎日続けているのであれば、あなたの精神と身体能力は、2日間徹夜した状態と同じ程度まで低下しているかもしれない…」。ここで紹介するのは「...
睡眠時間を割いてまで必死になって働いても、給与には反映してこない。そればかりか逆効果だって!?それを証明するような研究があります。シンプルに言えば、睡眠時...
睡眠不足が心と体にもたらす悪影響や、個人のポテンシャル低下は、今さら改めて書くまでもないはず。けれどその個人の睡眠不足がトリガーとなり、ひいてはそれが経済...
Licensed material used with permission by:AsapSCIENCE毎日の睡眠時間、どれくらいとっていますか?もしか...
仕事を一生懸命することは大切です。しかしそれだけでは、仕事のスキルは上がっても、思考力を成長させることは難しいでしょう。仕事をしつつも合間に脳を鍛えること...
いまだその全容を解明できずにいる脳の中。まだまだ私たちが知らないことがたくさんあるのです。ここからは米メディア「Higher Perspective」に掲...
人間が、人生のうちの約26年もの時間を睡眠に費やしているって、知ってました?今回紹介するのは睡眠に関する意外なトリビアの数々。まだまだ知らなかったこと、沢...
新茶のおいしい季節ですね。4月中旬から5月中旬に摘み取られたお茶は「一番茶」とも呼ばれ、味や香りがよく、栄養価が高いという特徴があります。お茶はガン予防、...
誰だって睡眠の質を高めて疲れをとりたいと願うものです。ここでは、「Little Things」に掲載された10個のコツを紹介。試してみては?「HELPGU...
医学博士のAmy Shah氏は、「mindbodygreen」で、こう断言しています。「健康やダイエットにルールなんてない!」と。カロリー制限やハードな運...
なかなか時間がとれず、日課だったジョギングをサボっている…なんて人もいるのではないでしょうか。仕事が忙しいから走らない?いやいや、仕事のレベルを向上するた...
「いいから寝かせてくれ!」というのが本音かも?ですが、長生きするためにも一応見ておきましょう。2015年12月9日に発表されたシドニー大学の研究結果に注目...