「こんな世界にして、ごめんなさい」次の世代に謝らないといけないこと

未来の世代へ

ごめんなさい。
地球をめちゃくちゃにしてしまいました。私たちがしてしまったことに、巻き込んですみません。言い訳ばかり必死になっていました。

dear-future-1

どうか許してください。私たちは、地球の大切さに気づけませんでした。まるで、離婚するカップルのように失うまで大切さに気づけなかったのです。
例えば、このアマゾン砂漠。信じようと信じまいが、かつては熱帯雨林と呼ばれていました。数多くの木々が生い茂る、非常に美しい場所でした。

dear-future-5あ、木を知っていますか?木は酸素を出してくれます。さらに二酸化炭素や水も浄化してくれます。治療のための薬の材料にもなり、食べ物まで与えてくれる存在です。
だから私は、謝りたいのです。そんな木を燃やしてしまったことを。サッカーグラウンド40個分もの木が、毎分なくなっていったのです。
過去100年間で、世界の木々の50%がなくなりました。なぜでしょう?

dear-future-4

それは、お金のためです。
ネイティヴアメリカンは、次の7世代のために素晴らしい地球を残すことを考えていました。子どもの頃にこれを聞いて、私は悲しくなりました。私たちは明日のことさえ気にしてないのです。
欲深くなって、貴重な地球よりお金の方が大切になっていたのです。

限度額のないクレジットカードのように資源を使ってしまいました。動物を絶滅に追いやりました。海も泳げなくなるほど汚してしまいました。そして、私たちはこの破壊を“進歩”と呼びました。

FOXニュースで報道している方々。気候変動は恐ろしいことだと思いませんか?あなた方は安全な場所にいるでしょう。

でも、バングラデシュにいる数千人のホームレスにインタビューしてみてください。海面上昇のせいで、彼らの家は流されてしまったのです。
さらに、大気汚染のせいでマスクをつけないと登校できない子どもたちが北京にいるのです。

この現状を無視することもできます。でも、避けることはできないのです。

dear-future-6

次世代のみなさん、すみません。

私たちの残したものが庭ではなく、地盤沈下によるシンクホールであることを。
北極の氷を気にぜず、ISISばかりに注意を払っていたことを。
そして、移住できるような新しい星を見つけることができなかったことを…。申し訳なく思います。

でも、私は謝りたくないのです。こんな未来を受け入れたくありません。間違いを正せば、未来は変わるのですから。

このように考えましょう。農家は、健康な木を調べる時に枝ではなく根を見ます。私たちも農家と同じように、根を見ることが大切なのです。政府や企業によって動かされている政治家ではなく、根本をみましょう。

そして、私たち一人一人が“根っこ”なのです。この地球をどのように扱うかは、私たちの手にかかっています。私たちの唯一の家である地球。温かい気持ちで接しましょう。自然から離れて暮らさずに、自然の一部であると気付きましょう。

dear-future-8

自然を裏切るということは、自分を裏切ること。自然を守ることは、自分を守ることなのです。人種差別、貧困、フェミニズム、同性愛の権利などと戦うことも大切です。
でも、まずは未来のために自然を守りましょう。私たちがいまやらなければ、いずれ人間は絶滅に向かうのですから…。

ここで紹介したのは、アメリカ人ラッパーPrince EaさんがYouTubeで語った動画を書き起こしたもの。文字だけでなく、リズミカルなスピーチもチェックしてみてください。

Licensed material used with permission by PrinceEaHipHop

アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招か...
岩陰からひょいっと顔を向ける、テディベア似のぬいぐるみのようなこの生き物。新疆ウイグル自治区で、およそ20年ぶりに目撃され、「パンダよりも断然カワイイ!」...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
北極圏・ノルウェー北部にあるスヴァールバル諸島では、大きなシロクマの姿を見かけるのは珍しいことではない。が、フォトグラファーの「Kerstin Lange...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
地球温暖化の甚大な影響を受けている、北極圏。気温上昇により年々溶けていく氷は、深刻な環境問題のひとつとして、世界中でその行く末が注目されています。そんな問...
世界中から観光客が訪れる有数のリゾート地「モルディブ」を目指して、一人のアクティブガールが海を渡りました。彼女の名前はAlison Teal、ハワイ生まれ...
「問題を共有し、世界を変えろ」を合言葉に、様々なジャンルの情報を発信している米メディア「faithit」。今回は、「多くの人が貧困問題を見誤っている」と世...
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
エチオピア北部の町ゴンダルは、年間降雨量が極端に少ない地域。激しい干ばつに見舞われ、土壌もやせ細り、この地で農業を営む人々は町を捨て、他の地域に移っていく...
気候変動対策の一環として、カリフォルニア州サンフランシスコが推進してきた法令が2017年1月より義務化されます。アメリカのどの州にも先駆けて、“エコフレン...
写真家のPatty Waymireさんは、真っ白な雪景色に佇む、真っ白なシロクマを撮影しようと、極寒のアラスカ・バーター島へと足を運びました。しかし現地に...
2016年6月19日に公開された、1本の動画。場所は北極海のど真ん中。そこに用意されたピアノで演奏しているのは、世界的に有名な作曲家ルドヴィコ・エイナウデ...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
青森県と秋田県にまたがる「白神山地」。21年前に日本初の世界自然遺産に登録された、言わずとしれた日本が世界に誇るブナ原生林がそこにある。8千年前の縄文時代...
年々増え続ける世界人口は2012年に70億人を突破、今や72億人もの人々が地球上に居る。国連の調査では、2050年には約90億人になると推測されているが、...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...