ライブやフェスに行きたくなっちゃう研究結果。

ライフスタイルに関連した記事の執筆を数多く手がけるDan Scotti氏。彼が「Elite Daily」に書いた記事は、音楽と感情の関係に焦点が当てられています。決して強く主張しているわけではありませんが、なるほどと思わせる部分も。

ライブミュージックと
“録音もの”との影響を比較

mote-no-woman183925652

私は音楽ストリーミングサイト「Spotify」で、気分が優れない時に聴くプレイリストをまとめています。プレイリスト名だって、そのまま「気分が最悪な時」。エリオット・スミス、ジェイムス・ブレイク、レディオヘッドなど、10代の若者が落ち込んだ時に聴くようなラインナップです。

今いる場所からどこか別の場所へ連れていってくれる。一時的であっても、音楽にはそうした力があり、歌詞や曲の雰囲気など、どこか人間の力を超えた特性があるのかもしれません。

Memorial Sloan Kettering Cancer Centerが、ライブミュージックと録音された音楽を比較した研究を行なった結果、前者を聞いたがん患者は、より活力が溢れストレスや緊張が緩和されたそう。研究者Lucanne Magill Bailey氏は、ライブミュージックの重要な構成要素として「ライブミュージックに内在する人的要素」を強調しています。ライブミュージックは“本物”で、エネルギーを生む。PCの前に座ってロックバンドの音楽を聞いても、踊り出すことはありません。でも、ライブに行けば自然と体が動き出しませんか?

パーキンソン病との関連性も

Human Brain

Chau Tu氏による同様の仮説が、「The Atlantic」に掲載されています。記事によると、ある研究の結果、音楽を聴いて体を動かすことが、パーキンソン病や神経疾患に影響していることが分かったそう。

パーキンソン病患者の一般的な症状は、運動に抵抗を示すことです。体がこわばったり、震えてしまったり、運動能力のコントロールができなくなる。しかし、彼らが一定のリズムやビートを刻む音楽を聞くと、歩行能力が大きく改善したとのこと。この発見はまだ正式に認められたものではありませんが、音楽のメリットについての前向きな視点を与えてくれるといっていいでしょう。ちなみに、スピード違反で捕まった人は、アップテンポの音楽を聞いていることが多いことからも、この見方は間違っていないと言える部分もあるかもしれません。

音楽と感情との関係は?

concertmedicine83878207

ドレイクの音楽を聞いて、昔の恋人のことを思い出し、もの思いにふけることがあります。それは偶然ではなく、音楽が特定の感情を呼び起こすため。もし、勉強時間にクラシック音楽を聞いていたのであれば、クラシック音楽を聞くと学生時代を思い出すはずです。

ただし、そういった現象はあっても、「音楽が体に及ぼす影響は主観的な応答に基づいており、客観的な測定に欠けている」と説明しているのは、Ketki Karanam氏。彼は、音楽が人間に及ぼす影響の背景を研究する、The Sync Projectの創始者です。

このThe Sync Projectは、どのタイプの音楽がどんな気分に合うかを、それぞれのユーザーの好みに合わせて教えてくれるもの。例えば、あるユーザーがリラックスしている時にビリー・ジョエルの曲を聞くとしましょう。すると、The Sync Projectはユーザーがリラックスしている時間を検出して、彼の曲である『ピアノマン』などを勧めてくれるのです。

周知のことですが、“ある音楽”は“ある感情”と結びついています。音楽がダンスのような、特定の行動を促すこともあります。でも、そうした現象と、音楽が心身の問題を解決できるかどうかは、まったく別でしょう。それでも上で紹介した事例は、音楽が心身の治療の役割を担う可能性を示唆していると言えなくもありません。


Licensed material used with permission by Elite Daily

野外フェスが本格的にシーズンインするこれからの季節。ライブ好きのみなさんを「科学のチカラ」が後押ししてくれそうです。Science alertの記事による...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
磁場に入ると「悦び」を感じるーー。そんな実験結果が「Nature」誌に掲載され話題になっています。実験を行なったのは、バージニア大学の研究チーム。磁力を使...
「Elite Daily」で紹介されているのは、友人を持つことによる「健康」へのポジティブな効果。「ちょっと言い過ぎでは?」と思う意見もありますが、大学の...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
BGMで気分を変えよう!と思うときどんな曲調を選びますか?たとえば、ハッピーになりたいと思ったときに聴くのは明るい曲が一般的かもしれません。しかし、悲しい...
がん予防として、効果が期待されるもののひとつに「セックスをする」が加わるかもしれない?これは男性に限った話のようですが、ハーバード大学が研究結果を発表。頻...
まだ相手のことがよく分かっていない、初デート。とくに向かい合って座る「食事」の時間はドキドキしますよね。好きなものはなんだろう?口の周りが汚れないものがい...
「夜の営みを朝にする」。ちょっと背徳感すらある、モーニングセックス(あえて、こうよびましょう)が、まさかの「コーヒーよりも目覚めにいい」という研究結果が出...
筋肉をビルドアップするとき、その重さや回数はあまり重要ではないかもしれませんーー。「QUARTZ」の記事にそうまとめたのは、ヘルス&サイエンスレポ...
「相手に友だちだと思われていなかっただなんて、誰も聞きたくないでしょうね」。とは、研究論文の著者であり、MITでコンピューター・ソーシャル・サイエンスに携...
女性の「満腹感と性的興奮」の因果関係が、最新の研究結果から明らかになってきました。ライターChristine Schoenwald氏は、「YourTang...
目標を達成しようとするときに、内容を周囲に公表する人もいれば、自身の心の中だけにとどめておく人もいます。これは性格やスタンスの違いですが、ある研究によると...
定期的にサウナに入る人は、突然死する確率が60%も下がる。そんな研究結果が発表されました。実験は、フィンランド式サウナに入った回数、時間などを週ごとに報告...
愛想づかしも金からおきる──、なんてことわざもあるように人の縁に金銭問題が少なからず影響を及ぼすことは言うに及ばず。では、「お酒」はどうでしょう?こと恋愛...
「緑や自然の中に身を置くと、なんだか穏やかな気持ちになるな〜」。そんな感覚は、多くの人が体験値として持っているでしょう。「HIGHER PERSPECTI...
大人になってからいざ勉強を始めてみると、学生時代に比べて自分の記憶力が落ちていることに愕然とすることがあります。資格試験の勉強などで苦しんだ記憶がある人も...
「European Review of Social Psychology」に掲載されたノースウェスタン大学とインスブルック大学による研究・統計によれば、...
行きよりも、帰り道の方が短く感じる。そんなふうに思ったことはありませんか?実はこれまでにその謎を解明しようと、多くの科学者が調査を行っており、科学の世界で...
「幸せ」。古来より論じられてきたテーマについて、ハーバード大学が科学的に研究するセンターを設立しました。もちろん、闇雲に追いかけるわけではありませんよ!「...