ドイツの「ホームレス女子大生」に世界が注目!ちゃんと彼氏もいるらしい

ドイツ・シュトゥットガルト郊外の大学に通うLeonie Müllerさん。じつは彼女、訳あってホームレスを続けている。

livetraingirl150825-08

「ある日、大家さんとケンカになっちゃって。もうこんな部屋なんか出てやる!ってね。そうしたら何だかもう、どこにも住みたくなくなってしまったんです」

それまで住んでいた(正確には2015年春まで)部屋を飛び出し、現在、彼女が寝床にしているのは時速190kmで走行する電車の中。電車生活を始めた“ホームレス大学生”の、あまりにも衝動的すぎる事の発端を「The Washington Post」も取り上げている。
しかし、当の本人に悲壮感はゼロ。むしろ、この生活を大いに楽しんでいる。日々の車内生活の様子は、ブログFacebookで公開され、いま、世界中が旅するような彼女の暮らしぶりに注目している。

スクリーンショット 2015-08-25 13.46.05

2015年春、Müllerさんはそれまで住んでいたアパートを売り払い、電車中泊を開始した。ドイツ国内を自由に行き来できる鉄道の定期券「BahnCard 100」を購入し、気ままにドイツを縦断する生活が始まった。必要最小限の手荷物はバックパックに入る分だけ。わずかな衣類と、サニタリー用品、ノートパソコンに、大学の書籍が数冊のみ。スクリーンショット 2015-08-25 13.44.35
彼女が別の部屋を探さずに新居に電車を選んだ理由。それは、毎月の家賃にもあったという。それまで1ヶ月に約450ドル支払っていた家賃に比べ、定額のBahnCard 100は約380ドルで済む。光熱費を考えても、確かにこちらの方がコスト面では安くなるが…。寝心地の良さはいかがなものだろう?それでも、停車駅でデリバリービザを注文したり、車内のシャワーを使ったり。暮らしぶりは案外、悪くなさそうだ。

スクリーンショット 2015-08-25 13.47.12

ところで、彼女この電車生活のなかで、なんとボーイフレンドをつくってしまったんだそう。彼のいるシュトゥットガルトから実家のあるベルリンまで、およそ632キロの距離を移動することもあると言う。

「車窓からいろんなものを見て感じて、車内ではいろんな人に出会える。今じゃ本当に家みたいに快適に過ごしています。友達が住む町へも行けるし、毎日が夏休みみたいな感じです」

何かを得るための機会は、必ずしも一つじゃない。まだ見ぬ冒険が次の曲がり角に待っているかもしれない。「それを見つけようとするかどうか」だとMüllerさん。23歳、等身大のリアル体験を「News.com.au」は、新しい自分の見つけ方のひとつとして彼女を紹介している。

大学卒業を控えた2016年4月まで、彼女はホームレス電車生活を続ける予定だそう。いま、彼女は大学の修士論文を執筆中、もちろんガタゴト揺れる電車内で。

Reference:The Washington Post , News.com.au
Licensed material used with permission by Leonie Müller

かつて、自動車産業の中心地として栄えたミシガン州デトロイトは、2013年7月、負債総額180億ドル(当時のレートで約1兆8,000億円)を超え、財政破綻し...
米オークランドに住むアーティスト、Gregory Kloehn氏。彼はゴミをリサイクルして、ホームレスの人たち用の家に改造しています。廃材をリサイクルして...
ベルリンにある「Evangelical School Berlin Centre(ESBC)」は、15歳までの間、学年や時間割りが存在しない学校です。学び...
路上でのヘアカット。一見なにかの撮影のようにも見えますが、もみあげを整えられている男性はホームレス。カットしているのは、美容師のJosh Coombesさ...
「つらくてつらくて、立ち直れないと思う時だってある。でもそれは、未来が良くなっていくことのサインだと信じているんだ」自身のブログでそう力強く述べるのは、ニ...
もしも、今と違う人生を歩めるとしたら。人生のターニングポイントは誰にでも訪れるもの。それが正しい選択だったかどうかなんて、後になっても分からないことばかり...
もしいつも一緒に仕事をしている人が、ホームレスだったら?ここで紹介する男性は、一見普通のカメラマンに見えますが実は家を持たないホームレス。彼の名前はMar...
日本では当たり前のようにある「学校の掃除の時間」ですが、世界的に見るととても珍しい文化だとよく言われます。「みんなのものをみんなで大切に」という教育がされ...
第二次大戦が終結して70年の月日が経ちました。戦争体験者の高齢化が進み、次世代へと語り継ぐ人々が年々少なくなっているなか、戦争の記憶の風化が懸念されていま...
米・セントルイスに住むジェイク・オースティンは、長年ホームレスへのボランティア活動をしている男性。「ボランティア」とひと口に言っても、食事の補助から衣服提...
ちょっぴり過激な実験動画で知られるJohalさん。彼が今回行った実験のテーマは「お金持ちとホームレスのどっちが正直なのか?」。視覚障がい者のふりをしたJo...
みんなの笑顔をみたいから・・・。僕は髪を切り続ける。Mark Bustosさん(@markbustos)が投稿した写真 - 8月 8, 2014 at ...
ニキータ・クラストルゥプ氏(20)は保守党で活動するれっきとした「政治家」だ。過去に彼女が保守党のパーティに現れた際、その少し派手なファッションに世界中の...
「ドイツ人」と聞いて、どんな人をイメージしますか?まじめ、几帳面、仕事熱心…。もちろん性格は人それぞれですが、こういった単語が思い浮かんだ人が多いのではな...
世界7大陸の最高峰を登る、通称「セブンサミッツ」を若干19歳の若さで見事達成した女性がいます。冒険家で大学生(早稲田大学)の南谷 真鈴さんがその人。201...
「元ホームレスの大学生が名門ケンブリッジ大学に合格」。センセーショナルな記事が「Pulptastic」に登場しました。一日12時間の猛勉強をしてチャンスを...
藤本 太一 Taichi Fujimoto日本の大学を卒業後、イギリスのウェストミニスター大学院に留学。卒業後、イギリスでHappiness Archit...
ヒールの高さは、その日の気分を決める大事なポイント。結婚式やパーティ、ちょっと高級なレストランに行くときは高めのヒールでキメたいし、友だちや彼氏とのおでか...
YouTubeで「泣ける…」と話題になったのが、ここで紹介する動画です。書店の前にいつも寝転がっているホームレスの青年と、その店主のやり取り。最後には、胸...
おそらく、多くの日本人がそう考えているのではないだろうか?実際にドイツ人は仕事における生産性がとても高いことで知られている。OECDのデータによると、20...