勉強や仕事にお酒が効く「3つの理由」

いくつかの研究結果ではアルコールの摂取によって勉強やタスクの処理能力が向上する効果が見られています。飲み会に参加する口実程度に考えて読んでみると、意外に役立つ飲みかたが見つかっちゃうかも!?「Elite Daily」の記事を紹介しましょう。

01.
記憶力が上がり
よりクリエイティブに

Medium deca9e18383bc3c3479fc8d0eadc7dc024ccb44d

とはいえ飲み過ぎは禁物。英・キール大学による2013年の研究によれば、二日酔いがクリアな思考や単純な計算を妨げ、20代の若者の反応速度を40代レベルまで落としたことがわかっています。言われなくても…って感じですよね。

しかし、米・イリノイ大学が40人の男性を対象に行った調査では、血中アルコール濃度が0.075%ほど(ビール1~2本程度)の男性は何も飲まない人に比べても記憶力がよく、クリエイティブな作業においていい結果が出ました。ほんのちょっと舐める程度に飲むならアリなのかも?

02.
脳神経を守る

Medium ce8b38a384f35de05e45475f9e05f7cb9bd62b7c

米・国立生物工学情報センター(NCBI)に発表された調査結果では、0.02%~0.08%のアルコール(ビール1~2本程度)の摂取により、認知症やアルツハイマー症、パーキンソン病の原因となるアミロイドβペプチドの影響から脳内神経を守る効果が見られました。

インスピレーションがわかない…。なんて人にも、ちょびっとのお酒が役立つのでしょうか。

03.
風邪の予防にも?

Medium 9a1bb9ba3f71e62c5258ef0cbdd3fea978edd072

肝心な時に風邪をひいてしまうことってありますよね。でも、特に喉が痛いなんて時にはウイスキーが効果的かも。といっても飲むわけではなくうがい用として使用するのだとか。

ABC Newsでも紹介されていますが、カップ1杯の暖かい水にスプーン1杯のウイスキーを混ぜてうがいすると、喉や口内を殺菌してくれる効果が見込めるほか、少し麻痺して痛みも和らぐそう。

お酒の飲み方というよりは「アルコールの使い方」といった方が合っているのかもしれませんが、ほんのちょっとのお酒はプラスに働くと言えるかもしれませんね。とはいえ、個人差もあるのでまずはお休みの日にでも試してみてはいかが?

※未成年の飲酒は法律で禁止されています。シェアする際にはご注意を。

Licensed material used with permission by Elite Daily

仕事や勉強など、やらなければいけないことがたくさんあるのに集中して作業ができないことってよくありますよね。集中しようと意識をすればするほど気が散ってしまい...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ときには心の癒しとなり、ときにはコミュニケーションを円滑にしてくれる、お酒。1万年以上の歴史を誇るだけあって、文化的にも重要な存在であることは言うまでもあ...
ときに、アルコールは人間関係をギクシャクさせます。が、恋人とは積極的にお酒を楽しむべき。その理由を女性ライターAshley Fernさんが「Elite D...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
キャリアアップのため、仕事をしながらTOEICや漢検を受験している人も多いはず。学生の頃あれだけ記憶できたのに、大人になって物覚えが悪くなった……と落ち込...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
花見や月見など、日本には自然の風情を楽しむ素晴らしい文化があります。そんな日本の情景によく合うのが日本酒。でも、瓶で持ち運ぶのは重たくて、割れるリスクだっ...
タイトルを見て頭に「?」が浮かんだ人も多いかもしれません。記憶したいのに捨てる…とは、一体どういうことなのでしょうか。高校生の頃、偏差値が29だったという...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
定期テストや受験勉強に追われた学生時代を卒業してもなお、人生は日々勉強。仕事で必要な資格や、自己啓発のためのトレーニングなど、社会人になっても勉強しなけれ...
そうそう、こうやって食卓には色鮮やかな赤ワインを用意して、と思ったら…。え、ワインじゃないの!?これは、紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」と呼ば...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
頬に触れる空気も乾燥して、張り詰めたような寒さの冬がやってきました。この時期、風邪の予防にもおすすめなのが「焼きネギ」です。焼くだけでとろっとろの食感が楽...
「自分には○○がないから(○○を持っていないから)できない」といって、「リソース(資源)不足」を言い訳にしていませんか?そういった逃げを積み重ねると、大き...
呼気からアルコール濃度を検知し、その日のペース配分や、明日への影響、お酒が抜けるまでの時間などをアドバイスしてくれるポケットサイズのアイテム。その名も「T...