元CAが教える、長時間のフライトでもキレイを保つ「4つの秘訣」

長時間のフライトで疲れが溜まり、目的地に到着した時には見た目が酷いことに…なんてことはよくある話。でも、女性なら、いかなる時も美しくいたいものです。
それなら、今回紹介する4つの方法を試してみてはどうでしょう?11年の室乗務員歴を持つKaty Hull氏の意見を取り入れれば、気持ちよく目的地に到着することができるかも!?

01.
いつもより多めに
水分補給を!

flight-great_277357340

水分補給は、健康な肌を保つ秘訣。フライト当日だけでなく、前日からカフェインやアルコールを制限し、普段より多くの水を飲むよう心がけましょう。
機内では、隣の座席に座っている人に断りを入れ、常にトイレに行きやすい環境を作っておくべき。大量の水を購入し機内に持ち込んでもいいですが、もし足りなくなっても、客室乗務員に頼めばいつでも持ってきてくれます。

02.
メイクはBBクリームで軽めに

_88260295

ファンデーションを塗るのはやめて、保湿効果のあるBBクリームを使いましょう。機内では肌の水分が足りなくなり、シワの原因になってしまいます。もちろん、唇や手も同様。保湿効果のあるリップクリームやオイルを使うようにしてください。

03.
紫外線を侮るなかれ
スキンケアも怠らない

000052818254_Medium

機内にいるからといって、日焼け対策をしなくてもいいと考えてはいませんか?実は高度が高いということは、その分、紫外線も強いのです。決して気を抜かないようにしましょう。
ちなみに、私は機内では、目の周りに少しクリームを塗るようにしています。そして、着陸前にももう一度。目の周りは乾燥しやすく、シワが目立ってしまうので注意が必要です。

04.
座ったままはNG・・・
できるだけ体を動かす

飛行中、ずっと席に座ったままでいるのはやめるべき。立ち上がって体を動かしましょう。血液の循環を良くすることで、深部静脈血栓症のリスクを下げることができます。機内を少し歩き、他の人と話したりしてリラックスしてください。

Licensed material used with permission by mindbodygreen

1型糖尿病を患っていて、極度のフライト恐怖症でもある9歳のギャビー。そんな彼女が飛行機に乗らなければならないときがやってきました。ギャビーより小さい子供が...
長い飛行機での移動時間、少しでも眠りたいと思うのは当然のこと。ですが、高度9,000メートルの高さでぐっすりと眠るのはなかなか難しいもの。でも、ご安心。以...
外国語の学習は、飛行機のフライトに例えると分かりやすいーー。とAndrew Barrさん。英語を母語とする彼は、7年間かけてスペイン語を学んだ経験から、「...
さまざまな女性から相談を受けて思うのは、若い頃は無い物ねだりをしがちだということ。思うようなチャンスに恵まれない境遇にため息をつき、他の人をうらやましがっ...
いつも笑顔でいる人の周りには、自然と「いいこと」が引き寄せられます。まわりがいい「気」のようなもので満たされていくのです。人の悪口ばかり言っている人にはチ...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
ANA(全日空)のCA(客室乗務員)として、25年間トップを走り続けてきた里岡美津奈さん。それができたのは「感情が安定していたから」と言う彼女の書籍『いつ...
年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
秋の行楽シーズンに注意したいのが紫外線。真夏ほどではないにしても、外出時間が増えればそれだけ紫外線にさらされる機会も増えるわけだから。そんな週末お出かけあ...
ある程度のキャリアを積めば、誰しも「リーダー」という立場に立たされるもの。とはいえ、自分にはリーダーシップなんかないし、向いていないと感じる方も多いと思い...
あなたは「接遇」という言葉を理解していますか? 自分と接点を持つ人すべてに対する態度のことです。私たちは常に人と接して生きていますから、接遇術は社会で生き...
11月2日(水)、欧州で国際線の世界最短記録が更新されました!主役は、オーストリアの航空会社「People's Viennaline」。島国日本ではまずあ...
ここに紹介する「不安解消テクニック」は、ライターPhil Mutz氏があらゆるトラベルガイドから、情報を選出したものですが…日本人からするとツッコミどころ...
職場の気難しい上司、クレームが多い常連のお客様…。誰しも話しかけづらい人、話しかけるのに気が重い人はいますよね。しかし、仕事とあればそうも言ってはいられま...
ANA(全日本空輸)在籍時代、天皇皇后両陛下、英国元首相マーガレット・サッチャー氏をはじめとするVIP特別機を担当し、トップCAとも言われていた里岡美津奈...
ちょっとでも会えない日が続いたら、きっと心も離れちゃう…と、恋人がいるときはできるだけ離れないようにしようとするのは、ある意味自然なのかもしれません。でも...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
アメリカ国内線LCC「JetBlue」が、搭乗客には内緒のあるサプライジングな企画を実施しました。30,000フィートの上空、機内に自分がいるつもりになっ...
日焼け止めはバッチリ塗っても、意外と忘れがちなのがその後のケア。長時間日光にさらされたお肌はダメージを受けています。焼く派も焼かない派も、乾燥やほてりから...
仕事がつまらない…。と、感じることはありませんか?私は長年同じ職場に勤めましたが「仕事に飽きた」ことはいちどもありませんでした。少しの気付きで、モチベーシ...