世界一青い街「シャウエン」を歩き回った映像が神秘的・・・

sony05_02

引き込まれるような青と白に染められた神秘的な街。ここ、モロッコ・シャウエンは世界有数の観光スポット。入り組んだ路地や階段が続くことから「青の迷宮」という呼び名があります。

そんな、旅行者たちを魅了してやまないシャウエンの街を、余すところなく堪能したい!そこで活躍するのが、最近流行りのウェアラブルカメラ、Sonyのアクションカムとクリップ。小型・軽量なので撮影者のバックパックのショルダーや帽子にクリップで付ければ、手ぶらのまま、自分の目線と同じ高さから撮影ができちゃいます。
さて、どんなふうに撮れているのでしょうか?

おとぎの国のようなシャウエンの世界観を、体感してみてください!

動画を見ているアナタ自身が、まるでシャウエンの街中を歩き回っているような感覚に…?
シャウエンって、山の斜面に沿って街がつくられているので、小道や階段が結構多い。ということもあって、デジカメやスマホで撮影するっていうのが、案外ネック。両手が塞がるし、ゴミゴミした観光地となると人にぶつかる心配も…。

その点、アクションカムならクリップで好きなところに付けたまま撮影できるので、カメラを持つ手を伸ばしたりすることなく、どんなシーンでも簡単におさえることが可能。
その上、手ブレ補正機能付きで、画質も◎。だから、街中をグングン歩き回れます。


さらに、家の扉や窓枠、そして石畳といった、普通なら見落としてしまうような風景の一部までも、しっかり記録に残すことができます。これって、旅先でしか出会えない「拾い物」。歩き回るだけで、見たままを丸ごと残せるのは、アクションカムならでは。

さらに歩き進めていくと、小さな商店が立ち並ぶマーケットに到着。ここでも肩にカメラをクリップしているので、アクセサリーなどの小さな雑貨がすぐ手に取れて、お土産探しを楽しみながら、撮影もできる!今までならこうしたお買い物シーンまでは残せていなかった。という人も多いのでは?

海外旅行のような荷物が重い、移動が多いって場合でも、邪魔にならないのがアクションカムのいいところ。その上、写真じゃ伝わらない、街のざわめきや流れる景色、笑い声までも、自分が体験したままの旅の思い出を残せます。

これまでのカメラやスマホでは撮れなかったアングルで動画や写真が残せるから、後で振り返っても、思い出が何倍にもなりますよ。


btn_sony03_150831

Sponsored by Sony

世界一青い街と呼ばれ、旅人たちを魅了するシャウエンこと、シェフシャウエンの街。その一番の見所は、時間の経過に伴い、“青”の色みが変わること。特に必見は夜。...
ぐねぐねした体の先に、輝く「ひとつ目」。このキュートでチャーミングなデバイス、じつはカメラなんです。一般的なアクションカメラはとても頑丈で防水も完璧ですが...
「The Flir Duo」は、可視光と熱探知のセンサーがどちらも利用可能な、世界で初めてのアクションカメラです。大きさは41×59×29.6mm、重さは...
「Lomo’Instant Automat」は、インスタントカメラのシンプルな操作性を保ったまま冒険心まで満たしてくれる優れもの。まさに痒いところに手が届...
一度はその目で見てみたいコックピットからの景色。この360度カメラで撮影された動画が、それを実現してくれます。パイロットになった気分でエアバスを操縦してみ...
簡単に説明すると、一眼レフの最上位機種並みの写真がスマホサイズのデバイスで撮影できます。が、この「Light L16」を説明するには、それだけじゃ言葉が足...
モロッコの都市マラケシュのメディナ(旧市街)の西側にあるのが、ジャマ エル フナことフナ広場。モロッコ旅のトップ・エクスペリエンスだ。夜は巨大なディナー会...
スマホ用の後付けレンズはほとんどがクリップ式で、付けたときにどうしてもメカメカしかった。でも、この「Moment」は今までのものとは違う。カメラには欠かせ...
街中で、一番多くの人々の視線が集まる場所、それは・・・女性の胸元かも。露出が多い夏などは特にだが、無意識に見てしまっている人も多いのではないだろうか。そこ...
2015年5月のこと。悩みを抱えている様子のTwitterユーザー@BrocaesarTVさんが、「ハリー・ポッター」シリーズの原作者である「J.K.ロー...
これは約1,650kmにおよぶ、ベトナム横断の旅の記録。クリエイターOliver Astrologo氏が、ハノイやホイアン、ダナン、フエ、ハロン湾、チャン...
近年、旅好きの間で人気のモロッコ。東洋とも西洋とも違う文化を感じる町並みや世界遺産に広大な砂漠、さらにはタジン鍋に代表されるモロッコ料理に可愛い雑貨と、と...
フィルムカメラの人気が再熱していますが、そのなかで“フィルムカメラ周辺のプロダクト”も復活してきています。このフィルムケースはその好例。JCH(ジャパン ...
地上から約400kmの上空に建設された国際宇宙ステーション(ISS)。この巨大な有人実験施設から、地球の表面に漂うオーロラを捉えた映像をNASAが公開した...
プライベートで手軽にパシャパシャ写真を撮るーーそんなシーンで僕が愛用しているのが、1990年代から2000年代前半頃に発売された、単焦点レンズ搭載/全自動...
米カリフォルニア州サンバーナーディーノ消防署に第一報が入った。「建物から火が上がっているのが見える。火事だ!」すぐさま現場に急行する消防隊員。近隣住民たち...
もう使わなくなった古いスマホはどうしてる?ほとんどの人が、引き出しの奥にしまったままなのではないだろうか。僕もその一人だ。何か再利用の方法でもないものかと...
スイスのある地方テレビ局が、取材先での撮影をテレビカメラからすべてiPhone6に切り替えるという。「Cult of Mac」に掲載されたライターDavi...
史上初の試みです。日本時間4月27日(木)午前2時30分頃より、地球から250マイル(約400キロメートル)離れた国際宇宙ステーションから、4Kの最高画質...
簡単に、ある程度綺麗な写真を撮影できるiPhone。しかし、いざという時に手ブレを起こしたり、うまく被写体を捉えられなかったり…なんてことはありませんか?...