日常から旅先まで!簡単に「プロ並みの写真」が撮れる最新スマホがスゴすぎる

休日。どこかにお出かけした先で、街並みをパシャり。食べたものをパシャり。遠くに行くとそれはなおのこと。でも、スマホを使って写真を撮ったものの、SNSに投稿するときはアプリを使ってちょっとフィルタをかけてみたり。なんていうのはよくある話だと思います。
いっそのこと加工する必要がないくらいクオリティの高い写真が手軽に撮れるスマホがあればいいのに…。

_O7P4509_02

高性能カメラが内蔵され、一眼レフに近い撮影設定が可能な「isai vivid LGV32」なら、プロカメラマンもうなるような超ハイクオリティな写真が手軽に、そして便利に撮れちゃうんです。 では、その理由って?

“大事な一瞬”を
しっかりとおさえられる!

isai01_02

子どもが海や川、プールなどの水場で遊んでいるシーンを従来のスマホで撮ろうとしたとき。子どもってちょこちょこ動き回ってカメラを待ってくれないし、さらに水場となるとタイミングを取るのが余計難しい…。子どもを持つ親なら一度は考えたことがあるのでは?でも、その一瞬すらも綺麗に撮れるのがこの「isai vivid」。
シャッタースピードを調節できるので、たとえば速く設定することで水滴一粒一粒の躍動感すらも写真におさえることができます。もちろん、子どもの弾けるような笑顔だって見逃しません。

光に左右されず
見たままの印象が残せる

isai02_02

光に照らされているモノを撮影すると、青味がかった白やちょっと黄味がかった白に感じてしまい、自分が見たままの印象で写真に収めるのは難しいかったりします。でも、ホワイトバランスの設定ができる「isai vivid」なら対象物と背景の色かぶりを抑えられたり、写真の色合いを調整可能。
モノ本来の色を表現することができるので、温かみや鮮やかさがそのまま映し出せるのはこの写真を見れば一目瞭然ですよね。

実物以上(?)の雰囲気も
作り出せちゃう
一眼レフ並みの設定機能つき

isai03_02撮影地:Los Papelotes

高性能なカメラによる写真と、スマホのそれとの違いは“ボカシ”にあります。プロカメラマンにとっても重要なポイントのひとつだったり。残したい対象物にしっかりと焦点をあてつつも、背景をボカすことで、雰囲気のある写真になりますが、これがスマホではなかなかできません。でも「isai vivid」ならそれが可能。
たとえば、よくテレビや映画の撮影で使われている小洒落た古書店だって、実物よりもよりムーディーに演出できちゃいます。

食事のシズル感を伝えられる
スマホはisai vividだけ!

isai0402

食事を美味しそうに撮るのって難しいもの。いわゆる“シズル感”のある写真には、食材それぞれの鮮やかな色や質感が欠かせません。カラースペクトルセンサー機能のついた「isai vivid」なら、そんな高い表現力も思いのまま。簡単にいうと、サラダの色彩はもちろん、野菜のシャッキリさまでもクッキリと忠実におさえられちゃいます。
「isai vivid」で撮ったこのサラダ、とっても美味しそうに見えるでしょ?

暗がりでも鮮明な
思い出が残せる

isai05_02撮影地:BONDI COFFEE SANDWICHES

友人や恋人とのディナーで訪れたちょっとオシャレなレストランやムーディーなバー。雰囲気のあるスポットって、写真を撮りたくてもちょっと照明が暗めで一般的なスマホのカメラでは全体的にぼんやりしてしまい、意外と撮影しにくかったりします…。
でも、明るいレンズと手ぶれ補正機能搭載の「isai vivid」なら、そういう場所でも見たままの写真が撮れる!ほんとにスグレモノ、なんです。

こんなにいろんな機能がついたスマホがあるなら、カメラをわざわざ持ち歩く必要はナシ。もう、○眼レ○はいらない…かも?

btn_isai_150814

PCサイトはこちら

Sponsored by LG

もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
「スマホ de チェキ」は、時間がかからない上に、鮮明に写るところが◎。海外でも話題になっています。スマホのカメラ機能って優秀なのに、画像データを現像する...
海外を旅行するとき、盗難には注意が必要。たとえばスマホを無防備にポケットに入れていては、スルッと盗られてしまう可能性大です。この「C-Safe™ Pock...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
撮影した写真をその場で現像してくれる。つまり、インスタントカメラの役割を、強引にもスマホのケースに内蔵させちゃったのが、この「Prynt」です。あるオモシ...
この発想はなかった!いま海外で、想像の斜め上をいく「iPhoneケース」が大きな話題となっています。それは…「EYE」は、Androidのスマートフォンを...
はじめに伝えておくと、これから紹介する製品は、現時点で日本での発売予定はなし。ただし、将来的な上陸が期待される要チェックアイテムなのです。特に頻繁にスマホ...
ワンランク上のスマホ撮影を可能にする、簡単テクニックをウェブマガジン「COOPH」よりご紹介。身の回りの道具を撮影に取り入れるだけで、ガラリと印象が変わる...
なぜかいつもスマホの液晶がバッキバキの人っていますよね。注意しているつもりが、うっかり落としちゃって…。気休め程度に保護シールを貼っていても完全に防ぐこと...
日常風景を写真に収めた、アメリカ人フォトグラファーEric Pickersgill氏の作品。ただの日常を写しただけならば、彼がこれほど注目されることはなか...
旅の醍醐味の一つは、自分の日常とは違う、その土地の「リアル」を知れること。だから、民泊をして現地の日常を覗いてみたり、地元のスーパーで食材を調達してお料理...
スマホのおかげで、それまであまりカメラに興味がなかった人でも、気軽に手元に写真を残せるようになりました。「みんな、もっと写真を撮ればいいのに」と思...
写真には「鉄則」ともいうべき、いくつかの構図のルールがあります。簡単にできる、とは言いませんが、少し意識するだけでプロのような写真に近づけるかもしれません...
Instagramを見ていると、気になるものってけっこう出てきますよね。大好きなモデルさんやインスタグラマーが着ている服。友達が身につけている小物。トレン...
「Lomo’Instant Automat」は、インスタントカメラのシンプルな操作性を保ったまま冒険心まで満たしてくれる優れもの。まさに痒いところに手が届...
  001.「てっちゃん、南極行かない?」 今月2014年5/1号『BRUTUS』の表紙は、伊藤さんが南極で撮影された写真なんですよね。素敵な写真ばかりで...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
Regina Wyllieは、プロのカメラマンとして活躍している9歳の女の子。その写真のクオリティは大人顔負け。一体どうなってるの?よく撮れていますよね。...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...