2015年7月は、人類の歴史のなかで史上最も暑い1ヶ月だった。

「記録は塗り替えられるためにある」スポーツ競技をはじめ、他人と競うことに意味のある種目においては、喜ばしい記録更新。でも、こちらは歓迎しないもの。2015年7月、「人類史上最も暑い30日間」を私たちは経験していた。

hottestjuly150828-01

アメリカ海洋大気庁(NOAA)の発表によれば、観測史上最も暑い7月となり、1880年まで遡って記録されているデータから見ても、「2015年が最も暑い年となることは間違いない」そう。今年に入り1月から7月まで、すべての月で観測開始以来の平均気温を突破。地球上の陸と海の表面気温を観測しているデータから見ても、今年の数値はずば抜けている。
実際に気候データだけで比較すると石器時代以降、地球の歴史の中で最も暑い夏である可能性もあるんだとか。つまり、人類史上経験したことのない「暑さ」を我々は体験したことになる。

2015年7月は、アメリカだけでなく世界的に異常気象に見舞われた。もちろん日本も。ヨーロッパ南部では、連日40℃を超える猛暑が続き、イラン南部では最高気温が74℃にまで達したという。インドやパキスタンでは熱波が発生、死者は2,000人を超えた。また、カリフォルニアのヨセミテ国立公園では、7月に積雪を観測している。

shutterstock_301058687のコピー

では、これだけ気温が上昇した理由はどこにあるのか?その原因と考えられているのが「エルニーニョ」だ。
太平洋赤道域の日付変更線付近から、南米ペルー沿岸にかけての広い海域で海面水温が平年に比べて高くなるこの現象。ひとたびエルニーニョが発生すると、世界的な異常気象を起こす原因になると考えられている。1992年、1997年、2002年と、過去にも世界各地で甚大な被害を与えてきた。

最も深刻だった1997年、世界中で猛威を振るったエルニーニョにより、およそ35億ドル(約4,170億円)の被害総額、また死者数は全世界で約23,000人にも及んだ事実を引き合いに、今年もそれに近い影響が起る可能性を「Vox」は、海面水温上昇のメカニズムと共に示唆している。

hottestjuly150826-02

また、NOAA科学者のJake Crouch氏も、「CNN」の取材に対して、エルニーニョによる被害が来年の春先まで続くと断言。山火事や干ばつ、巨大ハリケーンや、大雨への被害に警鐘を鳴らしている。

「この夏のエルニーニョによる影響は、間違いなく今年の冬から2016年の春先まで、北半球に影響を残すはずです。春先にまで影響を与える確率は少なくとも85%以上と言えるでしょう」

8月も残すところあとわずか。これからは台風にも十分な注意が必要なシーズン。まだ、先の長い話ではあるけど、冬には大雪の警戒もあるだろう。もはや、我々は“異常”とは呼べない時代を生きているのだから。

 Reference:NOAAVoxCNN.com

 

地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。...
枯れた砂漠が一面、ピンク色に染まった!?アメリカのメディアを中心に話題沸騰の写真。ここが、世界でもっとも乾燥した砂漠だと聞いても、にわかに信じられませんよ...
いま、世界中の海でサンゴ礁の白化現象が懸念されている。海水温の上昇が引き起こすサンゴの死滅は、太平洋を西へ西へと移動中。モルディブやパラオなどダイビングの...
去る8月13日、2015年をまだ4ヶ月以上も残して、人類は“タイムアップ”の日を迎えてしまった。「アース・オーバー・シュート・デー」地球が1年間に生産可能...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
すきま時間にどこでもできて、手軽で、しあがりの美しさに心も癒される。単純作業なのにどっぷりハマる没入感からか、「大人の塗り絵」が世界的な人気となったのは周...
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
短冊に願いごとを書き、織姫と彦星の切ない恋模様に思いを馳せる。そんな七夕の日は何月何日か知っていますか?「もちろん7月7日に決まってるでしょ!」。そんな多...
クレオパトラの鼻がもう少し低かったら歴史は変わっていた──。とは、フランスの哲学者ブレーズ・パスカルの有名な言葉。けれど、実際のところ彼女の鼻の高さで歴史...
人類の歴史は戦争とともにある。嫌が応にもそれを実感させられる内容の動画がこちら。人類の歴史を過去1,000年遡り、世界史に影響を与えてきた主な戦争をイメー...
塗るだけで水素燃料を生成できるペンキの開発が、オーストラリアのロイヤルメルボルン工科大学で進んでいます。太陽光や風力といったクリーンエネルギーに続く発電方...
水の都と謳われる都市アムステルダム。海抜がマイナスになる場所もあるこの街にとって、地球温暖化による海面上昇は非常に深刻な問題です。ソーシャル・デザイナーで...
国立天文台によれば、2016年7月4日(月曜日)の20時01分は「新月」。太陽が重なって月の姿がほとんど隠れることから、ゼロからのスタートとも捉えられてい...
どんな動物よりも多く、人間を殺している。人間の死因としては、戦争よりも多い。これは、「蚊」がもたらす脅威の話。日本では梅雨から夏にかけて一気にあの不快な音...
氷河が割れゆく瞬間を捉えたこの貴重な映像は、過去撮影された氷河の分離のなかで、最も巨大なものとして2016年ギネス記録にも認定されました。わずか75分間の...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
次にいきたい旅行先はどこですか?もし決めかねているならば、エチオピアがオススメです。「Quartz」によると、エチオピアが世界で最もいきたい場所に選ばれた...
僕たちが今、当たり前のように生きていられるのには、様々な要因が関わっている。地球、水、オゾン層の誕生、さらには人間そのものの肺、脳機能の進化など。でも、そ...