完全ハンドメイド!美しい「地球儀」をつくる工房に潜入

北ロンドンのストーク・ニューイントンにある小さな工房「Belleby & Co.Globemakers」。ここは、完全ハンドメイドで地球儀を製作するメーカーです。そして、この会社のCEOであるPeter Bellerby氏は自他ともに認める“凝り性”だとか。

スクリーンショット 2015-08-27 16.56.24

「80歳になる父への誕生日プレゼントに地球儀を探していたんです。だけど、大量生産されたものばかりで、ちっともいいのが見つからなかった。それで、予算があれば自分で作ろうと思ったんです」

なんと、Peter氏、自分の好みの地球儀が見つからず、結果、自作の地球儀作りを開始したそうです。試作品を製作していくうちに、球体の地図に魅了され、ついには、工房までを構えてしまいました。

スクリーンショット 2015-08-27 16.55.59

スクリーンショット 2015-08-27 16.50.28

軌道に乗るのに最も苦労したのが、マップのライセンス取得とその修正だったとPeter氏。どんなに精巧な地図でも、地名の表記やスペルに誤りがあるんだとか。ひとつひとつ確かめては直しの作業を一日に6時間かけ、それでも丸々1年は、この修正作業に費やしたと言います。

スクリーンショット 2015-08-27 16.54.37

正確な球体を造り出すための鋳型にもこだわり、数十社の鋳物業者に依頼。それでも納得がいかず、最後は、F1のパーツを製作するメーカーに発注、ようやく首を縦に振れる鋳型ができたそうです。

スクリーンショット 2015-08-27 16.49.37

球体に緻密な地図が描かれた紙を貼りつけていく作業(ゲーリング)をマスターするのに、毎日やっても1年以上はかかるんだとか。「さらに難しいのが半分ずつの地球儀のパイを合わせる作業です」とPeter氏。

スクリーンショット 2015-08-27 16.52.09

寸分の狂いなく、ミリ単位で手塗りのシートを球体に貼っていきます。

スクリーンショット 2015-08-27 16.50.47

Peter氏の地球儀は、ハリウッド映画の小道具として、しばしば登場しているそう。英国営放送(BBC)は、“若き大御所”として彼のこだわりを紹介。ついには、王立地理学研究会からの支援を得ることに成功し、ロンドン発の新たなクラフトワークとして注目を集めています。
老舗高級百貨店「ハロッズ」をはじめ、高級品を取り扱う店舗が集中する地区ナイツブリッジのショーウィンドウで、Peter氏の地球儀を目にすることもあるはず。

スクリーンショット 2015-08-27 16.53.24

Google Earthのような、マッピングしたり、建物に近寄ったり(3Dとはいえ)できる機能があると、もう地球儀をクルクルと手で回して、見果てぬ海の向こうに思いを馳せる機会は、少なくなってしまったでしょう。だけど、こうした新しい地図の形式がいくら登場しても、地球儀の持つ美しさはまた別物。

ちなみに、公式サイトから購入可能なスタンダードタイプ(直径22センチ)は、お値段999ポンド(約18万円)。完全ハンドメイドと思えば、決して高くはない!?

Licensed material used with permission by Globemakers

まな板の上に置かれた姿は、まるで本当のスイカのよう。間違えて食べてしまいそうな、キュートなハンドメイドソープを紹介しましょう。「Soaptopia(ソープ...
埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらな...
お酒好きにとって、旅のお楽しみといえばご当地の地酒。北欧ではアクアヴィットというジャガイモやトウモロコシを主原料としたアルコール度数40度以上の蒸留酒が伝...
ブエノスアイレスのカーペット工場で作られているこちらのウールラグは、敷くだけでその場が芝生みたいに様変わり。とくに、木目状の床材と相性バツグンです。ところ...
身近なもののサビ落としに使われるものといえば、酸性の洗剤や歯磨きをはじめライフハック的な方法が、ウェブでは数多紹介されている。だが、ガンコななんてレベルで...
質問:トイレに入って手を洗った後あなたの選択はどっち?①ハンドドライヤーで乾かす②ペーパータオルで拭く正直、好みの問題と言われればそれまで。でも、真面目に...
捨てられた鍵や古びたコインも、創造力とノウハウさえあれば、見事なアート作品に化けてしまう。オーストラリア出身のアーティスト「Morekey」ことMiche...
「オーダーメイド」と聞くと、どこかハードルが高い印象。当然、普通のモノに比べると割高だし、そもそもどこでどう依頼したらイイのか分からない人も多いはず。でも...
フラワーデザイナーで、庭師のKim Fisher氏。彼女が手がけた壁掛けプランターが話題になっています。観葉植物を置きたいけど、部屋が狭くて置く場所に困っ...
ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、...
東日本大震災から早5年。防災意識がだんだんと薄れてしまっている今だからこそ、自分の身の回りの備えについて、あらためて考える機会を持ちたい。防災グッズは各メ...
料理に、アウトドアに、DIYに、ガーデニングにと、仕事と趣味を両立させながら人生を楽しむ男たちは増えている。ところが、彼らのこだわりの場面において、不思議...
小銭入れを開けたはいいが、なかなかお目当てのコインが見つからないーーなんて経験は誰にでもあるはず。これは、そんなちょっとした不便さを解消してくれるアイテム...
クラフトビール、クラフトコーヒーに続く、新たな「クラフト」トレンドといえば、ミルク。ビール、ピザ、ハンバーガーなど幼き、若き頃のコンフォート・フードを「ハ...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
ガラスの球体に宇宙を閉じ込めたペンダントトップを知っていますか?手のひらの小さな球体をじっと眺めているだけで、無限の広がりを感じさせる。これは、美しい!小...
「おむすび」と聞いて、頭に思い浮かべるイメージは人それぞれかもしれません。塩むすび? 海苔はついてる? 具材は? 俵型? 三角?日本人にとってのソフルフー...
得てしてアロマキャンドルは、安いものかハイエンドで高価なものかで二極化します。買ったはいいが、「もったいなくて使う気になれないのでは意味がない」。こう考え...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。先日、同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」...
プレゼントの中身は大切だけど、入れものだってその一部。ラッピング次第で、持ち運ぶときの気分だって変わるもの。そして、包むといえば「紙」。では、こんなアレン...