新発見!?スカートを穿いた「キノコ人間」の正体とは?

頭はキノコ、体は人間。なんとも奇妙なビジュアルで、しかも、どこか苦しんでいるように見える…。あなたはそんな「キノコ人間」の存在を知っていますか?

FireShot Capture - ポイズンきの子 I ekoD Works - http___ekodworks.com_works_pkinoko.html5_R

正体は、「食べたらこんな目に遭っちゃうよ!」と体で訴える毒キノコの精ポイズンきの子』。腹痛、錯乱、瀕死など、人間が食した時の症状を体現しています。
彼女たちは自身が不用意に食べられることのないよう、ボディーランゲージで自らの危険性を周知。もし、どこかで毒キノコと出会っても、「きの子」を思い出せばうっかり口にせずに済むかもしれない。 …というコンセプトの元で生み出された社会派キャラクターなのです。
FireShot Capture - ポイズンきの子 I ekoD Works - http___ekodworks.com_works_pkinoko.html4_R
「前屈み」は、軽度の腹痛や下痢などの症状を引き起こす毒性のサイン。
FireShot Capture - ポイズンきの子 I ekoD Works - http___ekodworks.com_works_pkinoko.html2_R
タマシロオニタケ子12_R
「うづくまり」のポーズは、かなり苦しい腹痛や嘔吐につながり…
タマゴタケモドキ_R
「横たわり膝抱え込み」と呼ばれるこのポーズは、内蔵が破壊され、瀕死の状態になる可能性を示唆。
FireShot Capture - ポイズンきの子 I ekoD Works - http___ekodworks.com_works_pkinoko.html1_R
意外と身近なところにも潜んでいるポイズンきの子。どんなに美味しそうなきの子を見つけても、うっかり口に入れたら大変なことになってしまいます。くれぐれも気をつけましょう。

FireShot Capture - ポイズンきの子 I ekoD Works - http___ekodworks.com_works_pkinoko.html_R

制作したのは、ユーモラスなものづくりを介して人々の笑いを誘うクリエイティブスタジオ、 ekoD Works世の中のさまざまな物事に彼らならではの「ユーモア」というフィルターを通し、「また、アホなものを作りましたね」と言ってもらえるものづくりを目指しています。

FireShot Capture - ポイズンきの子 I ekoD Works - http___ekodworks.com_works_pkinoko.html10_R

ちなみに、ekoD Worksではポイズンきの子の他にも、男の浪漫コレクション『タニマダイバー』や『妄想マッピングコレクション』などを制作。その抜群のユーモアに、思わずニヤケてしまうこと間違いなしです。

Licensed material used with permission by ekoD Works

アウトドアの盛んなポートランドで親しまれているアクティビティのひとつが「マッシュルームハンティング(キノコ狩り)」。10月から春先までシトシトと雨が降り続...
秋の味覚きのこ、その多くがこの時期に旬を迎えます。できるだけ新鮮に、長く旬のキノコをたのしむならば、冷凍保存がオススメ。冷凍することで「風味が悪くなる」な...
ローストしたコーヒー本来のうまみを味わう、ごく一般的な飲み方のほかにもうひとつ、コーヒーに他の素材をブレンドし、付加価値をつけるスタイルが登場したのがここ...
奇跡──。そんな謳い文句を聞かされたら、否が応でも気になってしまう。とにかく体に良さそうなことはイメージできるけれど、果たしてその正体やいかに。極寒の地シ...
吉田ユニやPARTY川村真司など、これまでに数多くの著名クリエイターたちが映像制作を手がけてきたスペースシャワーTVのステーションID。先日公開されたその...
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
世界的な日本文化の1つとしてある「Origami」。今回紹介するのは一般的な折り紙の常識の、一歩前へ踏み込んだアート作品!動物はもちろんブランドロゴや、現...
日本とイタリアの国交樹立150周年にあたる2016年。日本文化(着物地)とイタリア文化(シルク)を融合させた「リバーシブルスカート」をメインアイテムとする...
ここで紹介するのは、文房具マニアの少年・山本健太郎くん(当時小学6年生)が作った『文房具図鑑』。れっきとした「本」です。元々、夏の自由研究としてまとめたも...
スタンフォード大学の名誉教授であり、人類初の経口避妊薬(ピル)を発明したカール・ジェラッシ(Carl Djerassi)氏は、性に関する衝撃的な予想をして...
まわりからよく「いい子」と言われる女性に警告です。こと恋愛においては「いい子」は褒め言葉じゃありません。どちらかと言えば「けなしている」に近い表現なのかも...
MAGOこと、南馬越一義氏は名物バイヤーとして、クリエイティブディレクターとして、人気セレクトショップBEAMSを牽引してきた1人だ。90年代には、いち早...
密かに訪れている、銭湯ブーム。人気のTV番組で紹介されたり、「銭湯部」なるサークル活動をしている企業があったりと、最近では若い人の間でも人気になりつつあり...
「位置的頭蓋変形症」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?赤ちゃんの中には、子宮内や分娩時の状況によって、頭が変形して生まれてきてしまう子がいるのです。...
「亀の子束子(たわし)」といえば、株式会社亀の子束子西尾商店が世に送り出した一大ヒット商品。「亀の子は他店の三倍持つ」と称されるその耐久性は、100年以上...
以下の映像は某所で撮影された新型の花火を捉えたもの。一体どんな仕組みになっているのか…。あなたにわかるだろうか?Reference:Trending in...
タトゥーと言えば、基本的には一度入れたら一生ものというイメージ。いくら興味はあっても、その後の人生とどう付き合っていくのか熟慮が必要になるだろう。気軽に楽...
タイで撮影された超古典的な建築方法・・・、杭の上に大勢で乗り、リズムに合わせて踏み込む。とてもアナログなやり方なんだけど、そのリズムがかっこ良すぎる! P...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...