彼氏からのメッセージ「忙しくて会えない」の本当の意味とは?

思い切ってデートに誘ったのに、「忙しい」と言われて断られた経験はありませんか?この言い訳が続くようなら、もうその恋愛には黄信号が灯っていると言っていいでしょう。
その理由がブロガーのSara Woznicki氏が「Elite Daily」に書いたこの記事にまとめられています。薄々は分かっていたけど、明言されるとやっぱりショックですね…。

ikemen150817-01


私:「元気にしてる?」

(6時間後)彼:「ごめん、すごく忙しくて。おやすみなさい」

(2日後)私:「今週末、飲みに行かない?」

(1日後)彼:「ごめん、すごく忙しいんだ。来週なら大丈夫かも」

こんな経験はありませんか?

きっと誰にでもあること。新しい彼氏候補とずっとメールのやりとりをして、何度かデートもする。そして突然、彼が逃げ出す。

彼は夜遅くまで働き、男友達と飲みに行く。ジムに通って、怪しげな慢性病のために毎日医者に行き、新しいペットのカンガルーと遊んだり、老人ホームにクッキーを配りに行ったりする習慣があるらしい。バカみたい。

彼はあなたに会う時間がないくらい忙しくて、それを短いメールだけで説明しようとする。

誤解しないで。みんな忙しいことくらい分かってる。他の用事を入れる時間がまったくないほど忙しい日があることも。

誰だって仕事や家族、社会的義務、細かい用事やエクササイズの時間が必要。

誰だって忙しいの。でも、自分に正直になってみない?「忙しすぎる男や女」がその他の誰よりも忙しい可能性は低い。

みんな1日は24時間。1日を同じように与えられている。そして、みんな24時間をそれぞれの方法で使っている。それを「忙しい」と考えているだけ。

例えば、起きて、シャワーを浴びて、仕事に行く。ジムに行って、夕食を作って、友達に会い、ソファでくつろいだり、家事をしたり。

そして、就寝時間。24時間は慌ただしく過ぎていく。

忙しい=あまり会いたくない

too-busy15081231

でも、自分のルーティーンにフィットしない人と過ごす機会があったら、選択肢は2つしかない。予定を調整するかしないかだ。とてもシンプルでしょ。

誰かが「忙しすぎる」と言ったら、彼らのルーティーンがあなたに会うことよりも大切だということ。

なぜ私がそんなこと知っているかって?だって「忙しい」と言い訳したことがない人を探す自信がないもの。しかも、私だって使ったことがある言い訳だから。

私が誰かに会いたい時は、既に予定がある日に誘われても、予定を調整して彼のための時間をつくる。または、既にある予定に彼を誘う。

「XやYをする予定なんだけど、途中でZをしたいなら、私にとっても調度いいわ」と答えるか、次の日の予定に入れるか。

でも、たいして会いたくないときは、とりあえず「忙しい」と言っておく。

「忙しすぎる」と言っているんじゃなくて、本心は「別にあなたに会いたくないの。それらしい言い訳を考えるのも面倒なの」ということ。

誰かが忙しいと言っても、そのまま受け入れないで。その人はあなたを優先していないだけということに気づいて。次回その人があなたに会いたいときにはあなたが忙しいかもしれない。

あなたはすぐにあなたのためだけに時間を作ってくれる人を見つけられるはず。だって、あなたにはその価値があるから。

Licensed material used with permission by Elite Daily

好きな人に出会えたら、ほとんどの人は逃すまいと必死に会う時間をつくろうとするでしょう。しかし、どんなに順調だと思っていた片思いも、このひと言で一気に雲行き...
大好きな彼氏が仕事に打ち込む姿はとても魅力的。でも、もっと会いたいし一緒にいたい、自分のことを考えてほしいと願うのも、彼女としては当然の感情ですよね。そん...
うまくいかなそうとか、距離には勝てない等、ネガティブなイメージの遠距離恋愛。ですが、実は遠距離中の恋人同士は、いつでも会えるカップルに比べて、心のつながり...
遠距離恋愛のつらいところは、会いたいときに思うように会えないこと。何となく、ひとりぼっちのような気がしてしまうとき、恋人からのサプライズがあったらどんなに...
落ち着きがあり、周囲に気を配ることの出来る年上女性。そんな憧れを抱いている男性も多いのでは?しかし、大人の女性はあまり不満を態度や言葉に表したりしないので...
本当は離れたくないのに、仕事や家庭の事情で遠距離恋愛を余儀なくされている人は少なくありません。会いたいときに会えないうえ、ほかの人へ心変わりされてしまうか...
朝にやらなきゃいけないことや、考えないといけないことって、じつはたくさんあります。コーヒーを淹れたり、朝ごはんを食べたり、服を選んだり、今日の仕事のことを...
メッセージやメールでの会話が当たり前になった現代。そのおかげで、友だちと予定を立てるのも、恋愛を発展させるのも、ずいぶんスムーズになったのでは?そんな便利...
男性のみなさん、気になる女性と2人きりで初めて食事に行ったとき、お会計はどうしていますか?全部自分で払うのが当然、と思っている人が多いかもしれません。でも...
遠距離恋愛になれば、相手の近くにいられた今までと違い、簡単に連絡を取ることができないため、不安な方もいらっしゃるかもしれません。メール頻度はどのくらいがい...
男性と女性だと、恋愛の考え方がかなり違うのかもしれません。…と、頭では理解していても、あまりにデリカシーがないと、どんなに心が広い女性でもイラッとしてしま...
鶴は千年、亀は万年…ことわざにもあるように、日本では昔から亀は縁起の良い生き物とされてきました。そんな亀が夢の中に現れたら、一体どんなメッセージがあるので...
キスから始まる恋愛なんて、現実的じゃありません。いつだって、最初のドキドキは手をつなぐところからでは?そこは ライターAngel Chang氏も同意見。さ...
メッセージのやりとりはとても便利ですが、常にこんな疑問がつきまとうもの。「それって、本音?」。ここでは、よく見かけるセリフの裏側に秘められた真実(?)を紹...
「口に出さなければ判らない」とかく恋愛では、こんな二人のすれ違いが事実よくあるもの。そんな心のモヤモヤを、男性から解消する方法を「I Heart Inte...
時代ともに変わる男女の恋愛観。でも、「Higher Perspective」に掲載された記事によると、「古い映画でしか目にしない、時代錯誤な恋愛スタイル」...
世の中にカップルは星の数ほどいますが、彼氏が大好きで本当に幸せな女性は、彼氏にどんなことをしてもらっているのでしょうか? 「こんな彼氏を作るぞ!」と決意す...
とびっきりの美人ほど彼氏いない歴が長かったりすることってありますよね。「なぜ彼女たちに彼氏がいないんだろう?」と不思議に思ったことは数知れず。気になるその...
彼氏/彼女を「パートナー」という呼び名に置き換えたなら、あなたの恋人にどんな変化が起きるか?たんなる表現の違いで、「もっと精神的に深く結びつき、お互いを尊...
この恋愛、間違いなし!と、自信をもって言い切るための決定的な要因。もしも、それを見出せずにいるのなら、「Thought Catalog」で紹介された Al...