【アクションカムとクリップで】これからの新しい旅「CLIP ON TRIP」

旅先で撮影した写真や動画の数々。もちろん、どれも大切な思い出なんだけど、見返してみると案外同じような撮り方だったり、壮大な風景もイマイチ伝わりづらかったり、自分たちもカメラ目線での「ハイチーズ」的なキメ顔で似たような表情だったり…。
でも、ここで紹介するSonyのアクションカム&クリップは、今までのものとはまったく違う旅の思い出を残せるカメラ。コンパクトなサイズは、持ち運びに便利だし、防水・防塵でシーンを選ばないのも旅向き。なによりも、色んな場所にクリップすることでこんな動画や写真が簡単に撮れちゃうんです!

今までと違う思い出を残す3つのコツ

01. 目線クリップ

風景を自分が見たままに
記録できる!

01_sony_actioncam_tabilabo

02. 自撮りクリップ

カメラ目線じゃない“自分たちの”
自然な表情まで残せる!

02_sony_actioncam_tabilabo

03. どこでもクリップ

アイデア次第で見たこともない
ドキドキするアングルに!

03_sony_actioncam_tabilabo

他にも便利な機能が盛りだくさん!

□ライブビューリモコンを装着すると、動きの多いシーンでも、撮影アングルを手元で確認・操作できる!

□広角最大170°!だから目の前の風景をダイナミックに映せる!

□GPS機能と連携して、旅先の位置情報と一緒に思い出を残せる!

これから旅に出るときには、Sonyアクションカム&クリップを持って、みんなと違う撮り方で思い出を残してみてはいかがでしょうか?

btn_idea_150511_16

btn_sony03_150831_01

btn_sony03_150831_02

btn_sony_lp_151117

btn_sony_lp_151117_02

Sponsored by Sony

ぐねぐねした体の先に、輝く「ひとつ目」。このキュートでチャーミングなデバイス、じつはカメラなんです。一般的なアクションカメラはとても頑丈で防水も完璧ですが...
鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...
本の楽しみ方はさまざまだ。中の情報を消費するのは当たり前。メッセージを込めたプレゼントとしても優秀。そして何より、こだわり抜かれた装丁は、インテリアとして...
昨今は、一つの拠点に長期間滞在するのではなく、日本各地の観光地をホッピングする(飛びまわる)ように旅を楽しむスタイルが人気。そんな“Hopping Tra...
「Lomo’Instant Automat」は、インスタントカメラのシンプルな操作性を保ったまま冒険心まで満たしてくれる優れもの。まさに痒いところに手が届...
永川さんは電通を退社後、世界中の都市の様子をYouTubeで発信する 「WORLD – CRUISE」というプロジェクトをはじめられました。このプロジェク...
時に写真は残酷だ。そこに莫大な予算を注ぎ込み、いかに時間をかけようとも、撮るべき一瞬が通り過ぎてしまうこともある。写真家は、職業ではなく生き方だ。その写真...
デトロイトテクノの先駆者ジェフ・ミルズが、音像と映像をミックスした、強烈な体験を演出する。会場は、音響評価が世界的に高い浜離宮朝日ホールだ。9月に放送され...
愛犬と一緒に写真を撮りたいけど、なかなかカメラに目線を向けてくれない…と嘆く愛犬家たちに朗報です。米サンディエゴのClever Dog Products社...
知る人ぞ知る宿泊施設が、湘南・葉山にある。「THE HOUSE on the beach」と名付けられたそれは、以前にこちらの記事で紹介した「THE HO...
日本科学未来館で2016年3月2日から5月30日まで開催されている「GAME ON」は、ロンドン発の企画展。これまでに世界中で遊ばれてきた数々の「テレビゲ...
「写ルンです」が、サブカル好きにリバイバルブームを起こしている。インスタントカメラの「チェキ」も、おしゃれアイテムとして人気だ。ローファイなメディアは、偶...
一度はその目で見てみたいコックピットからの景色。この360度カメラで撮影された動画が、それを実現してくれます。パイロットになった気分でエアバスを操縦してみ...
カメラを手に入れたら、色々な機能を試してみたいものですよね。もちろんスマホのアプリも便利でいいのですが、ここではレゴブロックのように組み立てながら遊べるカ...
ところ構わず、SNSで恋人とのラブラブ度合いをアピールする人たちに向けた「Higher Perspective」の記事をご紹介。本当に絆の強いカップルは、...
行きよりも、帰り道の方が短く感じる。そんなふうに思ったことはありませんか?実はこれまでにその謎を解明しようと、多くの科学者が調査を行っており、科学の世界で...
19ヶ月のスタンリーくんは、カメラに興味津々!それもそのはず、スタンリーくんのお父さんはプロカメラマンなんです。なんとか持てる…というほど大きい、お父さん...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
簡単に、ある程度綺麗な写真を撮影できるiPhone。しかし、いざという時に手ブレを起こしたり、うまく被写体を捉えられなかったり…なんてことはありませんか?...
安藤 美冬/Mifuyu Ando1980年生まれ、東京育ち。慶應義塾大学卒業後、集英社を経て現職。ソーシャルメディアでの発信を駆使し、肩書や専門領域にと...