世界が感動した「プロサーファーの失格」。その理由とは?

プロサーファーの「マーティン・パセリ」は、過去に5度の大会優勝を経験している超有名選手だ。2015年5月に行われた世界大会「National Argentine Surf Championship」で勝てば、その後のキャリアを大きく飛躍させることになるだろうと言われていたそうだ。
が、彼は大会を失格になってしまった。

理由は、人を背負った状態で大会に参加したからだった。

 

大会の会場には車椅子に座って波を眺める男性がいた。マーティン・パセリが背負っていた人物は、ニコラス・ガレゴスさん。18歳の時に事故で下半身まひになった男性だ。

85singo_スクリーンショット 2015-08-17 12.31.54

85singo_スクリーンショット 2015-08-17 12.32.19

85singo_スクリーンショット 2015-08-17 12.55.14

彼の夢は、プロサーファーになること。それは18歳から20年経った今でも変わらなかった。そして、マーティン・パセリは彼のことを知り、自身のキャリアにとっても大きな影響を与えるであろう決断を行った。大会では多くの人が彼のパフォーマンスを心待ちにしていた。

85singo_スクリーンショット 2015-08-17 12.33.18

85singo_スクリーンショット 2015-08-17 12.56.23

85singo_スクリーンショット 2015-08-17 12.44.16

85singo_スクリーンショット 2015-08-17 12.44.29

85singo_スクリーンショット 2015-08-17 12.44.37

85singo_スクリーンショット 2015-08-17 12.44.56

85singo_スクリーンショット 2015-08-17 12.45.09

85singo_スクリーンショット 2015-08-17 12.45.21

85singo_スクリーンショット 2015-08-17 12.48.04

85singo_スクリーンショット 2015-08-17 12.48.22

85singo_スクリーンショット 2015-08-17 12.45.34

85singo_スクリーンショット 2015-08-17 12.45.47

波に乗っていた時間が短かくはあれど、ニコラス・ガレゴスさんの夢は世界大会に出場するという最高の形で叶うことになった。しかし、当然ながらマーティン・パセリ選手は失格に。

大会でのインタビューで彼が語ったコメントを以下に紹介する。のちのインターネットで大拡散されることになった、彼の想いを知ることができる。

 

「本当のところ、俺は負けてなんかいない。今までで最高の波だった。人生で一番大きな勝利だね

Licensed material used with permission by REEFMcCann Buenos Aires

※この記事は、YouTubeの情報を元に作成した記事で、2015年8月8日に公開したものです。しかし、内容についての誤りがあったため、修正をお詫びとともに追記させていただきます。

動画内には「MARTIN PASSERI WAS DISQUALIFIED FROM THE COMPETITION(マーティン・パセリは競技を失格になった)」との字幕が表示されていましたが、海外メディアGrindTVによると、Martin Passeri選手がNicolás Gallegos氏を背負ってサーフィンをしている映像は、大会の競技前の練習時間に撮影されたものでした。(詳細はこちらの記事に掲載されています)。

つまり、Passeri選手は失格となっていません。通常通り試合に出場した結果、試合ではSantiago Muniz選手に敗戦しています。

Passeri選手は元々競技中にGallegos氏を背負って参加することを考えていたようですが、最終的にはそうしませんでした。理由は足と背中に大きな負担があり想像以上に難しい挑戦だと判断したからだそうです。本人は「2度の波乗りが、どちらも最高の波だったことは確かだ」とコメントしています。

この記事を読んで感動してくださった方に、事実と誤りがあったことを深くお詫び申し上げます。

2015年8月20日
TABI LABO 編集部

世界のあらゆる波を人工でつくり出す「Wavegarden」。いわゆる人工波テクノロジーを用いた、ウェーブプールを手掛ける草分け的存在だ。サーファーたちをわ...
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
2016年1月27日、オアフ島・カメハメハハイウェイでのこと。「Stab」によれば、クリス・ウィッティーさんの妻・サラさんは、2歳の子どもヴァンくんをベビ...
サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリ...
ペンシルベニア州に暮らすIanさんとLarissaさんMurphy夫妻。夫のIanさんは、交通事故の影響で脳に重い障がいを抱えています。この動画は、献身的...
私は耳が聞こえないことを障がいだとは思わない。そう語るのは、映画監督の今村彩子さん。彼女は生まれながらにして耳が聞こえない。学校では友達の輪に入ってお喋り...
舞台は2016年1月某日の「夜の空港」。離発着が減り、人の往来も少なくなっているトランクレーンで、リアル「人生ゲーム」が仕掛けられました!荷物の下にはサプ...
YouTubeで「泣ける…」と話題になったのが、ここで紹介する動画です。書店の前にいつも寝転がっているホームレスの青年と、その店主のやり取り。最後には、胸...
旅先での出会いは、人生における貴重な体験であり、旅する醍醐味のひとつ。現地の人のやさしさにふれることができたのなら、それだけで旅は「最高の思い出」になる。...
「The Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」は、伝説のサーファーと呼ばれるエディ・アイカウの功績を称えたビッグウェー...
写真は、アドリア海に面したクロアチアの古都ザダル。海に突き出した恰好の旧市街は、古代ローマ遺跡が点在する、情緒ある観光地として有名だ。その市街地を抜けた先...
9月7日にリオデジャネイロで「もう一つのオリンピック」が開幕します。これはそのPR動画。日常生活の中で限界を感じることって誰にでもありますが、この動画を見...
「一度でいいから波に乗る感覚を味わってみたい!」きっと、そう思っている人は多いはず。ただ、一歩を踏み出すにはかなり高いハードルがありますよね。そもそも、サ...
「ディジュリドゥ」という楽器がある。オーストラリアの先住民族アボリジニが、数万年前から儀式などの伴奏に用いてきた世界最古とされる管楽器だ。そして、日本を代...
この動画の撮影者Laura Dellさんは、母シャノンさんに初孫を見せるため、サプライズを仕掛けました。おばあちゃんになることを知った時の、シャノンさんの...
米シアトルの西に位置するヴァション島。この小さな島で起きた犬の救出劇が話題になっています。行方不明になった犬捜索しても見つからず…2015年9月12日、ヴ...
「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
苦楽を共にする、と言葉にすると簡単に見えるかもしれませんが、世界中のどの夫婦にも、二人にしかわからない愛のカタチがあります。長年連れ添う幸せな夫婦は、いっ...