モニョモニョ動く!生きものみたいな「時計」が登場

液体が動き、時刻を表示する。とても単純に聞こえるその仕組も、以下の映像を見るとその表現力の豊かさに驚く。

71e6fd88f3d3563457219cf7334570d12c81799a1752eebbdc7f3e6ba47a8ac4d86decb7f74ca4d7Ceb3ae1a5ec47c91e26bff9f58b7febebc956362

使用されているのは「Ferro Fluid(磁性流体)」と呼ばれる磁力をもった液体。ウェブブラウザなどから操作が可能で、時計だけでなくあらゆる模様が出力できる。

さらに、機械的な動作が必要ないため完全に「無音」だ。光を使った表示とは全く性質が違い、液体と重力を感じる独特の見た目が印象深い。まるで生物のようでさえある。

デザインは「Zelf Koelman」氏によるもの。プロトタイプは製品ページにて送料別7,500ユーロ(約100万円)で購入できる。気軽には手が出せない価格だが、クラウドファンディングサイトを利用し低価格化が予定されているそうだ。

Licensed material used with permission by Zelf Koelman , Ferrolic

本当です。たった9秒で終わるので、以下の動画をチェックしてみてください。そう、リングの中央に指を置くと、影がそのまま時刻を示す仕組み。なんとも幻想的な時計...
秘密は、世界で初めて採用された、腕時計型アクティブマトリクス方式フレキシブル電子ペーパーなるもの。いまいちピンとこないが、この未来の素材によって、まるでワ...
かつてのように、腕時計が絶対的な男のステータスであると言い切れなくなった現代では、「付けない」という選択も広く受け入れられている。その理由として、「服を選...
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...
朝が弱い、というあなた。目覚ましが鳴っても、いつの間にか止めてしまい気づいたら遅刻ギリギリ…。スウェーデン在住のSimone Giertzさんも朝に弱いタ...
誰にとっても一年は24時間365日、例外なし。なのに短く、あるいは長く感じてしまうのは、心の捉え方の問題。もしも駆け足で過ぎていくように感じる原因が、時計...
「オーガニック」をテーマとしたナチュラルな腕時計が話題を呼んでいます。と言ったところで、ピンとこない人も多いですよね。言い換えると、使用される木材は加工に...
「あ、今日は予定があったんだった…」ふとスマホを見たとき、予定があったことに気づく。そんな残念な経験、誰しも一度はあるのでは。しかしそれも当然、スマホは必...
「Kickstarter」で43万米ドル(約5,000万円)もの資金を調達し話題になっているのは、ウイスキーの樽材で作られた時計。その名も、「The Ba...
「砂」から「泡」へ──。正確な時間を刻む砂時計。その中身をシャボン水に代えただけで、「計る」ための道具は、時間の流れそのものを「楽しむ」ためのものになりま...
生活をガラリと変えることはむつかしいけれど、身近なところから少しずつ。そんなふうに、毎日の暮らしを、ささやかなところから前向きに変えていくことが出来たら、...
従来の目覚まし時計は、聴覚を刺激することで私たちを目覚めさせるもの。しかし、ここで紹介する「SensorWake」は嗅覚へと働きかけるのだそうです。指定の...
これがあれば、溺れても安心!デバイスのフックを引っ張るだけで、小型の「浮き輪」が出現する優れものです。実際の使い方はこんな感じ。 「Kingii」はクラウ...
着信があったときにデバイスを取り出す手間を「sgnl」が省く。耳の穴を覆うように突起した「耳殊」の軟骨に指先を触れると、骨伝導通話ができるようになる“リス...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
部屋全体をパッと明るくする大きな室内灯に、一部をぼんやりと照らす間接照明などなど、複数のランプを使っている人も多いかもしれません。が、両方使い分けるのって...
先日、台湾で開かれた展覧会「waterscape 水中風景」は、ある日本人が設計した「水槽」を通して、生きもののいる日常的な環境を異なる角度から捉え直す試...
これまでネガティブな印象しかなかった「貧乏ゆすり」を、まさかの逆利用で発電させてしまう、画期的な椅子が登場。あの無意識のストレス発散が、周囲の人にもエネル...
消費カロリーや運動量を測定してくれる、スマートウォッチ。便利なのはいいのですが、バッテリーの消耗が早くて充電が面倒に感じることもありますよね。かといって、...
世界最大のサンゴ礁地帯グレート・バリア・リーフは、その昔、日本列島がすっぽり入ってしまうほどの面積があったそう。栄養豊富な水質の良い海には、多くの魚が暮ら...